災害が予測される場合等について

災害が予想される場合及び交通機関の運行停止の場合の授業等について

 

「警報」とは、気象庁から発令された“神戸市”を対象区域とした暴風・暴風雪・大雨・大雪・洪水等の気象情報を示し、津波警報・高潮警報・波浪警報は除く。

 

1. 災害が予測される場合

(1)午前7時現在、警報が発令されている場合…自宅待機

(2)午前10時までに、警報が解除された場合…第5校時(13:15)から授業

(3)午前10時現在、警報が発令されている場合…臨時休業

 神戸市以外の地域に居住している生徒は、登校時点で居住地及び登校時に通過する地域に、該当する気象警報が発表されている場合は、神戸市に発表されている場合に準じて行動する。

 

2. 交通機関の運行停止の場合

 振替輸送機関で登校するか、待機し、運行が再開され次第登校する。

 交通機関の運行停止等により欠席や遅刻になった場合は、公認欠席・公認欠課とする。交通機関の延着により遅刻したときは、延着証明書をもらって登校し、担任に提出すること。 

 

3. 定期考査期間中において災害が予測される場合

 午前7時現在、警報が発令されている場合…臨時休業

 臨時休業になった場合は、当日の考査科目を考査最終日の翌授業日に実施する。