龍野高等学校 ブログ

令和4年度生徒総会、生徒会解任式・認証式

4月14日、令和4年度生徒総会が行われました。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、例年体育館で行われるが、今年度はLL教室より配信にて実施しました。 令和3年度の生徒会活動の紹介、決算報告、予算案報告をしました。

生徒総会の後に生徒会解任式・認証式も行いました。

この式をもって令和3年度の生徒会が解任され、3月の選挙で信任を得た生徒会長、副会長をはじめ新生徒会役員が認証されました。

令和3年度の生徒会役員の皆さん、お疲れさまでした。

令和4年度の生徒会役員の皆さん、今後の活躍を期待しています。

令和4年度 部活動紹介

 4月12日(月)に、部活動紹介を体育館で行いました。

 昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、どの部活動も制服で紹介をしました。ユニフォーム姿でのパフォーマンスなどは見られませんでしたが、各部の3年生、2年生が少しでも印象に残るような紹介をしようと工夫しているのが伝わってきました。スライドに映した写真によって、部活動の様子がイメージしやすくなったと思います。先輩の熱い勧誘を受けて、新入生はどの部活に入部するのでしょうか。

令和4年度 対面式・離任式

【対面式】

4月11日(月)対面式が行われました。

 新入生と在校生が下グラウンドで向かい合う隊列となり、生徒会長からは歓迎のことば、新入生代表からは新入生挨拶が行われました。

 

 塚本校長先生の挨拶では、新入生と在校生に対し、親鳥がヒナのふ化を手助けするような、あたたかな関係を築いてほしいというお話がありました。

 

 

 

 

【離任式】

 4月11日(月)離任式が行われました。

 

 

 離任される先生方の挨拶では、学校での思い出話や生徒のこれからの高校生活・人生での心構えなど、想いのこもったメッセージをいただきました。

 

 その後、生徒会長が離任される先生方へ感謝の言葉を伝え、生徒会執行部のメンバーが離任される先生一人一人に花束を渡しました。

 

 ご転出された先生方のご健康と今後のご活躍を心から祈念しております。

 

 

サッカー部 西播リーグ第2節

高円宮杯U-18サッカーリーグ2022兵庫県西播リーグ第2節が、4月9日(土)に行われました。

第1節(市姫路高校グランド)
 4月 2日(土) 龍野 6-1 福崎

第2節(播磨光都サッカー場)
 4月 9日(土) 龍野 4-1 相生産

第3節 4月16日(土) 龍野-琴丘B

第4節 4月23日(土) 龍野-山崎
第5節 5月29日(日) 龍野-姫路飾西
第6節 6月 4日(土) 龍野-相生
第7節 6月18日(土) 龍野-エストレラ姫路B
第8節 7月10日(日) 龍野-福崎
第9節 7月16日(土) 龍野-相生産
第11節 7月30日(土) 龍野-山崎
第12節 8月27日(土) 龍野-姫路飾西
第13節 9月 3日(土) 龍野-相生
第14節 9月10日(土) 龍野-エストレラ姫路B
第10節 9月17日(土) 龍野-琴丘B
    ※7月25日より延期

着任式・始業式・表彰伝達・入学式

【着任式・始業式】

 4月8日、着任式・始業式が挙行されました。

 開式の後、新たに着任された、塚本師仁校長先生から挨拶があり、新たに着任された16名の職員紹介が行われました。

 着任式に続いて、始業式へと移り、校長先生からの式辞がありました。コロナウィルス感染への対策として、CD音源による校歌演奏を聞き、声を出さずに心の中で歌いました。

 その後、部・学年職員の紹介と生徒指導部長の話がありました。

 昨年に引き続き、LL教室から各教室へのオンライン配信で式を行いました。コロナウィルス感染への対策を行いながら、滞りなく式を終えることができました。

 

 

【表彰伝達】

 着任式・始業式・生徒指導部長訓話の終了後、校長先生から表彰伝達が行われました。

 

 まず最初に野球部です。令和4年度春季兵庫県高等学校野球大会西播地区地区大会にて代表決定戦に勝利し、春季県大会出場権を獲得しました。秋・春の2季連続出場です。

 

