学年・専門部

学年・専門部

人と自然科 夏季休業中資格取得第3弾 フラワー装飾技能士

 人と自然科では夏季休業中も、それぞれの生徒が興味関心、将来の進路を考え、様々な資格取得に励んでいます。

人と自然科 夏季休業中資格取得第1弾 アーク溶接特別教育講習の記事はこちら

人と自然科 夏季休業中資格取得第2弾 刈払機安全衛生教育の記事はこちら

 8月となり、特に力が入っているのが、人と自然科の学びの特色でもあるフラワーアレンジメントに関する国家資格フラワー装飾技能士です。すでに筆記試験は終わり、8月8日(日)の実技試験に向け、今年度は1名の生徒が2級に、2名の生徒が3級に挑戦します。

 2級の実技試験の内容は、花束、アレンジメント、そしてブーケの製作作業です。

 まずは花束、2パターンの中から1点を制作します。幅:高さの比率が5:3のラウンド(円形)になるように束ねていきます。

 次はブーケ。キャスケードクレセントの2パターンの中から一つを制作します。

 最後はアレンジメント。ファン、トライアングル、ホリゾンタル・オーバルの3パターンの中から一つ制作します。

 完成はこちら。

 

 制限時間内に正確に制作する必要があります。生徒はストップウォッチを片手に何度も繰り返し練習をしています。

 そして3級の取得を目指す生徒は、花束及びリボン、バスケットアレンジメント、ブートニアを制作します。

  完成した作品はこちら。指導者のコメントは「まだまだ本番まで練習が必要」とのことです。

 人と自然科の卒業生の中には、取得した資格を活かし、フラワーアレンジを活かした仕事に就いている先輩もたくさんいらっしゃいます。実技はとにかく練習あるのみ。ちなみに昨年は2名の先輩が合格しました。毎日暑い日が続きますが、今年も全員合格に向け頑張りましょう。応援しています。

人と自然科 HONEY FMで農業クラブでの活躍紹介

 8月3日(火)地元FM局『ハニーFM』のハイスクール特派員登場のコーナーに、人と自然科の生徒4名が生出演し、農業クラブ全国大会の紹介、そして県大会の結果報告を行いました。

 現在ハニーFMでは、三田市内4校が持ち回りで毎週火曜日17:15~ハイスクール特派員登場のコーナーを担当し、学校行事や大会、特色ある授業について紹介しています。今回は、今年度兵庫県でさらには有馬高校で開催される第72回日本学校農業クラブ全国大会兵庫大会意見発表会の運営生徒と、その全国大会を目指す選手が出演しました。初出演の生徒がほとんどで、打ち合わせでも緊張が感じられます。

 まず最初は、第72回日本学校農業クラブ全国大会兵庫大会意見発表会の生徒実施委員長と副委員長の登場です。

 7月21日(水)、22日(木)に開催された全国大会リハーサル大会(兼兵庫県大会)についての報告ならびに現在自分たちが課題研究の授業で取り組んでいる研究内容についても話が盛り上がりました。

人と自然科 第72回日本学校農業クラブ全国大会リハーサル大会開催の記事はこちら

 10月の大会に向けての意気込みとして「全国から来る代表選手に三田の良さを知ってもらえるよう、おもてなし準備を頑張ります」という言葉が印象的でした。

 リクエスト曲「FFJの歌」(全国の農業高校生が歌える歌)が流れた後は後半の2人にバトンタッチ。先日の農業クラブで最優秀賞を受賞した人と自然科生徒の登場です。

  

 昨年は新型コロナウィルスで中止となった県大会。2年ぶりの開催となった今年は人と自然科の生徒が大活躍。今回は意見発表会と農業鑑定競技会でそれぞれ最優秀賞を受賞し、近畿大会、全国大会に出場を決めた生徒が出演しました。

兵庫県学校農業クラブ連盟大会意見発表会&農業鑑定競技会にて最優秀賞を含む大活躍の記事はこちら

 競技の内容や練習方法、近畿大会、全国大会に向けた意気込みなどを報告。最後は「建築関係の仕事で活躍したい」「農業高校の先生になりたい」という将来の夢を伝え、放送は終了しました。リクエスト曲はBTSの「STAY GOLD」(意見発表会の練習でモチベーションを保つために聴いている曲なのだそうです。)

 最後に、フリーペーパー『HONEY』用の記念写真を一枚。

 兵庫県の代表選手の皆さん。近畿大会、全国大会頑張りましょう。そして10月の全国大会に向け、人と自然科生徒、職員一丸となって準備を進めていきましょう。

 ハニーFMのスタッフのみなさん。ありがとうございました。

人と自然科 夏季休業中資格取得第2弾 刈払機安全衛生教育講習実施

 人と自然科では、英語検定や書写検定など一般的な検定だけでなく、普通科では取得できない様々な資格取得が可能です。

人と自然科 夏季休業中資格取得第1弾 アーク溶接特別教育講習実施の記事はこちら

 夏季休業中資格取得講習第2弾として、8月2日に刈払機安全衛生教育講習を実施。希望する人と自然科の生徒49名が挑戦しました。

 私たち人と自然科で学んでいる農業や造園業、さらに土木業で行われている草刈りは、刈払機(草刈機)を使用して作業を行うのが一般的です。そして刈払機の取扱作業(運転)には、事故・災害を防止するため労働安全衛生規則で安全衛生教育実施要領が定められています。この日はキャタピラー教習所(株)から3名の講師の方に来校いただき、資格取得のための講習会を実施しました。

