日誌

2017年12月の記事一覧

2学期終業式


12月22日(金)、2学期終業式が行われました。内容は次の通りでした。

1.学校長式辞
 2つのお話をされました。1つ目は悩みについてです。悩みは自分だけでなく、皆がそれぞれ抱えて生きています。自分だけが悩んでいるわけではありません。自分の悩みにへこたれない心が大切です。前向きに生活しましょう。2つ目は成績が振るわなかった人は3学期にしっかり取り返して欲しい。自分のリミッターを外して全員進級・卒業できるよう精一杯頑張って欲しいということでした。
2.表彰
(1) 美術部 県総合文化祭 美術・工芸部門特選‥近畿大会に出展
(2) 男子バスケットボール部丹有新人 2部1位
(3) 女子バスケットボール部丹有新人 1部3位‥県大会出場

3.生徒指導部長講話
 2学期を振り返って、生活全般の反省や冬季休業中の生活心得等の内容についてお話がありました。


ハイスクール特派員登場


 ハニーFM「ハイスクール特派員」の放送が12月19日(火)に行われました。今回は男子バスケットボール部・女子バスケットボールの4名が出演しました。
  男子バスケットボール部は先輩後輩の仲が良く楽しく生活しています。先日試合があり三田学園に惜しくも7点差ほどで負けました。今シーズンはもう試合がないので基礎練習をしっかりやって、来年に向けて練習をしています。
リクエスト曲はONE OK ROCKの「 We are 」でした。
  女子バスケットボール部は部員が13人、マネージャー1人で活動しています。練習は筋トレやオールを使った3対3等をやります。先日の試合では勝って1部リーグ3位になり2月に県大会に出場します。韓国ドラマやYOUTUBEを見るのが好きとのことです。リクエスト曲は防弾少年団(BTS)の「 Not Today 」でした。

特別講座「過労死について」


 12月20日(水)3・4限に「過労死について」の講座を3年生と1年生を対象に行いました。これは平成26年11月に施行された過労死等防止対策推進法に基づく事業です。3時間目は講師に兵庫過労死を考える家族の会 西垣迪世様を迎え「息子の過労死から過労死防止を願う」と題しお話をしていただきました。ご自分の息子さんの過労死から裁判、企業との和解までの中で考えられたことを実際の資料を交えながらお話しされました。4時間目は神戸合同法律事務所の今西雄介 弁護士を講師に迎え、「労働時間のルールと過労死について」と題しお話をされました。労働基本法による労働のルールや労働者の権利をくわしく説明していただき、過労死ラインが残業が月あたり80時間であることや、残業が月あたり45時間を超えると健康に影響が出るおそれがあるとのことでした。命より大切なものはない、悪質な企業ではやめる勇気を持ってくださいと呼びかけられました。

ピアカウンセリング(保健講話)


 12月20日(水)、1年生が保健講話の一環として「ピアカウンセリング」を行いました。「ピアカウンセリング」とは同年輩の仲間同士のカウンセリングによって思春期共通の発達課題を達成しようとするものです。今回は神戸市看護大学の学生さん5名に「ピアっ子」としてお越しいただき、『We are treasures』というテーマで、参加者自らが考え、気づくことを重視したプログラムに参加しました。

避難訓練


 12月18日(月)3限に避難訓練を実施しました。職員室出火を想定して全校生が体育館へ避難しました。教頭の講評の後、自衛隊兵庫地方協力本部の六車本部長による災害派遣に関する講話がありました。阪神大震災や東日本大震災での自衛隊の災害派遣について写真や資料をもとにくわしく説明されました。最後に避難所では高校生のボランティアが大変活躍するので、皆さんの協力をお願いしたいということでした。また、放課後に災害派遣のパネル展示をされました。