学科概要

総合学科の歩み

1994年(平成6年) 普通科・専門学科の特徴を併せもつ第3の学科として、総合学科が全国7校に設置
2000年(平成12年)

有馬高校で学科改編

普通科(7クラス)、家政関連学科(2クラス)→ 総合学科

農業関連学科(2クラス)→ 人と自然科(1クラス)

総合学科1期生(55回生)入学

2020年(令和2年) 総合学科21期生(75回生)入学

現在、兵庫県下の公立高校で15校、全国で375校の総合学科が設置されています。

 

総合学科の特色(普通科との違い)
  1. 数多くの選択科目を開設しており、進路や興味・関心に応じた主体的な科目選択が可能になります。

    したがって、2,3年次は、生徒一人一人が異なる時間割で学習を行います。

  2. 夢の実現に向けて、将来就きたい職業や生き方について考える授業「産業社会と人間」を原則履修します。この授業を中心に、自分の適性や可能性を見つけ、将来を考える機会が多くあります。

 

有馬高校総合学科の合言葉
 will  初志貫徹する力
 information   情報を集め活用する力
 logic  論理的思考力
 learn  知に対する情熱

学びの主人公は、自分自身です。

 

有馬高校総合学科の授業の特徴
  1. 2,3年次より展開する様々な選択科目があります。
  2. 3年間を通して生きる力を身につけ、自分の生き方を考えるための授業があります。

 

産業社会と人間(1年次)

進路を考える、生き方を考える、表現力・コミュニケーション力を身に付けることを目標にした授業です。全国の総合学科の原則履修科目ですが、授業内容の企画・検討は、生徒の実態に合わせ学校独自に行っています。1年を通して様々な活動を行い、生徒の自主性を育てながら目標に向かいます。

また、1年次生からボランティアの生徒を募集し「WILLスタッフ」として、授業やオープンハイスクール、各種発表会の企画・進行に協力しています。


総合的な探究の時間(2年次)

1年次の「産業社会と人間」を発展させ、「自分の将来を見据え、卒業後の進路目標を定め、表現力・コミュニケーション力を身に付ける」ことを目標にした授業です。個人が主体の活動が中心となり、他者の考えを理解し、自分の考えを表現する力(コミュニケーション能力)を向上させるとともに、自ら考え行動する力を身につけます。


課題研究(3年次)

高校での学習で自分が最も興味をもった内容について、以下の講座に分かれ、調査研究、作品制作、検定受験のための学習などを行います。このとき、自分の選択した系列と関連するものを選べば、とても効果的に学習を深めることができます。例えば、人文国際系列国際タイプを選択していて「外国語」の講座を選べば、他の人より8時間も多く英語を学習することができます。また、食物については、授業と併せることで検定1級への挑戦も可能になります。