 次に、総合自然科学科2年の課題研究地理班(嵯峨山小梅さん、千代澤八重さん、森光陽くん、矢原蒼汰くん、山本侑明くん)が、「アーバンデータチャレンジ2021withインフラデータチャレンジ2021」で、「龍野高校周辺の内水氾濫ハザードマップ」について発表し、銀賞を獲得しました。

 

 最後に、同じ総合自然科学科2年の課題研究物理班(井上晴矢くん、内海祐斗くん、黒田蒼平くん、長濱光希くん、光石統哉くん)が、「令和4年電気学会Uー21学生研究発表会」にて「車の質量と水はねの関係」について発表し、佳作を獲得しました。

 

 

 【入学式】

 令和4年4月8日、第77回入学式が挙行されました。担任から新入生全員が呼名された後、新入生を代表して西内吏希君が宣誓を行いました。

 その後、塚本校長先生から式辞を、同窓会長の伊藤充弘様から祝辞を頂きました。

話の中で、「伝統ある龍野高校の一員として、自覚をもって、文武両道の精神で学んでほしい」と激励をいただきました。

 閉式のあと、各部長・主任および第1学年団の紹介がありました。

 

 新型コロナウィルス禍が収束していないため、来賓も同窓会長・育友会長に限られましたが、快晴のなか無事に入学式を実施でき、新入生にとって、龍野高校生としての第一歩を踏み出すことができました。

 

サッカー部 西播リーグ第1節

高円宮杯U-18サッカーリーグ2022兵庫県西播リーグが、4月2日(土)に開幕しました。4月から9月まで毎週末に熱戦を繰り広げます。(県総体、7月考査、8月夏季休業の期間を除く。)
龍野高校サッカー部は2部リーグで全14試合を戦い、1部リーグ昇格を目指します。

第1節(市姫路高校グランド)
 4月2日(土) 龍野 6-1 福崎

第2節 4月 9日(土) 龍野-相生産
第3節 4月16日(土) 龍野-琴丘B
第4節 4月23日(土) 龍野-山崎
第5節 5月29日(日) 龍野-姫路飾西
第6節 6月 4日(土) 龍野-相生
第7節 6月18日(土) 龍野-エストレラ姫路B
第8節 7月10日(日) 龍野-福崎
第9節 7月16日(土) 龍野-相生産
第11節 7月30日(土) 龍野-山崎
第12節 8月27日(土) 龍野-姫路飾西
第13節 9月 3日(土) 龍野-相生
第14節 9月10日(土) 龍野-エストレラ姫路B
第10節 9月17日(土) 龍野-琴丘B ※7月25日より延期

令和3年度終業式・表彰伝達

令和4年3月23日(水)に、体育館で令和3年度終業式と表彰伝達を行いました。

まず校長式辞で、校長先生は、先日卒業した74回生の「友達を支えたこと」「最後の大掃除で窓を一生懸命掃除していたこと」など、先輩の素晴らしい姿を話されました。その後、新2年生には「これからの龍野高校の歴史を作っていくこと」、新3年生には「修学旅行での感謝の想い」などを伝えられました。

校歌斉唱は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、心の中で斉唱し、声に出さずに行いました。

終業式のあとに生徒指導部長による訓話が行われ、交通事故や苦情の数を昨年度と比較しながら話されました。そして、自転車マナーや事故にあった時の対応、SNSの使い方などを注意されました。

最後に表彰伝達があり、7名の生徒が表彰されました。表彰伝達の詳細は以下の通りです。

 

吹奏楽部 

  第49回兵庫県アンサンブルコンテスト西播地区大会

     金管五重奏 西播吹奏楽連盟奨励賞

  第32回西播高等学校吹奏楽連盟主催によるアンサンブルコンサート

     金管五重奏 金賞

     木管四重奏 銀賞

ソフトテニス部

  第7回冬季西播高等学校ソフトテニス選手権大会

     男子個人戦A級 第3位  栗岡昂志 栗山慶汰

     女子個人戦A級 第3位  石川美空 河上陽来里

甲南大学リサーチフェスタ2021

  アクティブプレゼンテーション賞  坂東来実

 