 

 午前中は座学による講習が行われました。講習ではテキストやスライド、実物を用いて刈払機を安全に使用するための知識と技術を学びました。刈払機の種類や刃の種類、持ち運び方、ガソリンと2サイクルエンジンオイルを混ぜた混合油の作り方や取扱い、2サイクルエンジンの仕組み、エンジンの始動方法や停止方法など、専門的かつ実践的な内容を詳しく学びました。

 また、最も重要な内容として『安全』について集中的に学びました。刈払機を使用する場合は飛んでくる石などから自分の体を守るため長袖、長ズボン、長靴、手袋などを必ず着用することはもちろん、特に目を守るため保護面や保護メガネなども着用することなどを学びました。さらに資料を用いて近年問題となっている熱中症対策や、蜂やセアカゴケグモ、マムシなどの毒を有する生物への対応、さらには実際の事故事例の紹介など、とにかく安全最優先!!と繰り返しお話をいただきました。

 

 学科講習の最後に行われた確認テストも全員合格ラインを超えました。

 後半実技講習を行いました。体育館&プール周辺に移動し、実際に草刈の実習を行います。講義で学んだとおり、保護面や騒音から守るイヤーマフの装着などを実践し、エンジンをかけます。

 いよいよ刃を右から左に動かします。前へ進むスピードは半歩ずつといったところでしょうか。

 最初は講師の先生に助けてもらいながら進めていましたが、慣れてくると自分だけでうまく刈れるようになりました。

 実技講習も無事終了し、受講した生徒全員ライセンスを取得することができました。このように人と自然科では様々な資格講習にチャレンジすることができます。来週8月9日(月)からはこの夏休み最後の建機系資格『小型車両系建設機械』の資格講習が行われます。暑い日が続きますが自分のスキル向上のため頑張りましょう。

人と自然科 夏季休業中資格取得第1弾 アーク溶接特別教育講習実施

 人と自然科では、ビジネス文書実務検定試験(ワープロ検定)や漢字検定など一般的な検定だけでなく、普通科では取得できない様々な資格取得が可能です。夏季休業中資格取得講習第1弾として、7月28日~30日の3日間アーク溶接特別教育講習を実施。希望する生徒25名が挑戦しました。

 まずは有馬高校清陵会館にて2日間の学科講習(一部実技)です。アーク溶接は造船業、建設業等をはじめとする幅広い業種において行われている、金属の溶接・溶断等を行う作業です。電気の力で鉄と鉄を融接していきます。将来ア-ク溶接機を用いて金属の溶接、溶断等の作業に従事する場合には、労働安全衛生法の規定により所定の特別教育を修了した有資格者であることが必要です。

 テキストや実物の道具、映像を使い、アーク溶接の基礎知識や電気に関する基礎知識、安全装置や作業方法、そして最も大切な災害の防止について講義をいただきました。

 溶接棒の仕組みや、ストリンガービード、ウィービングビードといった用途に合った溶接棒の動かし方など、専門的な技術はもちろん、アークの光で目を痛めないための保護めがね、保護面の使用、そして、感電や火傷を防止するための革手袋、エプロンの装着など安全についてもしっかり教えていただきました。講習3日目には実技があるため、マーカーで大切なところにラインを引きながら皆真剣に講義を受けていました。

 休憩時間にも振り返りをしている生徒も多く、教本を覗いてみるとしっかり学んでいる証が・・・。学科講習の最後に行われた確認テストも全員合格ラインを超えました。

 最終日の30日(金)はキャタピラー教習センターに移動し、実技講習です。

 まずは身だしなみから。学科講習で学んだ通り、溶接中に飛び散る高温のスラグから身を守るため、皮のエプロン、足カバー、手袋を装着。またヒュームと呼ばれる粉塵を吸い込まないように防塵マスクを装着し、最後にアーク光から目を守るために保護面を付けます。

 準備ができたら電源を入れ、いよいよ実技に入ります。感電の可能性もあるため、緊張が走ります。

 今回は鉄の板(母材)にまっすぐビード(溶接棒と鉄の溶けた跡)を作ることを目標に、基礎を身につけていきます。

 溶接棒ホルダーに溶接棒をはさみます。母材となる鉄板に溶接棒の先端をくっつけたら電機が通電しアークが発生します。初めて溶接を行う人にとっては、ここが一番難しいんですね。最初は講師の先生と一緒に実習を行い感覚を体に覚えさせます。

