お知らせ

インフルエンザに罹患された場合

インフルエンザに罹患された場合は、学校にラインネットでご連絡をして頂くとともに、以下の点にご注意ください。
 (1)インフルエンザと診断された場合は、次の2つの条件を満たせば登校できます。
    ①発症した後5日経過している ②熱が下がった後2日経過している
 (2)登校する日に、必要事項を記入した「インフルエンザによる欠席の報告書」を担任に提出してください。
 (3)(2)の報告書には、証明書(日付や名前が確認できる処方薬説明書)を添付してください。

※ 詳しくは「保健室」のページの「感染症に関する手続き」をご覧ください。

緊急のお知らせ

現在お伝えする情報はありません。

ラインネット、クラスルームにも日頃よりご注意下さい。

【お願い】ラインネットで情報を確認された保護者等の皆様は、「確認通知」(メール内の指定されたアドレスをクリックするだけ)をお願いします。※大災害が起こった際などの情報伝達訓練にもなります。

トップニュース

令和4年度3学期始業式

 世界中が衝撃を受けたロシアのウクライナ侵攻や円安、物価高が家計に大きな影響を与えた2022年でしたが、新型コロナウイルス感染症との戦いが続く中、その対処法も見え始め、明るい兆しも感じられ始めました。訪日する外国人観光客が徐々に戻り、大きなイベントも開催されつつあります。サッカーW杯では、強豪国を次々と打ち破る日本代表チームの雄姿に大きな元気をもらいました。

 2023年が幕を開け、本校でも3学期の始業式を行いました。充実した冬季休業を経て、生徒たちは明るく元気で、引き締まった表情で式に臨みました。特に3年生は大学入試共通テストを間近に控え、緊張感も高まっています。

校長式辞  「挑む」 -目標をもって「挑戦」する1年に-  

 藤原校長は式辞で、2022年の漢字「戦」から、連日報道されるウクライナで起こる惨事に触れ、大きな課題も小さな課題も含めて様々な問題・課題が解決に向かい、「平和」な一年になることを望むこと、2023年の個々の漢字として「戦」とつけば前向き・肯定的な意味になる「挑」を提案し、それぞれが目標をもって「挑戦」する1年として欲しいことを呼びかけました。また、これから受験する3年生に向けて、「ギリギリまで諦めない」気持ちで、目標とする大学合格に向けて挑戦して欲しいこと、2023年が全校生にとって充実した良い年になることを願って式辞の締めくくりとしました。

校長講話: 詳しくはこちらをご覧ください →R4_3学期業式式辞(要旨)

新着情報
 
〒 674 - 0053 兵庫県 明石市 大久保町 松陰 364 番地の 1  アクセス方法
本校へのお問い合わせは,下記の電話 ・ fax へお願いします
電話 : ( 078 ) 936 - 9100 / fax : ( 078 ) 936 - 9101