グローカル型教育

「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」

 

兵庫高校は令和2年度から3年間、文部科学省から「地域との協働による高等学校教育改革推進事業(グローカル型)」指定校(18都府県21校申請のうち4校)に選ばれました。
グローカル型教育とは、地域でグローバルな視点をもってコミュニティを支えたり、世界から地域活性化させる活動をするグローバルリーダーを育成する教育のことです。各地域の特性に応じたグローバルな社会課題研究としてテーマ(SDGs、地域、産業、観光、文化、伝統、医療介護等)を設定し、解決に向けた探究的な学びを実施します。
また、地元市町村・企業等との連携による活動や海外研修等をカリキュラムの中に体系的・系統的に位置付けるなどのカリキュラム開発等を推進します。


◆「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」の詳細については文部科学省のホームページをご覧ください。

テーマ:“次世代が選ぶまち”KOBEの実現~地域社会の未来を担い世界へはばたく実践者の育成~

概 要:すべての教育活動をSDGsと関連づけるとともに、STEAM 教育に力を入れたカリキュラムを編成し、直面する各種都市問題に対して新たな価値を創造できる人材育成のプログラムを開発する。
 →詳細は、こちら



【研修旅行】

※新型コロナウイルス感染拡大の状況をみて実施検討
 

・KOBE研修(1年生の7月に実施)

※令和3年度は「STEAM特別講座Ⅱ」として実施 →詳細は、こちら
地元神戸にある世界や日本でトップレベルの先端技術を体験することを目的に、医療・情報・ロボット分野の専門家から講義を受けたり施設見学を通して学びます。


・東京みらいフロンティアツアー (2年生の夏季休業中に実施)

※令和3年度はリモートで「代替研修」を実施
国連機関、研究機関、大学、グローバル企業を訪問し、
最先端の科学技術やグローバルな社会課題やビジネス課題に関する取り組みを学びます。

・ベトナム研修旅行

※令和3年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、オンラインによる交流事業へ変更予定
現地大学、政府研究機関、世界遺産、日系企業を訪問し、
開発途上国が超える社会課題やビジネス課題について学びます。
現地高校との共同研究も行います。

・イギリス研修旅行

※令和3年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、中止
現地大学や日系企業を訪問し、グローバルな社会課題について
自分たちの研究発表や現地高校との共同研究、フィールドワークを行います。

グローカル報告書

グローカル報告書

{{cabinetFile.CabinetFile.filename}} >  グローカル報告書
取り組みのハイライト

グローカル型

令和4年8月24日 東京未来フロンティアツアー3日目 「東京大学ツアー」「自由行動」

東京未来フロンティアツアー3日目は自由行動で、生徒が行き先を決めて班ごとに活動した。

そのうち、10名の生徒が「東京大学ツアー」に参加した。

この「東京大学ツアー」では東京大学や東京の大学に通う創造科学科3期生の先輩3名が赤門や図書館、安田講堂、三四郎池をはじめ東京大学構内を案内してもらった。趣のある建物や広い構内で東京大学の雰囲気を味わった。また、受検の体験談や東京での生活についてなど生徒の質問にも答えていただいた。進路を考える一つのきっかけとなった。

本ツアーに参加しなかった生徒は、横浜や浅草、原宿、神宮球場等に向かった。

  

  

 

 

令和4年8月23日 東京未来フロンティアツアー2日目C班 「物質・材料研究機構」

東京未来フロンティアツアー2日目C班の10名がつくば市の物質・材料研究機構を訪問した。日本における物質・材料の基礎・基盤的研究開発および重点研究開発を行っているこの機関では多くの研究者、技術者が次世代材料の開発を行っている。材料開発に欠かせない電子顕微鏡やNMRについての講義を受けた後、実際に開発段階の「スーパードライルームでのリチウム空気電池の作製」、「電子顕微鏡を用いた物質同定やハエの体表観察」を体験するとともに研究施設の見学を行った。研究職の方が普段どのように仕事をされているのかを生で見ることができ、研究開発職に興味を深めた。また、隣接するJAXAの施設も訪問し見学した。理系の最先端の研究開発の現場を見学、体験することで現在学んでいる知識がどのように仕事に繋がるのかも感じることができ、刺激を受けた。

  

  

令和4年8月23日 東京未来フロンティアツアー2日目B班 「参議院」「J&J」「アジア開発銀行」

東京未来フロンティアツアー2日目、B班の生徒5名が国会議事堂・参議院議員会館とアジア開発銀行(ADB)駐日代表事務所を訪問した。また、国会とADBの間に、Johnson & Johnsonに勤めている方に貸しオフィスでお話を伺った。

