トピックス

兵庫県高等学校駅伝競技大会神戸地区予選会に向けて

 標題の大会が、男子、女子ともに10月23日(土)に三木総合防災公園で開催されます。必勝祈願として部員でミサンガを作りました。校長先生、教頭先生、顧問の先生方にミサンガを渡しました。部員一同もこのミサンガをつけて勝利を目指し走ってきます!!

世界の国々 関西国際大学オンライン出前授業

10月15日(金)、本校の学校設定科目「世界の国々」の授業で、関西国際大学 国際コミュニケーション学部 観光学科の小磯学先生をお招きし、「ムスリム・インバウンドの時代の到来-身近になる異文化」と題した出前授業をオンラインで実施しました。

小磯先生からは、イスラーム教の基本事項やハラールについて、またタイトルの通りムスリム・インバウンド増加の背景やムスリムへのおもてなしについてお話いただきました。

生徒にとっては、世界の中で存在感を増すムスリムの影響を理解し、意外にもイスラーム教に触れる機会がたくさんあり、イスラーム教を身近に感じる時間になったと思います。

 

異文化理解 留学生との交流@流通科学大学

10月6日(水)に2・3年次選択科目「異文化理解」の授業で、流通科学大学にて留学生との交流会を実施しました。生徒が決めたトークテーマに沿って留学生とディスカッションを行い、その内容を模造紙にまとめ、全体の前でプレゼンテーションを行いました。最初は緊張気味でしたが、時間の経過とともに活発な意見交換を行うことができ、生徒にとって有意義な時間となりました。

 

ビブリオバトルが行われました。

10月12日(火)の放課後、図書室にてビブリオバトルが開かれました。5名の生徒(バトラー)が参加しました。バトラーそれぞれが自分の気に入った本の魅力を一人5分間で紹介し,それを聞いた参加者(聴衆)との間で質疑応答を行いました。全員の発表が終わった後,投票で今回の「チャンプ本」が決まりました。「チャンプ本」は,11月の甲南大学で行われるビブリオバトルへと駒を進めました。大変僅差の勝負でした。また、どの本も手にして読んでみたいと思える紹介トークでした。

日本の地域 神戸観光局の方による出前授業

10月12日(火)、本校の学校設定科目「日本の地域」の授業で、一般財団法人神戸観光局の材木様をお招きし、「神戸観光の魅力を探る」をテーマに出前授業を実施しました。

材木様からは、神戸の街の歴史や観光動向、おすすめ観光スポットについてお話がありました。また、生徒たちが調べていた神戸の歴史・伝統、景観・観光、グルメについても、コメントをいただきました。神戸の魅力を再確認するとともに、現在進めているカードゲーム作りプロジェクトにも大変参考になる時間でした。

〈生徒の感想〉

・神戸の知らない良いところや場所、グルメ、豆知識をたくさん聞けたので、とても意味がありました。ネットでは出てこないような神戸の魅力的な場所をたくさん教えてもらったので、「知域王」に使いたいし、実際に行ってみたいです。今日一日ですごく神戸を好きになった気がします。

・神戸を訪れる観光客が、何回も来るにつれて神戸のイメージが変わっていくと聞いて、嬉しかったです。自分も神戸にいてすごく落ち着いたり安心感があるので、神戸ってそういうところなんだなと思いました。カードゲームに、地元の人でないと知らないスポットを入れてみるのも良さそうです。

 

 

〈過去の記事〉

9月28日(火) 「知域王」開発担当者とのオンライン授業