日誌

2016年9月の記事一覧

オーストラリア留学生帰国


9月17日(土)より本校に来ていた、オーストラリアのウインダルバレー高校の生徒20名と引率教員2名が本日24日(土)でホームスティを終了し、次の訪問先の広島に向けて出発しました。午前9時、多くのホームスティでお世話になった保護者の皆さんやその家族に見送られて、本校を後にしました。この1週間、同じ年代の生徒が留学にチャレンジしている姿を見て刺激を受けたり、留学を身近に感じた生徒も多かったと思います。また、ホームスティやフェアウェルパーティでは、ホストファミリーの皆様やPTA役員の皆様にお世話になりました。ありがとうございました。


オーストラリア留学生お別れ会

9月23日(金)
 午後6時から、オールトラリア留学生のお別れ会を、ホストファミリーの皆さんと本校生徒の参加で行いました。
 生徒の司会で進行し、校長挨拶のあと、引率のショーン先生の挨拶、校長先生の出し物(狂言)、三田西陵生の歌、オーストラリア留学生の歌と交流を深め大いに盛り上がりました。中には別れを惜しんで涙ぐむ場面もありました。最後に留学生からホストファミリーへ手紙を渡し、学校からは今回の研修の修了証とお土産を渡しました。
 また、今回のお別れ会は、PTA国際理解部のご協力で、会場や軽食の準備をしていただきました。
 お世話になった、ホストファミリーの皆さん、生徒の皆さん、PTAの皆さん本当にありがとうございました。Windaroo Valley SHSの生徒たちは、明日(9月24日)の朝、三田を出発し、広島、大阪を観光し帰国します。

オーストラリア留学生が書道を体験


9月23日(金)、2時間目に書道の体験をしました。書道についての説明を受けた後、実際に自分で筆を使って漢字を書きました。最後に自分で好きな文字を扇子に書きました。この扇子をお土産に頂くそうです。

オーストラリア留学生が剣道を体験


9月23日(金)、本校で受ける授業は今日が最後になりました。5時間目は本校剣道部顧問の指導により剣道の体験を行いました。生徒20名とペック先生は各自竹刀を持ち、打ち方を学びました。はじめに道場前方に掲げてある旗の文字「守破離」の説明がありました。これは剣道の修行における段階を表しているそうです。この文字「守破離」を書いた手ぬぐいをお土産として用意していると説明があると歓声があがりました。その後、竹刀の持ち方、足の運び方、そして竹刀の振り方を学んだ後、2名1組になり、お互いに面を打つ練習を行いました。最後に正座をして礼をし終了になりました。留学生は日本の文化に触れ楽しい一日を過ごしたことでしょう。


オーストラリア留学生と京都遠足

9月22日(木)
9月17日から本校に来ているWindaroo Valley SHSの生徒20名、引率教員2名、バディ(本校生徒)20名、本校引率3名の合計45名で京都へ遠足に行きました。
大型観光バスで、8時30分に学校を出発し、清水寺、金閣寺に行きました。留学生とバディとの息もあって、交流の深まる楽しい一日を過ごしました。