2019年11月の記事一覧

京都大学 学びコーディネーターによる出前授業

 11月28日(木)3年次クロスカリキュラム゛SDGs club“において京都大学による出前授業『「京大らしく」考えるSDGs』が行われ、京都大学が実施している学びコーディネーター事業から安藤悠太先生に来ていただきました。安藤先生は学部生の時からエコ~るど京大という団体に所属して環境保護活動を続けてこられ、現在はSDGsの視点を持ちながら研究者としてのものの見方を学んでおられます。
 前半は、幅広い角度から今まで学んできたSDGsの新たな見方を示す講義とグループワーク、後半は生徒が制作したSDGs啓発のための動画作品に講評をしていただきました。
<生徒の感想>
「クロスカリキュラムでSDGsについてしていたけれど、深く広い視野をもって考えられていたかと言われたらそうではないと思いました。自分にとっても身近な問題であるとか実現するためには何ができるかなど考えることが難しくて2030年までに実現することは可能なのかなと思いました。」「一番びっくりしたのは安藤先生が私たちの発表したことに対してすぐに対応してくださったり、アドバイスしてくださったりしたことです。的確で詳しいアドバイスをありがとうございました。」「そもそもの本質を理解していない部分があってもっと詳しく調べて本質を見出すべきだと思いました。こうこうでの学びと大学での学びの違いを知って、来年進学して興味のあることを深めて学びたいと思いました。」

花丸 税に関する高校生の作文

 本校生が「税に関する高校生の作文」で以下の賞を受賞しました。

 1年 苫田 渚乃 さん
 「現代の若者が考えるべきこと」
 公益社団法人 須磨納税協会会長賞


3年次クロスカリキュラム最終回

 10月から始まったクロスカリキュラム探究も10月28日(木)で最終回となりました。最後の締めとして、発表をしている講座も多くありました。普段の授業とは違い、自分で調べて問題を解決したり、作品を制作したり、異なる分野の教科の側面から物事を考えたりする内容なので、授業なのに(?)楽しく美味しいという体験をしました。これからの人生の問題解決のヒントになることでしょう。


異文化理解 第3回留学生との交流

 11月27日(水)の「異文化理解」の時間に、神戸学院大学ポートアイランドキャンパスを訪れ、イギリス、中国、ロシア、韓国、香港出身の留学生11人と交流授業を行いました。
 トピックごとにグループを入れ替え、各国のステレオタイプや学校生活などについて意見交換を行いました。中国の寮生活やロシアの宿題事情など、興味深い話を聞くことができ、また日本の文化や国民性についても話し合うことができました。言語能力だけでなくコミュニケーションスキルの重要性も確認でき、有意義な時間が過ごせました。
 最後に本校OB(29回生)でもある職員の方にキャンパスを案内してもらい、充実した施設を見学することができました。

2年次課題研究【くらし・生活系列】

 11月18日(月)に、くらし・生活系列では中間発表を行いました。選択者は、主に食がテーマの者とそれ以外のテーマに分かれて研究を進めています。食生活では、「スポーツと食生活」「チョコレートの効能」「おからについて」などがあり、食以外のテーマでは「睡眠の質(夢)」「児童虐待の心理について」「流行のリバイバル」「日本人と韓国人の高校生の生活習慣の違いについて」などです。
 中間発表では、現在の進捗とこれからの予定を発表した後で、メンバーによる助言を参考にして、今後の計画の見直しを行いました。課題研究も後半になり、メンバー全員が、それぞれのペースで「やる気スイッチ」が入っています。

3年次クロスカリキュラム探究【SDGs club】

 11月7日(木)・14日(木)、3年次「課題研究」のクロスカリキュラム探究 “SDGs club” のメンバーで、昼休みに「世界食料デー・ソーシャルアクション おにぎりアクション2019」に参加しました。「おにぎりアクション」とは、おにぎりの写真を撮ってその写真をSNSに投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当する100円が寄付され、アフリカ・アジアの子どもたちに給食が届くというプロジェクトです。
 生徒たちは「おにぎり」を持参し、和やかな雰囲気で写真を撮り合っていました。みんな良い表情でおにぎりを手にポーズをとり、その写真にコメントを付けて投稿します。自分たちの写真を投稿することが社会貢献に繋がるため、身近なことから世界に目を向けるきっかけになったと思います。生徒の中には友だちや後輩に呼びかけ、自主的に「おにぎりアクション」に参加する生徒も出てきて、今後の展開が楽しみです。

3年次クロスカリキュラム探究【SDGs club】

 11月9日(土)、3年次の「課題研究」の時間に、クロスカリキュラム探究の第3回目の授業が実施されました。
 “SDGs club” の講座では、公益財団法人AFS日本協会より講師として曽輪沙耶加さんをお招きし、国際理解教育出前講座を実施していただきました。インド・ネパールの留学生に母国のことを質問したり、SDGsに関するクイズをしたりと、英語を使いながらやり取りし、有意義な時間を過ごせました。生徒たちはプログラムを通して楽しく世界の現状について学ぶことができ、あっという間の1時間でした。
 生徒の中には、今までにも増して「自分の語学力を磨きたい」「海外に留学したい」という想いが強まった生徒もおり、貴重な経験となりました。

2年次課題研究【芸術・スポーツ系列】

 10月31日(木)・11月1日(金)の2日間にわたって、芸術・スポーツ系列の芸術ゼミにおいて、中間発表を行いました。写真集の制作をしたり、だまし絵の制作をしたり、準備体操と楽器の音の関係を研究したりするなど、生徒はそれぞれに自分の研究や制作の発表をしました。発表を通して、皆いろいろと考えながら制作しているということを実感することができました。
 金曜日は、中国からの短期留学生も授業に参加しました。美術の授業というと絵を描くだけと思っていた留学生には、一人ひとりが違うことに取り組み、その成果を共有する授業は初めての体験だったようで、生徒の作品のことを美しいと言ってくれました。

2年次課題研究【情報・科学系列】

 11月6日(水)に、情報・科学系列の中間発表を行いました。まだ研究に取りかかっていない生徒や、すでに何らかの実験をしある一定の成果を出せている生徒など、進捗状況は様々でしたが、お互いの成果を見てアドバイスをしたりされたりする中で、論文完成への意欲は高まってくれたかと思います。これから2年の最後まで、実験結果の集約と整理、論文の執筆に向けて頑張っていく予定です。

子どもの発達と保育 ふれあい育児体験

 2年次選択科目「子どもの発達と保育」の授業では、10月30日(水)、11月6日(水)に北須磨保育センターにおいて「ふれあい育児体験」に参加しました。
 0・1歳児クラスでは離乳食や着替えの補助、2・3・4歳児クラスでは午後の昼寝から目覚めた園児の保育補助、5歳児クラスでは絵本の読み聞かせを行いました。先輩が就職しているというご縁もあり、生徒たちは自分の進路を考える上で貴重な体験となりました。乳幼児クラスのゆったりとした雰囲気の中で参加したメンバーや活発な5歳児クラスに参加したメンバーがおり、終了後はそれぞれの様子や体験談を共有しながら帰路につきました。