ニュース

講演会(ケース会議)のご案内[9月28日(月)/ 10月19日(月)

 聴覚障害教育について理解を深めていただくため、下記により講演会並びにケース会議を開催いたします。9月28日(月)は松本耳鼻咽喉科から、10月19日には神戸市立医療センター中央市民病院耳鼻咽喉科から、それぞれ言語聴覚士として人工内耳や補聴器を装用している子どもたちに関わっておられる先生方をお招きして、聴覚障害児の聴こえや人工内耳装用児の成長等についてのご講演をいただき、彼らが抱える課題と支援の方法についてご教示いただきます。

 ケース会議のご参加につきましては、担当乳幼児児童生徒がかかっている病院の言語聴覚士の先生とのみ可能です。
 講演会につきしては、補聴器や人工内耳装用児の聞こえについて理解を深めたい教職員の方、聴覚障害児の聞こえについての理解を深めたい方等のご参加をお待ちしておりますので、下記の文書をダウンロードしていただきお申込み下さい。
よろしくお願い申し上げます。

令和2年度講演会・ケース会議…地域校への案内文書.doc
令和2年度9月28日 福田ST講演会・ケース会議実施要項・申し込み用紙.docx
令和2年度10月19日 諸頭ST講演会・ケース会議実施要項・申し込み用紙.docx

校長のひとりごと その5

今日は、1学期の終業式でした。

保育相談部、幼稚部はクラス毎に終業式を行い、子供たちに元気でがんばったごほうびにメダルを渡しました。初めての経験で緊張したり、とっても喜んだりとたくさんの表情があってうれしくなりました。

小学部、中学部、高等部は体育館で実施しました。

1学期は、体育大会などの学校行事や近畿地区陸上大会や卓球大会が中止となり、練習の成果を発揮できる機会が失われ、とても残念で、悔しい気持ちがあったかと想像します。

式辞では、「その残念な気持ちや悔しかった気持ちを、これから、他のことにチャレンジして、乗り越えていって、「楽しかった」「よかった」「できたよ!」の気持ちが持てる経験してほしいと思います。その経験をとおして困難を乗り越えることで、正しい人間、心の強い人間、人や自然を敬う素敵な人に成長すると思います。「ピンチはチャンス!」です。つらい経験は、自分を成長させるよいチャンスと思い、自分がやりたいことにチャレンジして、変わっていく、チェンジしていってほしいと願っています。」と話をしました。