日誌

2016年1月の記事一覧

ハイスクール特派員登場


 1月28日(木)のハイスクール特派員登場に生徒会役員2名と調理部員2名が出演しました。前半は生徒会です。学校紹介では授業の話がありました。数学と英語は少人数制で授業はとてもわかりやすいことや、楽し授業ばかりで先生と生徒の距離が近いとのことです。生徒会の活動内容は西陵祭などの行事ごとの運営や、募金などのボランティア活動への参加です。西陵祭は1学期なので部活の両立が大変とのことで、それぞれ水泳部、ソフトテニス部に入っているそうです。また、3月には球技大会がありその運営をやります。大変なこともたくさんありますが、みんなが楽しんでいる笑顔を見たら、やってよかったなと思えるとのことでした。リクエスト曲はSPYAIRの「 イマジネーション 」でした。
 後半は調理部です。部員は2年生2名と1年生9名で週1回金曜日に活動していて、活動中はにぎやかとのことです。作るお菓子は活動日当日にわかるとのことでいつも楽しみにしているそうです。家でもふわふわのオムライスを作ったりしたそうです。西陵祭では模擬店を出してワッフルとホットドックを作りました。また、老人ホームの楽寿荘でマドレーヌをプレゼントして喜ばれたとの事でした。修学旅行では宮城県を訪問しまだまだ復興していない現状を見たり聞いたりしたそうです。また、東京での班別行動では東京タワーのぼったり、渋谷や原宿にも行ったそうです。横浜は中華街が良かったそうです。リクエスト曲は嵐の「 Sakura 」でした。

 

ハイスクール特派員登場


 1月14日(木)ハニーFMの「ハイスクール特派員登場」の収録で修学旅行実行委員2名が出演しました。修学旅行は1月19日(火)~22日(金)の3泊4日の日程で宮城県、東京・横浜へ行く2年生を代表して話をしてくれました。本放送が修学旅行期間中のため、今回の録音になりました。
  録音では、4日間の行程、実行委員の仕事、楽しみにしていることなどを緊張しながらも明るく語りました。まず、震災の被災地の宮城県東松島市に行きます。震災がどのようなものだったのかを自分たちの目で見て肌で感じ、今後私たちに何ができるのかを考えたとのことで、事前学習では阪神淡路大震災を体験された先生の話を聞いたり、ドキュメンタリーや東日本大震災の実際の映像を見たりしました。また、宮城県で本校と交流のある大曲保育所の子どもたちと交流をします。最も楽しみにしているのが学年レクリエーションで、各クラス持ち時間15分の中、クラスごとに工夫を凝らしたオリジナルの企画をみんなに披露するそうです。修学旅行後半は、東京と横浜を散策します。各班それぞれ事前にどこに行くか話し合い、班ごとに行動します。様々な交流や異なる文化然に触れ、自らの世界を一回り大きくして帰ってきてくれることでしょう。リクエスト曲はE-Girlsの「Highschool love」でした。

阪神・淡路大震災追悼行事


 1月15日(金)8時40分より、阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼する放送が校内に流れました。今年で震災21年を迎えます。17日は休日のため、本日、追悼行事を行いました。朝のショートホームルームの中、学校長が「兵庫県に住む私たちは、協力しあい、阪神・淡路震災から学んだことを、未来の安全と安心に生かしていかなければなりません。」と呼びかけ、全校生徒は30秒の黙祷をささげ犠牲者を悼みました。

3学期始業式

 1月8日(金)9:30より3学期始業式が行われました。
 学校長からは、はじめに冬季休業中の校内での補習や補充についてお話しがありました。高等学校の学習内容は高度であるので、わからないことがあっても自分を卑下する必要はなく、油断せず毎日コツコツ積み上げる学習が大切であるというお話でした。また、2学期の終業式のお話にもありましたが、人から頼まれたことは、ぜひチャレンジしてやり遂げて欲しい、やることになったことは誠実に実行することが、各自の成長につながるということでした。
 始業式の後、表彰が行われました。表彰は以下の通りです。
(1)女子バスケットボール  丹有新人大会 優勝
 また、生徒指導部長から3学期の学校生活についての注意がありました。