2019年1月の記事一覧

異文化理解講演「ペルー文化」

 1月30日(水)、ひょうごラテンコミュニティ講師の山内リリーさんをお迎えし、ペルーの文化や歴史についての講演を行いました。
 ペルーはセルバ(ジャングル地帯)・コスタ(海岸地帯)・シエラ(山岳地帯)から成り、それぞれに特徴ある食文化や生活様式があることや、スペインの植民地時代から独立までの道のり等について分かりやすく教えていただきました。ペルーは先住民だけでなく、スペインやアフリカなど様々な地域にルーツがある多民族国家であることがよく分かりました。
 ペルーなど南米から日本へ移住した子どもたちへの学習支援や、スペイン語が話せない子どもたちへの母語教育の重要性にも触れられ、貴重なお話を聞くことができました。

魅力・特色づくり活動発表会 参加

 1/19 (土)にあかし市民広場で行われた「平成30年度高等学校魅力・特色づくり活動発表会」においてポスター発表を行いました。この発表会は、県下のさまざまな校種の高等学校のうち約30校が集い、自校の特色ある活動を発表しあうというものでした。自分たちの発表を行うだけではなく、他校の発表を聞き新たな知見を得ることも目的の1つです。
 本校からは、3年次生3名が参加し、産業社会と人間・課題研究を柱とした活動の概要と課題研究の内容を発表しました。1回目の発表では緊張した様子で言葉が詰まることもありましたが、2回目の発表では反省を活かせた発表を行うことができました。見てくださった方からの質問にもうまく答えられていたように思います。さすが3年次生という感じでした。
 引率した我々としても、自校&他校の発表を見聞きして、新たに学ぶことが多い発表会でした。これらを今の1&2年次生にフィードバックしたいと思います。

pic1pic2
pic3pic4


阪神淡路大震災復興支援 募金活動

 1月19日(土)午前中に、妙法寺駅前で阪神淡路大震災復興支援のための募金活動を行いました。募金活動をしていく中で、地域の皆様から温かい声をかけていただいたり、当時被災された方から貴重なお話を聞かせてもらったりしました。このような活動を通して、震災を経験していない世代が経験された方から生の声を聞き、後世に伝えていくことが、震災を風化させないことの一歩へとつながると思います。
 なお、皆様からいただいたお金に関しましては、神戸新聞厚生事業団に寄付し、阪神淡路大震災の支援金に使っていただく予定です。本当にご協力ありがとうございました。


星 阪神淡路大震災 追悼行事

   本日、1.17阪神淡路大震災追悼行事を行いました。
 「朝の読書」の時間帯に、放送による以下のような校長講話があり、全員で黙禱をささげました。

    ・阪神淡路大震災から24年目を迎え、追悼の行事は減少しつつあるが、震災の事実 
  を風化させないだけでなく、震災で得た教訓を今後の防災・減災の取り組みに生か
  していくことが求められている。
 ・いつもやっていないことは、いざとなったらできない。
 ・周囲の物や人について、知っておくことが安全安心につながる。
 ・防災に関する知識や体験を自分でも何か行動に移してみる。

 本校生、一人一人が防災・減災の担い手となってくれることを望んでいます。

大雨 神戸学 第8回 フィールドワーク

 1月16日(水)グリコピア神戸に行ってきました。
 神戸とお菓子の歴史は明治維新とともに始まりました。来日した外国人が現在の神戸元町に居住し、貿易業等を営むようになり、その際に洋菓子を持ち込みました。
 神戸は「亀井堂總本店」や「二宮盛神堂」(大正8年頃閉店)、「神戸風月堂」、「ゴンチャロフ」、「ユーハイム」、「H・フロインドリーブ」など多くのお店があることからも分かるようにお菓子との結びつきが大変深い地域です。神戸にとってお菓子は”デザート”という枠を越えて”文化”になっています。
 先週の神戸学の事前学習で、神戸とお菓子の歴史を学び、本日のフィールドワークでお菓子製造を見学することによって、より深く「神戸とお菓子」を考え、神戸の文化を学びました。


病院 スポーツ医療と栄養

 1月15日(火)「スポーツ医療と栄養」では、柔道室で実技を行いました。
 今日のテーマは姿勢。姿勢チェックから始まり、姿勢に関連した筋肉や骨格の復習、姿勢バランスを保つための体幹トレーニング、姿勢を保つために使われる筋肉のケアなどを専門的に学びました。冷え冷えとした畳の上でしたが、姿勢が人の第一印象を決める重要な要素であることを学び、今日で最後の授業となる3年生をはじめ、タロー君(骨格模型)が見つめる中、全員が積極的に取り組んでいました。

給食・食事 ハングル 調理実習

 1月15日(火)「ハングル」の授業で、調理実習を行いました。「ハングル」では、文字の読み書きや短い会話ができるようになることが目標ですが、一方で、文化学習も大切にしています。調理実習以外にも、テコンドー、チマチョゴリ着用体験、映画鑑賞などにも取り組んでいます。
 今日はタッカルビを作りました。辛くなりすぎないようチーズをたっぷりと加えてマイルドな仕上がりになりました。学校長も見学・味見をして、料理の味に感動されていました。

星 読書感想画コンクールに応募しました

本を読んで、その感想を絵に描いて表現する「読書感想画」のコンクールに応募しました。
応募したのは「第30回読書感想画神戸支部コンクール」です。
本校からは代表として選出された4名が応募し、1名が入選、2名が佳作に選ばれました。

◎入選
2年 女子
作品名『山猫の目にうつるもの』
宮沢 賢治 著 「注文の多い料理店」を読んで  


〇佳作
2年 女子
作品名『制服と戦争』
ジョン・ボイン 著 「ヒトラーと暮らした少年」を読んで

〇佳作
3年 女子
作品名『花と散る』 
柳瀬 みちる 著 「明日、君が花と散っても」を読んで


会議・研修 3年次後期クロスカリキュラム探究 最終日‼

   10月から開始した3年次後期クロスカリキュラム探究も、いよいよ今日で最終日です!
  「SDGsゼミ」では、フィリピンの La Salle Green Hills Grade High Schoolの生徒と2回目のTV会議を実施しました。
 今回は各グループが制作した持続可能な開発に関する動画を相手校と共有し、内容について意見交換を行いました。また、La Salle Green Hills Grade High Schoolでは本校と同様、課題研究を行っています。本日のTV会議を通して、お互いが研究してきたテーマに関する情報を交換したり、疑問を解決するチャンスを得たりして有意義な時間を過ごすことができました。

【生徒の声】

「授業で学んだ知識は実際に使うことで定着すると感じました。」

「自分の考えをうまく伝えるためには、もっと経験が必要だと思いました。」

「研究テーマの疑問点に関して生の声を聞くことで解決に繋がった!」





花丸 第3学期始業式

 新年を迎え、第3学期始業式を行いました。
 学校長からは、箱根駅伝の中継中、本校31回生の生徒が快走する姿がテレビに映り、新年早々うれしい気持ちになったというお話の後、「5月に元号が変わるが、フェイクが世にはびこる中、次の時代は本物が要求される時代になると思う。一つの分野、一つの道の第一人者、オーソリティを目指してほしい。」という講話がありました。
 その後、部活動で頑張った生徒たちの表彰伝達を行いました。
 全校生が集合しても、身震いしたくなるような体育館の寒さでした。