課題研究Ⅱ 物理班 学会発表

令和4年3月19日(土)に電気学会が主催する令和4年 U-21学生研究発表会に本校総合自然科学科2年の課題研究Ⅱ物理班5名が参加しました。

今回の学会発表はコロナ禍の影響もあり、オンライン配信にて行われました。「車の質量と水はねの関係」というテーマで発表し、大学の先生方とともに質疑応答も行われました。自分達の発表が終了した後は、全国の高校生や大学生の発表を聴講し、それぞれの創意工夫が見ることができ、大変勉強になりました。

17時からは表彰式が行われ、佳作を受賞することができました。今後の課題研究に向けて良い機会になったと思います。

一年間の集大成を公に発表することができ、緊張もあって上手く伝えられない場面もありましたが、これから先も探究心を常にもって様々な研究にチャレンジしてほしいと思います。

アーバンデータチャレンジ2021「銀賞」 課題研究Ⅱ・地理班

 令和4年3月12日(土)に開催された「アーバンデータチャレンジ2021」で、課題研究Ⅱ・地理班(総合自然科学科2年・嵯峨山小梅・千代澤八重・森光陽・矢原蒼太・山本侑明・作品名「龍野高校周辺の内水氾濫ハザードマップ」)が、銀賞を受賞しました。東京大学で開催予定でしたが、コロナウイルス感染拡大の影響で、オンラインでの開催となりました。

 授賞式では、「ハザードマップというのは、行政の依頼で専門家がつくるところを、自分たちできちっとツールを使いこなして作製し、水利組合との話し合いまで展望するところが素晴らしい」、「実際に(測量・地図製作)会社でやっているようなことを実践した非常にレベルの高い取り組みだ」とコメントをいただきました。

 アーバンデータチャレンジ2021審査結果

 受賞作品一覧

 課題研究Ⅱ・地理班の活動は、以下のサイトをご覧ください。

  http://www.azeta.jp/kadaikenkyuu_2021/index.html

太子町総合公園で課題研究のポスター展示

 太子町総合公園の柳池に隣接する体験学習施設で、課題研究生物多様性班(柳池班)の研究内容を展示しています。

 今年度から、課題研究生物多様性班および自然科学部は、太子町役場まちづくり課と連携し「総合公園活用社会実験」の一環として、公園内にある柳池の活用方法について調査・研究してきました。その成果について課題研究班の調査結果や研究内容をまとめたポスターを展示していただいています。

 公園に隣接する柳池は駐車場もあり、昨年開館した体験学習施設もあり、今後近隣の里山やため池を活用した環境学習の場としての活用も期待されます。そのため「生物多様性龍高プラン」の1テーマとして龍野高校生も柳池の主に植物の調査・研究を行っています。

 なお、柳池周辺の自然観察ガイドとして、調査時に撮影した写真を利用してスマホ図鑑「太子町総合公園柳池の植物図鑑」をつくりました。(下記にQRコードつけておきます)

 ぜひ、太子町総合公園に来たときは、体験学習施設にも立ち寄ってください。

 体験学習施設の開館日と時間は、下記より各月の「公園だより」をご覧ください。
http://www.town.hyogo-taishi.lg.jp/soshikikarasagasu/machizukuri/kouen/taikenngakusyuu/1626148225653.html

 

   
   

 

令和4年度生徒会役員選挙立会演説会

令和4年3月3日(木)に、令和4年度生徒会役員選挙立会演説会を体育館で開催しました。

今年は生徒会長1名、副会長2名の定員に、生徒会長に3名、副会長に2名の立候補がありました。

立会演説会では、各候補者に1人ずつ応援演説者がつき、各候補者のアピールポイントを訴えました。その後、候補者自身が「自らが会長や副会長に当選したら、どのようなことに取り組むか。」といった公約など、熱い想いを語りました。

立会演説会後、生徒は各教室に戻り、投票用紙に記入を行いました。今回の選挙は、生徒会長が決選投票、副会長が信任投票という形式で行いました。

投票終了後、各クラスの選挙管理委員が視聴覚教室にて開票作業を行いました。

選出結果は以下の通りです。

 

生徒会長  1年4組  小林 恵那

 副会長  1年5組  木村 優吾

      1年5組  田代 双

 