 溶けてだんだん短くなっていく溶接棒と母材の間隔を一定に保ちながら一直線に横に進めていくと、ビード(ストリンガービード)が完成します。

 今回受講した生徒は意欲が高く、積極的な取組みが見られました。その結果、講師の先生の手助けなしでも、うまくビードが作れるようになりました。

 また、実習を待っている生徒も積極的に見ることで技術を向上させていました。

 溶接が終わったらハンマーとブラシでスラグを除去し、ビードの完成具合を確認・・・

 完璧ですね。本当に上手です。

 実技講習は6時間以上ありましたが、あっという間に終了。キャタピラー教習センター長から受講した25名全員にライセンスが渡されました。

 最後にセンター長から、アーク溶接でも感電などで命を落とす可能性もあるため、安全最優先で取り組んでくださいとの言葉をいただき、「ご安全に!!」のかけ声で全日程が終了しました。

 来週8月2日(月)には刈払機の操作に関する安全衛生教育講習が実施されます。将来に向けスキルを向上させていきましょう。

人と自然科 第69回兵庫県学校農業クラブ連盟大会意見発表会&農業鑑定競技会にて最優秀賞を含む大活躍

 全国の農業高校生にとって最大のイベント、農業高校の甲子園 農業高校のインターハイと呼ばれているのが各種競技会です。その全国大会が今年は兵庫県で開催されるため、県大会が全国大会のリハーサル大会の位置づけとして行われ、有馬高校でも先日『意見発表会』が開催されました。

人と自然科 第72回日本学校農業クラブ全国大会リハーサル大会開催しました・・・の記事はこちら

 各種競技会は意見発表会だけでなく、農業に関する知識を競い合う農業鑑定競技会や・・・

農業鑑定競技会とは・・・の記事はこちら

農業や環境に関する研究の成果を競い合うプロジェクト発表会・・・

などがあり、県内各地で開催されました。そして競技を終えた農業高校生が集い、結果が発表される大会式典が7月27日(火)神戸文化ホールにて開催され、競技会に出場した県下11校の農業高校生が集いました。

 

 大会式典生徒実施委員長の開会宣言の後、クラブ旗入場。兵庫県連盟旗、大会旗に続き、有馬高校農業クラブ会長が堂々と入場を行いました。

 主催者である日本学校農業クラブ全国大会令和3年度兵庫大会生徒実行委員長から、「昨年中止となった静岡大会事務局の想いを繋ぎ、兵庫県大会を成功させましょう」と力強い挨拶の後、いよいよ結果発表です。今回は全国大会同様、その場で発表されます。みんなどきどきです。

 今年有馬高校は、意見発表会 分野Ⅱ類で最優秀賞を受賞。近畿大会への切符を手にしました。さらに農業鑑定競技会 分野造園でも最優秀賞を受賞。この分野では過去の先輩はなかなかとれなかった悲願の賞をつかみとり、全国大会への切符を手にしました。

以下有馬高校の大会結果です。

プロジェクト発表会

 分野Ⅱ類 優秀賞 K.T・J.S・U.K・K.K

意見発表会

 分野Ⅰ類 優秀賞 H.A

 分野Ⅱ類 最優秀賞 O.H・・近畿大会出場権獲得

 分野Ⅲ類 優秀賞 T.E

農業鑑定競技会

 分野園芸 優秀賞 O.S

 分野造園 最優秀賞 K.S・・・全国大会出場権獲得

      優秀賞 S.A・・・全国大会出場権獲得

なんと、出場した全ての種目、分野で3位入賞を果たしました。意見発表会の大会運営を行いながらのこの結果は本当に素晴らしいです。模範発表も聞きましたが素晴らしい発表でした。

 そして表彰式、受賞者披露です。会場から大きな拍手がわき上がりました。

 

 表彰式の後は、大会旗引き継ぎ。今年度兵庫県事務局の県立農業高校から、来年度事務局の丹有ブロックの代表校篠山産業高等学校へと引き継がれ、代表生徒より決意表明がありました。(来年度は有馬高校も事務局の一員として県連盟行事の運営に携わります。有馬高校では農業鑑定競技会が開催される予定です。)

 最後は最後はもちろんFFJの歌。全国の農業高校生が歌える歌です・・・が残念ながら新型コロナウィルス感染予防対策のため斉聴となりました。早くみんなで歌える日が来て欲しいですね。

 大会旗、県連盟旗が退場し大会式典は無事終了。運営校の播磨農業高等学校、県立農業高等学校の皆さんありがとうございました。最後に喜びの記念写真です。

 近畿大会、全国大会に出場する皆さん。人と自然科の生徒としての誇りを旨に、悔いの無いように全力で戦ってきてください。中学生の皆さん。有馬高校人と自然科に入学し、私たちと一緒に農業高校の甲子園で日本一を目指しませんか?