学校生活

学校生活

生徒総会・立会演説会・壮行会

4月28日(木)7時間目に生徒総会、立会演説会、総体の壮行会が行われました。昨年度は放送での実施でしたが本年度は全校生が体育館に集まり行うことができました。

生徒総会では議案の審議が慎重に行われました。その後の立会演説会では各候補者が須磨東高校に対する思いを熱く訴えました。

続く総体の壮行会では本年度の代表である硬式テニス部のキャプテンが大会に向けての決意を表明した後、生徒会長から応援メッセージ、校長先生からは「気持ちを強く持ったチームが勝つ!」という激励の言葉を頂きました。

このゴールデンウィークから総体が始まる部活もあります。どの部活も悔いのないよう全力で試合に臨んでください。

交流戦②

午後は、全員が「ほっともっとフィールド神戸」へ移動して野球の試合を観戦しました。雨がかなり心配されましたが、少し時間を早めてのプレーボール。何とか天候も持ってくれました。

今年は、両校の吹奏楽部が合同で応援演奏を行い、ダンス部も攻撃時にはそれぞれ音楽にあわせてパフォーマンスを行いました。

試合は、1回に須磨東高校が先制攻撃をしかけ2点を奪いましたが、その後は得点を奪われ残念ながら敗れてしまいました。しかし、大舞台で生き生きと活躍する野球部の選手を学校全体で応援するということはとても素晴らしい体験になったと思います。

交流戦にご協力いただいた各方面の皆様方、当日天候の悪い中観戦に来てくださった保護者の皆様、そして兵庫県立須磨友が丘高等学校の皆様、本当にありがとうございました。


交流戦①

4月26日(火)昨年度より始まった兵庫県立須磨友が丘高等学校との交流戦が神戸市総合運動公園で行われました。天気予報は雨。しかし、両校の思いが通じたのか、何とか天気は持ち、時間の変更はあったものの予定通りの競技を実施することができました。午前中は「グリーンアリーナ神戸」での女子バレーボールと「ユニバー記念競技場」でのサッカー、午後は「ほっともっとフィールド神戸」で野球の試合を行いました。

朝、両校全員が集まり「グリーンアリーナ神戸」で開会式が行われました。開会式や各会場では放送部の生徒が進行を行いました。開会式後は両校のダンス部による見事なオープニングパフォーマンスが披露されました。

そしていよいよ競技のスタートです。

「グリーンアリーナ神戸」では女子バレーの試合が行われました。試合は白熱しデュースにまでもつれ込みましたが惜敗しました。

「ユニバー記念競技場」ではサッカーの試合が行われました。雨も少しパラパラ降りましたが、それを吹き飛ばすような熱戦が繰り広げられました。試合はPK戦までいきましたが、こちらも惜敗しました。しかし、PK戦は大盛り上がりでまさに交流戦の醍醐味を感じた素晴らしい経験となりました。

 

 

 

 

 

 

 

令和4年度 対面式

4/11(月) 新1年生と2,3年生の初顔合わせとなる対面式が行われました。

2,3年生代表生徒による新1年生へのメッセージののち、新1年生代表生徒による先輩方へのメッセージが送られました。

コロナ禍ということもあり、握手ではなくグータッチ、そしてフュージョン(某有名漫画より)という形で代表者同士の思いが交わされました。

つい先日まで1年生だった44回生も先輩となり、43回生はついに受験生となりました。

43回生から45回生が一丸となり、今年度もよい学校づくりをしていきましょう!

令和4年度 離任式

 4月11日(月)転勤された先生方を送る離任式を行いました。今回離任される11名の先生方のうち8名の先生が出席してくださいました。校長先生からの紹介後、各先生からご挨拶をいただきました。どの先生のお話にも須磨東高校への熱い思いがあふれていました。本当にありがとうございました。

 その後、生徒会長から先生方へお礼の言葉と生徒会からの花束贈呈を行いました。春は出会いと別れの季節です。お別れはさみしいですが、今日の先生方の言葉をしっかりと受け止めて、がんばっていきましょう。