2018年2月の記事一覧

ひらめき クロスカリキュラム探究 Let’s think about world issues in English with ICT!

  先日、3年次後期クロスカリキュラム探究で、本校のゼミ生20名とStella Maris College of Quezon City, Philippinesの生徒40名が世界の環境問題や移民問題について、テレビ会議システムを使ってプレゼンテーションや意見交換を行いました。
  カリキュラムの枠組みを超えたプロジェクトベースの活動を通して、言語運用能力、論理的思考力、協働力、表現力等、様々な力を伸ばすことができました。自分たちのアイディアを熱心に相手校の生徒に伝えたり、解決策や疑問点について積極的に話し合う中で、両国の生徒たちは世界規模の問題を国を越えて共に解決することの意味を再認識したことと思います。
   A challenge to problem solving and becoming a 21st century learner has just started. We will continue to communicate about world issues on poverty, education, environment and many more. We would like to continue the small step we all have started.

                 

お知らせ 第20回全国中学高校Webコンテスト 

標記のコンテストで                      
  3年2組 中村 萌   3年3組 馬場菜摘
  3年5組 八木芽生   2年1組 湯淺圭輔
の4名がファイナリストとして、2月17日(土)に行われた全国大会(最終プレゼン)において、見事金賞を受賞いたしました。本校講師の橋口先生の指導のもと作成したもので、本年度から始まった「朝の読書」の体験を通して様々なことを考察しています。
               読めばWAKARU ←作品はこちらから

お知らせ ゆずりは賞 受賞 ウエイトリフティング部


    ゆずりは賞は、県下の学校教育及び社会教育の分野で、その行為が多くの人々の模範となるような立派な行為をした者を教育長が表彰し、その功績を讃えるものです。
    このたび、本校3年生 藤田あかね・田宮淳美 が受賞いたしました。二人はウエイトリフティング部に所属し、輝かしい記録を残しました。ウエイトリフティング部の活動につきましては、トップページ左 メニュー>部活動>ウエイトリフティング部よりご覧になれます。

お知らせ 本校が2年連続「文部科学大臣賞」受賞!!

 第10回田辺聖子文学館ジュニア文学賞において、本校が2年連続
〈学校賞部門〉で、文部科学大臣賞を受賞いたしました。
 これは、読書・文化活動の向上推進に尽くし、特に優秀な成績を収めた学校に贈られる賞です。本校における「朝の読書」「図書委員会の活動」「産業社会と人間での企業訪問」「課題研究における論文作成」「国語表現における多彩な授業」等が今年度も認められました。

お知らせ 第20回田辺聖子文学館ジュニア文学賞

 標記のコンクールにおいて、本校3年生が入賞しました。
 〈入賞部門等〉
  エッセイ部門(高校生の部) 佳作
   3年5組 鹿島 奈央 
   作品 「私の耳」
 なお、これは3年生選択科目「国語表現」の授業で、「エッセイ作品を仕上げる」課題に取り組み、標記のコンクールに応募したものです。

お知らせ 第50回手紙作文コンクール 受賞の報告

 日本郵便株式会社主催の標記のコンクールにおいて、本校3年生の女子生
徒2名が、入賞いたしました。これは、将来を担う子どもたちが手紙に親しみ、文章表現によるコミュニケーションを通じて豊かな心をはぐくむことを目的としています。
 3年生選択科目「国語表現」の授業で「手紙の書き方」を学習し、その作品を応募しました。
〈入賞部門〉
 ① はがき作文部門(高校の部) 銅賞  〈応募総数1,752中  入賞20作品〉
    3年4組 山田 桜子 さん 
 ② 絵手紙部門(高校の部) 佳作    〈応募総数3,374中 入賞43作品〉 
    3年4組 永田 真理 さん
 ※なお、①②とも、受賞したのは兵庫県では本校のみです。

第16回総合学科発表会

 210日(土)第16回総合学科発表会を開催しました。

 来賓の方々、中学生諸君とその保護者の皆様、地域の皆様など多くの方々に鑑賞していただき、舞台上で日頃の学習成果を発表した生徒たちも、授業で製作した作品を展示発表した生徒たちも、皆様の熱い視線に大きな力をいただくことができました。



 本校生徒にとっては、自分が選択していない授業の発表を聴く機会を得て、本校の選択科目の多様性を改めて感じ、総合学科の魅力を再認識した様子でした。また、本校の特色である課題研究の発表においては、3年次生の発表を聴くことが、在校生にとって今後の自らの課題研究の進め方について改めて考え直す良い機会となったようです。



 お足元のお悪い中、本校までお越しいただきました皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

お知らせ 第20回全国中学高校Webコンテスト

第20回全国中学高校Webコンテスト 高校生の部で
  3年2組 中村 萌   3年3組 馬場菜摘
  3年5組 八木芽生   2年1組 湯淺圭輔
の4名がファイナリストとして、2月17日(土)全国大会に出場することになりました。本校講師の橋口先生の指導のもと作成したものです。

             読めばWAKARU ←作品はこちらから

本年度から始まった「朝の読書」の体験を通して様々なことを考察しています。

花丸 県総合学科高等学校研究発表会に参加

 2月3日()に伊丹北高校で行われた県総合学科高等学校研究発表会において、2年次生の7名がポスター発表を行いました。本校では、2年次の課題研究Ⅰにおいて、1人1冊研究に関する本を読み、その内容をポスターにまとめ、発表&質疑応答する「ブックトーク」を行っており、その様子を模した発表を行いました。予期せぬことが多々ありましたが、生徒は臨機応変に動き、堂々と発表していたのが好印象でした。今週末10()に行われる本校の総合学科発表会につなげていきたいと思います。

生徒の感想は コチラ


ken1ken2ken3ken4