活動記録

SSH

【SSH】図書室に「科学道100冊」のコーナーが新設されました

図書室にSSH関連の本をまとめた「科学道100冊」のコーナーが新設されました。

詳しくはこちらから、図書だより5月号をご覧ください。

科学道100冊 科学道100冊

 「科学道100冊」は、書籍を通じて科学者の生き方・考え方、科学のおもしろさ・素晴らしさを届ける事業です。

日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所(理研)と、本の可能性を追求する編集工学研究所(編工研)が手をとり、2017年に展開を開始。2019年秋からは、毎年恒例の企画としてリスタートしました。

「科学」と「本」という両研究所の強みを生かし、中学生・高校生を中心とした幅広い層に科学の魅力を多様な視点から継続的に伝えるべく、活動を続けています。

(公式サイト「科学道100冊 『知りたい!』が未来をつくる」 https://kagakudo100.jp/ より)

【SSH】東高祭で探究活動の口頭発表をしました

 4月27~28日、文化祭が開催されました。その2日目、アクリエひめじでのステージ発表で、76回生の4班が昨年度の課題研究の口頭発表を行いました。

 発表したのは、いずれも今年1月のサイエンスフェアin兵庫で発表予定だった班です。(サイエンスフェアin兵庫はコロナ禍のため誌面開催となり、口頭発表はできませんでした。)

 発表のテーマは、

「pHの数値とシャボン玉の持続時間の関係性を調べる」

「人の気配は体のどこで感じるのか」

「三拍子の速さと心拍数の変化について」

「自転車で重い荷物を楽に運ぶ方法」

 でした。どの班も研究の方法・結果が分かりやすくまとめられており、課題研究の面白さが伝わってくる良い発表でした。1年次生はこの発表を参考にして、探究活動の進め方・考え方をイメージしてほしいと思います。また、発表生徒も、発表の経験を今後の探究活動だけでなく、学校生活に活かしてほしいと思います。

pHの数値とシャボン玉の持続時間の関係性を調べる

(発表①「pHの数値とシャボン玉の持続時間の関係性を調べる」)

人の気配は体のどこで感じるのか

(発表②「人の気配は体のどこで感じるのか」)

三拍子の速さと心拍数の変化について

(発表③「三拍子の速さと心拍数の変化について」)

自転車で重い荷物を楽に運ぶ方法

(発表④「自転車で重い荷物を楽に運ぶ方法」)

 

【SSH】各年次の探究活動が始まりました

 令和4年度の授業が始まりました。今年度からは全年次で探究活動を進めていきます。

 ・ 3年次は、昨年度の研究を引き続き行い、ポスターや論文を作成していきます。

 ・ 2年次は、自然科学分野の研究だけでなく、その研究に関連した科学倫理の研究も行います。

 ・ 1年次は、まずは探究活動のノウハウを学ぶ「ミニ探究」を経験します。

 各年次で実施内容は異なりますが、自分たちで疑問をもち、解決方法を考え、実験を行い、結果を分析して、…、といった流れは同じです。

 新入生はまずは探究活動の進め方の習得、上級生はさらなるレベルアップを期待します!

1年次の理数探究基礎(ガイダンス)

(1年次 理数探究基礎の授業(ガイダンス)の様子)

【SSH】11月以降の科学部の活躍

 11月以降、科学部の研究発表が5つの大会で表彰を受けました。

① 第4回グローバルサイエンティストアワード“夢の翼” 一般社団法人メディポリス医学研究所賞(生物系研究部・シジミ班)

 事前審査で選ばれた69件の研究について口頭発表審査が行われ、シジミ班が一般社団法人メディポリス医学研究所賞(全国6位)を受賞しました。

② 第19回高校生科学技術チャレンジ2021(JSEC) 敢闘賞(物理系研究部・逆ムペンバ班)

 220件の応募論文に対する予備審査によって、本校を含む85研究が1次審査に進出しました。残念ながら、最終審査の32研究には選ばれませんでしたが、それらと大差ない内容である、と高く評価された研究に贈られる敢闘賞を受賞しました。

③ 第16回筑波大学「科学の芽」賞 奨励賞(地学系研究部・マグマ班)

 286件の応募のうち、全国3位にあたる努力賞を、マグマ班が受賞しました。

④ 第20回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 努力賞(地学系研究部・マグマ班)

 応募総数148件の研究から、予備審査と本審査を経て、マグマ班の研究が全国3位の努力賞を受賞しました。

⑤ プラズマ・核融合学会第19回高校生シンポジウム 優秀賞(物理系研究部・プラズマ班)

 コロナウイルスの感染拡大にともない、東北大学での発表予定が急遽、オンライン発表に変更となりました。本校科学部の生徒の発見が高く評価されました。

表彰伝達の様子

(終業式後の表彰伝達の様子)