前田校長先生の最終授業

 令和4年3月2日3時間目に、今年定年退職となる前田校長先生の最後の授業が1年4組の生徒を対象に合併教室であった。

 「君は、今をどう生きる?」をテーマに、不確実性の高い時代、変化が激しく予測困難な時代の今をどう生きるのか、ヒントとなる内容であった。

 先生がまだ中高生だったころ、人生の節目に大きな壁にぶつかり、くじけそうになった時に母親の心中を思い、友人に支えられて乗り越えることができたこと。人生の中で、師といえる空手の先生との出会いの有難さなど、先生がまだ生徒だった頃の話を神妙な面持ちで生徒たちは聞き入っていた。

 また教員になって担任となり、平成元年当時の生徒が卒業間近に書いた先生へのメッセージ冊子の一部を、女子生徒が読み上げ、先生の教員生活のはじめと終わりの生徒が時を越えて結びつくなど感慨深く感じた。先生が授業で生徒に語り続けてきた、「嘘はつくな」「自分を粗末にするな」「差別は許されない」などの言葉についてどんな思いで生徒に語ってきたのか話された。

 最後に、これまで先生が関わってきた全ての生徒の感謝を込めて、小宅明日華さんから花束が贈られた。

 

第74回卒業式

 令和4年3月1日、第74回卒業証書授与式が挙行された。第3学年各クラス担任より呼名された、男子136名と女子134名、計270名に卒業証書が授与された。総代である三木優希君が壇上で校長より卒業証書を受け取った。校長の式辞、育友会長の祝辞、県知事、県議会議長をはじめとする祝電披露に続いて、在校生を代表して堂野遥希君が送辞を贈り、74回生を代表して永岡遥さんが答辞を述べた。

 2019年末に確認された新型コロナウィルスは、その後変異を繰り返し、現在も国内外で感染者は増加している。感染拡大防止のため、修学旅行の中止や昇龍祭(文化祭)、体育大会などの学校行事も規模縮小や中止となった。今回の卒業式も在校生が参加できなかった。74回生は多くの失望を経験したと思う。教職員もまた、これまでの生徒と同様に行事を企画・準備しても実施できなくなり、繰り返し繰り返し無念さを味わってきた。

 今後、以前のような学校生活がいつ戻ってくるのか、まだ予想はできないが、卒業生のみなさんは今おかれている環境を最大限に生かしながら、「将来の自分」づくりのためによく学び、多くを体験してほしい。

 楽しかったこと、苦しかったこと、嬉しかったこと、悔しかったことなど高校時代の体験のすべてがこれからの人生の土台の一部となってくれることと思う。卒業式後のHR教室で、各担任の先生方から贈られた言葉をしっかり胸に刻み、新たな人生の舞台に踏み込んでほしい。

 ご卒業おめでとう。74回生のみなさんの今後の活躍を期待している。

   

皆勤賞授与式などがおこなわれました

 2月28日、明日の卒業式の予行の後、第74回生から卒業記念品目録の贈呈と皆勤賞の授与式が行われた。卒業生からは卒業記念品として校章の入った演台が贈呈された。

 また、81名の卒業生が皆勤賞を授与された。生徒を代表して有方亮平君が、校長先生より賞を受け取った。受賞された皆さんの3年間の日々の努力を讃えたい。

 その後、同窓会入会式が行われ同窓会副会長の梅本光子様より、卒業記念品が生徒代表の橋本和樹君に贈呈された。副会長の挨拶の中で、世界で初めて、伸縮性のある導電性のインクの開発した松久直司氏の話があった。先輩に倣い、卒業後さまざまな分野での74回生の活躍に期待したい。

 式典後サプライズ行事として昨年のM-1グランプリで最終審査に進出し3位になった田渕章裕氏(56回生 インディアンス)からのビデオメッセージを全員で鑑賞した。新型コロナウィルス感染拡大のため、74回生は修学旅行など多くの行事が体験できなかったが、先輩から後輩への心配りに感謝したい。

75回生 第2学年 ユメタン講演会3

令和4年2月10日(木)6,7時間目に75回生 第2学年 ユメタン講演会を「夢をかなえる 英作文の書き方講座」と題してLL教室にて行いました。各HR教室にはオンライン配信を行いました。1学年の12月、2学年の7月にも実施され、今回は3回目の講演会となりました。

