日誌

ソフトボール部BLOG

【ソフトボール部】東播淡路春季ソフトボール大会優勝!!

 5月3日(月)に東播淡路春季ソフトボール大会が開催されました。

今大会は、総体のシード権を獲得しているため、最終日の決勝リーグ戦からの参加となります。

 決勝リーグ戦の結果は以下の通りです。

  第一試合  西脇  2-12 社

  第二試合 東播磨  8-6  社

  第三試合 東播磨 10-2  西脇

社高校戦は、3点ビハインドの中、全員で集中力を切らすことなく、繋いで逆転勝ち。

西脇高校戦も、ひがはりらしく良い雰囲気で試合を進め、勝利を勝ち取ることができました。

結果、決勝リーグ戦全勝で、見事優勝することができました。

 コロナ禍の中、例年に比べ、練習試合の量も少なく、調整の難しい試合でしたが、チーム一丸となり、優勝をつかみ取ることができました。

チームに1年生も加わり、より一層活気も出てきています。

5月29日から開催される総体まで、残りわずかです。このチームで活動できる時間を大切にし、総体に向かっていってほしいと思います。

引き続き、応援よろしくお願いします。

【ソフトボール部】県新人大会第3位!!

 11月7日、8日、9日に、淡路佐野運動公園にて、令和2年度兵庫県新人ソフトボール大会が開催されました。地区予選を勝ち抜いた32校が参加。
 9月の東播淡路地区の予選で優勝し、シード校として、一戦必勝を合言葉に、今大会に挑みました。
 結果は以下の通りです。
 
 一回戦 東播磨 7-0 姫路商業(5回コールド)
 二回戦 東播磨 9-0 社(5回コールド)
 準々決勝 東播磨 18-0 尼崎双星 (4回コールド)
 準決勝 東播磨 3-11 神戸常盤(5回コールド)

 
 
 

 
 
 
 
 
 初戦は、部員の固さが目立ち、思うような試合運びをすることができませんでしたが、2回戦、準々決勝は、ヒガハリらしいプレーが随所に見られました。
 準決勝では、昨年度の準決勝で惜敗を喫した神戸常盤です。連戦の疲れもあり、ミスが目立ち、敗戦となりました。

 

 

 結果は、2年連続県新人大会第3位となり、西川と椎葉の2名が大会優秀選手に選ばれました。 
 今大会は、「一戦必勝」を合言葉に、全ての試合で攻守交代の全力疾走を心掛け、部員たちはひとつひとつの試合を丁寧に戦いました。準決勝で敗戦の悔しさを経験できたことが、今大会の大きな収穫であると感じています。多くの保護者の方々の応援に後押しされ、ベンチの控え部員、マネージャーとともに、部員全員が笑顔でプレーをして、この結果を得ることができました。

 これからも、応援されるチームを目指して、頑張ります。

【ソフトボール部】今日はハロウィン

 10月31日は、ハロウィンです。
ひがはりソフト部、毎年恒例の仮装練習です。

 部員たちは、中学校時代のユニフォームでの練習です。
高校からソフトボールを始めた部員は、その部活動の服装です。
柔道部バスケ部陸上部音楽部バレーボール部などなど。。。
 少し窮屈に懐かしいユニフォームを身にまとい、初心に戻り練習に打ち込んでいました! 


 来週の県新人大会を控え、日頃の練習の緊張感から解き放たれ、リラックスして練習をすることができました。
 最良の雰囲気で、県新人大会に挑みます!!

【ソフトボール部】東播新人ソフトボール大会優勝!!

 9月19日、20日、26日に、東播淡路新人ソフトボール大会が開催されました。
新チームを立ち上げてまだ一か月余りですが、8月に開催された夏季大会で優勝し、シード権を獲得し、今大会に挑みました。
 決勝までの結果は以下の通りです。
  二回戦 東播磨 21-0 明石城西
  三回戦 東播磨   6-0 淡路三原
  準決勝 東播磨 11-0 社

 今大会のテーマは「我慢」です。初戦から、粘り強い守りから、攻撃のリズムをつかみ、試合の主導権を握ることができました。準決勝では、総体代替え大会で敗れた社高校に勝つこともできました。

そして、決勝戦は、小野高校との対戦となりました。








決勝戦の結果は
 東播磨 4 - 0 小野
 2年ぶりの優勝となりました。




 初戦から決勝まで、すべてが完封の試合となり、最後まで集中力を切らさずに我慢して、守り切ることができました。
まだまだ未熟なチームですが、一戦ごとにチームの一体感も生まれ、成長を感じることができました。ベンチの控え選手やマネージャーを含め、全員で勝ち取った優勝であると思います。
 また、保護者の方をはじめ、多くの方々に支えられています。本年度も、みんなから応援されるチームを目指して頑張ります。

11月には、県大会が開催されます。
引き続き、応援よろしくお願いします。

【ソフトボール部】総体代替大会

 8月2日に社高校にて、令和2年度兵庫県総合体育大会代替大会ソフトボール競技が開催されました。
 新型コロナ感染症の影響で、総体は中止になりましたが、関係者の尽力により、2か月遅れの大会となりました。
 
結果は以下の通りです。
2回戦
 東播磨 2-4 社(6回80分時間切れ)
 健闘しましたが、惜しくも敗戦となりました。
I








残念な結果になりましたが、3年生が最後まで残って、この時を迎えることができたことに感謝しています。
合宿や各種大会が中止になり、不安がいっぱいの中、気持ちが切れそうになりながら、最後まで頑張り抜くことができました。この3年間、3年生の9人は本当に仲が良く、心からソフトボールを楽しんでいました。この仲間だからこそ、良いことも苦しいことも共に乗り越えることができたと感じています。
最後の最後まで、みんなに応援されるチームでした!

また、保護者の方々にも、熱い応援、送迎など大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

3年生の意思を受け継いで、新チームが始動します。
引き続き、応援よろしくお願いします。

3年生のラストショットです!3年間、お疲れさまでした。