2018年5月の記事一覧

大雨 神戸学 第2回 フィールドワーク

 本日は神戸市立須磨海浜水族園に行ってきました。
 神戸市立須磨海浜水族園は「スマスイ」という愛称で親しまれ、平成27年度神戸市の公立施設等の来場者数NO.1(経済観光局調べ)の施設です。
 残念ながら前回と同じく雨模様でしたが、来場者を魅了する仕組みを目にすることが出来たおかげで、生徒達は楽しみながらも、テーマパーク・アミューズメントパークについて、コンセプトが生命であるということや運営の秘密など多くの発見をしました。

異文化理解 校外学習

 5月30日(水)の異文化理解の授業で、生徒14名がJICA関西(国際協力機構 関西国際センター)訪問プログラムに参加しました。
 ODA(政府活溌援助)の実施機関であるJICAの取り組みを教えていただき、発展途上国の開発問題について考える良い機会となりました。また、看護師として派遣経験のある青年海外協力隊OBの柳澤さんから、インドネシアの社会事情や活動についてお話を拝聴しました。現地での健康教育や高齢者の検診・介護などの経験から、帰国後もアジア地域の高齢者介護とリハビリの普及に取り組む姿勢に、生徒は非常に感銘を受けました。
 最後に広報展示室の民族衣装も試着させてもらい、有意義な学習になりました。

産業社会と人間 系列選択ガイダンス

 5月25日(金)の「産業社会と人間」の時間に、系列(課題研究を行う学問分野)選択のためのガイダンスを行いました。近隣の約20大学から講師をお招きし、各学問分野の魅力や研究内容、関連する職業、求められる適性や心構え等についてお話していただきました。2学期に系列選択を控えた1年次生にとって、各学問分野の特徴や研究内容について知る良い機会となりました。

会議・研修 教育実習が始まりました。

 本日より平成30年度教育実習が始まりました。
 本校の第30回生6名が3週間(1名は2週間)にわたり実習を行います。
 国語・地歴公民・理科・保健体育と教科はさまざまですが、教師を目指す卒業生が母校に一堂に会したことで、文化祭を前に本校はますます活気づいています。
 本校の卒業生と同じ職場で働く日が早く来れば…と、心待ちされます。


 

お知らせ 生徒会選挙

 本日5月18日は、第1学期中間考査の最終日でした。
 試験終了後、全生徒が体育館に集合し、生徒会役員の立会演説会・投票を行いました。本校では「政治的な教養を育む教育」として、大切にしている行事です。生徒たちも考査で疲れているにも関わらず、集合から司会進行まで主体的に行い、候補者たちの演説に真剣な姿勢で聴き入っていました。

お知らせ 「地域とともに」の部屋を新設しました

 今年度、生徒のふるさと兵庫を愛する態度を醸成するとともに、将来、兵庫県を支える人材づくりを推進する、「高校生が考える県政150 周年記念事業」が実施されました。
 本校の取り組みは、地域貢献活動を一歩前進させ、独自の視点で兵庫県の魅力を考察し、地域活性化に向けた提案を地域に対して行うことです。様々な地域の行事や取り組みに企画段階から参加させていただき、高校生の目線や感覚が生かされるよう提案させていただきたいと考えています。
 生徒たちや先生方の奮闘の様子を、この部屋でお届けできたらと考えています。
 トップページ左のメニューよりご覧いただけます。

3年次保護者会

 5月14日(月)14時よりセミナールームで保護者会をおこないました。進路ガイダンス部より、入試制度、昨年の動向などについて話がありました。年次より、34回生の様子などを進路・生徒指導担当より話をしました。多くの保護者の方にご参加いただきました。

課題研究I(総学) ゼミガイダンス

5/7(月)6限にゼミガイダンスがそれぞれの教室で実施されました。
本校の課題研究は、2年次生240名全員が20のゼミに分かれ、研究及び制作を1年かけて行います。ゼミガイダンスでは、担当教諭が自分のゼミの特徴や学問分野との関連性等を説明され、生徒は真剣に話を聞いていました。



35-2課研_ゼミ一覧PDF ← 詳細は、コチラをクリック

小雨 神戸学 第1回 フィールドワーク

 本校の特色ある授業、人気の神戸学で、本年度最初のフィールドワークに行きました。
 神戸学は、神戸の史跡・観光地・自然環境を学習し、調査することで神戸に関する知識を身につけるとともに、郷土愛を醸成する授業です。今年度は、神戸学の授業の一環として「観光甲子園に参加し、神戸の魅力を伝えることはできないか」と、まず身近な歴史的名刹である須磨寺を訪れました。

 平敦盛遺愛の青葉の笛や弁慶の鐘、さらに敦盛首塚や義経腰掛の松など、多数の史跡に加えて、「おもろいもんめぐり」と呼ばれるご住職の粋な演出もあって生徒は大変楽しく学べたようです。

 今年度は、特色ある授業の様子をいろいろとお伝えできればと考えています。