講師は前回と同様、英単語帳「ユメタン」の著者である木村達哉先生で、今回は英語の勉強法の中でも特に英作文の力を付ける方法を伝授していただきました。

英作文で必要なのは、文法や単語ももちろんですが、それよりも筆者が書いた日本語のメッセージを汲み取り咀嚼して、どのように英語で相手に伝えるかという国語力が最も重要だと教えていただきました。お話を聞くだけでなく、実際に日本語を英語にする練習や難しい日本語を簡単な日本語に変換するといった練習も一緒にしていただき、とても良い勉強になりました。京大に受かる英作文と評価されない英作文の例を提示していただき、1年後に控える大学受験に向けて意識がより高まったと思います。

「リスニングと英作文は満点を目指す」という木村先生のメッセージを糧に、3年生0学期の自覚を強く持って進路実現に繋げてほしいと思います。 

数学・理科甲子園2021

11月27日に開催された数学・理科甲子園に総合自然科学科2年の6名が参加しました。

個人戦3名、団体戦3名で、数学・理科の知識や論理的思考力を競う大会です。

 兵庫県では約50校が参加し、しのぎを削りました。残念ながら、本選への進出は叶いませんでしたが、6人とも事前指導から当日まで、確実に成長することができました。

 悔しい思いをしましたが、ボランティアとして大会運営に参加してくれた5名の後輩が来年度活躍してくれると信じています。応援ありがとうございました。

 

たつの市長表敬訪問 甲南大学リサーチフェスタ受賞報告

12月19日(日)に,75回生(第2学年)普通科の生徒2名が,甲南大学リサーチフェスタに参加し、2年1組 坂東 来実 さんの発表『都市公園たつの市活性化計画~脱・少子化への道~』≪アトラクティブプレゼンテーション賞≫を受賞しました。

 

その成果報告として、1月31日(月)にたつの市長様を表敬訪問いたしました。

その中で、実際に甲南大学リサーチフェスタで発表したものと同じ内容を披露しました。

市長様ならびに参加者の皆様から「受賞おめでとうございます。今回の発表を聞いて、役所と民間が協力した

持続可能な公園づくりが今後、必要になる。大変すばらしい発表でした。」とのお言葉をいただきました。

 

この成果を踏まえ、来年度もよりよい研究に取り組みたいと考えています。

 

「選挙のススメ」講演会

 1月27日に、たつの市選挙管理委員会より山影貴彦氏を講師に迎えて「選挙のススメ」講演会を2年生生徒対象に実施しました。

 若者の投票率の低下がどのように私たちの生活に影響するのか。大学進学により、居住地が変わる場合の投票権についてなど、総務省制作のTVCMや「鷹の爪団」が登場するアニメなども活用した講演でした。高校生が興味をもって選挙について学ぶ機会となりました。

 なお、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、1クラスがLL教室で直接聴講し、他のクラスは配信により聴講しました。

 LL教室での聴講

講師 たつの市選挙管理委員会 山影 氏

 講師 たつの市選挙管理委員会 山影 氏

 HR教室での聴講

 

 生徒謝辞

 

 

 

 

普通科 探究Ⅰ・Ⅱ 発表会報告

普通科 探究Ⅰ・Ⅱ発表会を開催しました。

 

普通科1・2年生が探究Ⅰ・Ⅱでの探究活動の集大成として、その成果を発表しました。

1年生、探究Ⅰでは、SDGs6分野に分かれて活動を行いました。グループで研究した内容をポスターにまとめ、展示しました。ポスター展示は、各分野の代表が1つずつ行いました。

2年生、探究Ⅱでは、個々の興味・関心に応じた9つの分野に分かれて活動を行いました。個人で研究した内容をスライド(Power Point)にまとめ、発表しました。スライド発表は、各分野の代表が1つずつ行いました。

アドバイザーの先生方からの質問にも的確に対応していました。どの発表も、よく作りこまれており、聞いている生徒の反応からも満足度は非常に高く、これからの探究を進めるにあたり、大変有意義な時間となりました。