まず、国会議事堂の見学ツアーに参加し、歴史ある議事堂内を見て回った。続いて、本校卒業生で参議院議員である宮崎雅夫 前農林水産大臣政務官とディスカッションを行った。事前学習の内容や質問事項について宮崎議員に答えていただくとともに、主に日本の農業について現状と課題を話していただいた。国会食堂で昼食を取った後、宮崎議員の議員事務室に招待され、談話した。現在の活動だけでなく、本校での高校生活や農林水産省での経験等、一つ一つ丁寧にお話していただいた。

次に、ジョンソンエンドジョンソン株式会社メディカルカンパニーCERENOVUSの福浦晃氏から、Johnson & Johnsonの起業紹介や外資系企業、転職についてお話をしていただいた。国内企業と外資の違いについて働き方や評価などを主な内容として説明していただいた。

最後に、霞が関ビルにあるADB駐日代表事務所を訪れた。はじめに広報担当の柴田氏と河津氏からADBに関わるようになった背景等の経歴について英語で説明してもらった。次に、駐日代表代行の田村由美子氏から「Asian Development Bank—Mission, Structure, Strategy, and Operations」というテーマで英語で発表していただいた。ADBが市中銀行や国連機関、JICA等のODAと異なる点や融資の仕方、融資先の国や内容の内訳について説明していただいた。続いて、事前学習の生徒からの質問に答えていただく形でADBの立場から世界情勢について議論した。

  

   

令和4年8月23日 東京未来フロンティアツアー2日目A班 「日本アセアンセンター」「国連UNHCR協会」「アジア経済研究所」

東京未来フロンティアツアー2日目A班の8名は、まず、日本アセアンセンターを訪問した。日本アセアンセンターは、ASEAN加盟国政府と日本国政府との協定によって1981年に設立された国際機関である。日本とASEAN諸国間の「貿易」「投資」「観光」という3分野における経済促進と、「人物交流」の促進を主な目的として活動されている。加盟各国の説明を受けたあと、質疑応答を行った。また、マレーシアから来られている職員の方とも交流をすることができ、ASEAN諸国についての理解を深めることができた。

次に、国連UNHCR協会を訪問した。国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関である UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口である。資金調達活動と日本社会における難民問題の認知と理解を拡大するためのコミュニケーション活動を行っている。お話を伺いながら、他人ごとではなく、現在ある様々な世界的な課題に取り組んでいかなければならないと強く感じた。

最後に訪問したのがアジア経済研究所だ。日本における開発途上国研究の拠点として、世界への知的貢献をなすことを目指し、それぞれの地域に密着した知識 を収集・蓄積し、開発途上国の実態と課題を明らかにし、開発途上国に対する深い理解を広く国内外に提供されている。アジア経済研究所の概要紹介、ベトナムの農村経済学を専門とされている研究員の方による講演、質疑応答、ライブラリアンの仕事についてのお話、館内見学と盛りだくさんの研修を受けた。研究についてのアドヴァイスを受け、ヒントをいただくこともでき有意義な時間となった。

  

  

令和4年8月22日 東京未来フロンティアツアー 「東京武陽会交流会」

東京未来フロンティアツアー1日目参加者23名がJETRO東京において「東京武陽会との交流会」を行った。東京で活躍する兵庫高校卒業生で構成される東京武陽会からは、明治大学教授の長嶋比呂志先生(61陽会)はじめ、13名の方が多忙の中、後輩のために交流会を企画し参加してくださった。

東京武陽会で用意していただいた食事をいただいた後、7グループに分かれて交流会を行った。交流会では、生徒が現在取り組んでいる研究内容を説明し、それに対するご意見や助言をいただいた。研究分野の専門家の方を紹介してくださる方もおられ、生徒は自身の研究を深めていくためのきっかけをいただき、研究に対する意欲を強めた。その後は、先輩方の兵庫高校生時代の思い出話と、現在の兵庫高校の様子をお互いに語り合い、非常に盛り上がった。

  

  

 

令和4年8月22日 東京未来フロンティアツアー1日目B班 「カワサキロボステージ」「日本科学未来館」

東京未来フロンティアツアー1日目B班の11名がお台場にある「カワサキロボステージ」へ訪問し、産業用ロボットの見学・体験をしたあと、75分の研修を受けた。見学・体験では、ロボットアームが持ち上げる座席に座り、360度景色が見渡せるVRゴーグルをかけることで、本当に大空を飛んでいるような感覚を体験した。また、似顔絵を描くロボットはたったの5分で、本人の撮影から完成までさせる様子を見て、技術力の高さに驚いた。そのあとの研修では、川崎重工業㈱の沿革や、産業用ロボットの世界市場、ロボットが活躍する社会など、ロボットがいかに身近で貢献しているかを考える良い機会となった。

「日本科学未来館」では、最先端の科学や技術はもちろん、様々な未来の実現に向けて取り組む研究者の熱心な研究に触れた。

  

令和4年8月22日 東京未来フロンティアツアー1日目A班 「量子科学技術研究開発機構」

東京未来フロンティアツアー1日目、A班の生徒12名が千葉県千葉市にある量子科学技術研究開発機構を訪問した。量子論や量子技術に基づく量子物質・材料科学、生命科学等の先端研究開発を行っている機関である。機関での幅広い研究分野について説明を受けた後、線形加速器「シンクロトロン」を見学し、各分野に分かれて体験実験や見学を行った。

A班では、「量子計測技術の体験」を行った。生命現象を「量子技術」によって捉える研究開発を進めているチームのラボを見学し、その計測方法を実験的に学んだ。

B班では、「PET装置開発現場の体験」を行った。最先端の病気の根源に迫る画像診断方法の1つであるPETについて、投与した検査薬から出てくる放射線を、体外にある検出器で実際に計測した。 

C班では「認知症基礎研究体験」を行った。認知症のモデルマウスの脳切片を染色し、脳に溜まる異常たんぱく質“タウ”を可視化する実験を体験し、事前学習した内容を実際に見ることで、脳疾患について興味関心をさらに深めた。

D班では「水を用いた放射線被ばく量測定実験」を行った。生体内に多く存在する水を利用し、素早く正確に被ばく量を測定する方法について実際に測定を体験しながら、その重要性を学んだ。

  

  

令和4年8月19日 東京未来フロンティアツアー事前学習⑦ オンライン講義「「量子」ってなーに?」

本校PC教室において、東京未来フロンティアツアーで「量子科学技術研究開発機構」を訪問する創造科学科6期生(2年生)、GR選択者(2年生)12名が、事前学習の一環としてオンライン講義を受けた

。以前の事前学習の際、「量子」についえ自分たちで調べても調べたが、その本質を理解することが難しかったことを受け、量子科学技術研究開発機構側のご厚意でオンライン講義を行っていただいた。これまで学んだニュートン力学では説明ができない量子の性質や挙動についてかみ砕いて説明をしていただいた。

不確定さや曖昧さ、粒子と波の性質を併せ持つなど、これまで学んできた概念とは全く異なる量子の理解に苦労しながらも理解を深めることができた。この基礎知識をもとに、訪問先では量子がどのように活用されているのかを体験する。

  

令和4年8月5日 東京未来フロンティアツアー事前学習⑥ 「アジア開発銀行」「参議院会館」

本校PC教室において、東京未来フロンティアツアーで「アジア開発銀行」、「参議院会館」を訪問する創造科学科6期生(2年生)、GR選択者(2年生)5名が、事前学習を行った。

事前学習では、グループごとに事前に調べた各機関がどのような組織なのか、どのような取組が行われているのかを発表し合って情報を共有した。「アジア開発銀行」では、実際にどのような国にどのような目的で融資されたのか具体例を出し、アジア開発銀行の果たす役割などを議論した。「参議院会館」では、ツアーで訪問する本校の卒業生である「宮崎雅夫議員」について、どのような議員活動をされているのかを調べた。特に力を入れておられる活力ある農山漁村づくりについて詳しく調べ、当日の質問を考えた。

  

令和4年8月4日 東京未来フロンティアツアー事前学習⑤ 「物質・材料研究機構(NIMS)」

本校ゆ~かり館において、東京未来フロンティアツアーで「物質・材料研究機構(NIMS)」を訪問する創造科学科6期生(2年生)、GR選択者(2年生)10名が、事前学習を行った。

事前学習では、物質・材料研究機構(NIMS)のフェロー・理事長特別参与である魚崎浩平先生によるオンラインでの講義を受けた。日本の抱えるエネルギー事情や、その解決策の1つとして物質・材料研究機構でも研究が進められている次世代電池についてお話いただいた。

世界で初めて電池が作れられてから現在までの電池開発の流れや、今後の電池開発の指針などを聞くことができた。これらの基礎知識をもとに、実際に訪問した際には、電池の製作を体験させていただく予定である。電池の化学的な仕組みについてはまだ学習していないが、このツアーでの学びと化学での学びが繋がっていく。

また、物質・材料研究機構(NIMS)の施設について、魚崎先生自身の兵庫高校生時代のお話や、卒業後の研究の歩みについてもお話を伺った。