活動の記録

We made some beautiful cards!

昨年度は台湾の交流校にクリスマスカードを送りましたが、今年度は中国の交流校に文字アートを送ることにしました。本日は、2年生の作品たちが揃いました。メタリックの筆ペンなどを使い、各自楽しく自由に制作しました。送付は来年になりますが、交流相手の笑顔が楽しみです音楽

   

サン・ジョセフ・アビニヨン校(フランス)とオンラインで交流しました

令和3年6月21日(月)、放課後の16時から、フランスのSaint Joseph Avignon(サンジョセフアビニヨン)校の日本語クラスの生徒7名と、本校生2年生と1年生の合計8名が、オンライントークを行いました。フランスのサマータイム制度のおかげで、こちらの16時はフランスの朝9時なので、ぎりぎりライブで交流できました。

 フランスの高校は夏休みに入っており、相手の生徒達は自宅からの参加となりました。背景を浮世絵やアニメのポスターにしていたり、しっかりとしたヘッドフォンをつけていたりと、日本よりもオンラインミーティングが根付いている様子が分かりました。

「好きなことは?」「好きなアニメは?」「好きな食べ物は?」など、日常の話題で会話が弾みました。漢字をよく知っている生徒がいたり、オランダ人の生徒がいたりして、驚きました。

このライブトークの前には、現地の高校生たちが日本語で作った俳句を動画で見て、本校生の添削をアンサー動画に編集する非同期交流も行っていました。俳句では、フランス人の感性に新鮮な刺激を受けました。非同期であれライブトークであれ、日本語を通してコミュニケーションが出来ることに安心感を抱きながら、自分たちの視点や視野も広がる貴重な体験が続きました。

時差があるためライブは難しくても、非同期の形で交流は続けるつもりです。個人間の交流も進むだろうと思います。学校交流を利用して、海外の友だちを増やしてほしいものです。

フランスのJacques Prevert 学校の生徒達とZoomで交流

6月1日(火)、放課後を利用して、希望者5名(2年8組)が、以下の活動を行いました。

  • フランスのJacques Prevert (ジャック・プレヴェール)学校の生徒達約10名と、Zoomでチャットしました。

  • 相手校の日本語選択クラスの高校2年生と3年生が、日本語で自己紹介をしてくれました。「BTSが好き」とか「鬼滅の刃が好き」などの話で盛り上がりました。「フランスは良い所だからいつか旅行で来てね」と言ってもらい、早く行きたいと思いました。

  • マスクの上から、笑顔あふれる交流活動となりました。


 

フランスのSaint Joseph Avignon学校とオンラインで交流!

5月25日(水)、試験最終日の放課後を利用して、希望者9名が以下の活動を行いました。

  1.  フランスのSaint Joseph Avignon(サン・ジョセフ・アビニヨン)学校からの動画や静止画のプレゼン資料ウオッチ
    ➤相手校の日本語クラスの高校3年生が、自己紹介動画を送ってくれました。「火山という言葉がとても好き」や「呪術回戦が好き」など、フランス人たちの流暢な日本語を聞きながら、友だち作りを行いました。
    ➤相手校の日本語クラスの高校2年生と1年生は、学校紹介などのパワーポイントを送ってくれました。日本とはずいぶん違う様子に、驚きました。

  2.  その動画や静止画に対して、コメントのビデオレターを撮影
    ➤相手校の高校3年生は6人いるので、個々に届くよう動画を撮影しました。相手に分かってもらうよう日本語を話し、少々緊張しながらカメラに向かいました。あちらの高校2年生と1年生に対しては、小集団でまとめてコメントしました。自分たちで編集も行います。届いた時の反応が楽しみです。

  3. フランス南部のプロヴァンス地方のオンラインツアー
    ➤現地のツアーガイドさんが、無料で旧市街地を案内してくれました。こちらの18時はあちらの9時になります。大変天気が良く、真っ青な空が画面越しに映っていました。レンガ作りの古い町並みがとてもオシャレでした。マドレーヌ屋さんではお客さんの列ができており、八百屋さんでは量り売りの新鮮な野菜たちが並んでいました。あちこちに古い教会が修復されながらも残っており、日本では京都散策のイメージです。海外旅行は出来ないけれど、海外の様子をライブで知ることができ、実際に行ける日が早くきてほしいと思いました。
過去の記録

過去の記録

2020年度(令和2年度)

桃園市大園国際高級中学

本校10名対6名
令和2年12月11日(金)放課後約1時間 Facetimeでトークセッション(英語)
20201211kokusai1.jpg 20201211kokusai2.jpg 20201211kokusai3.jpg
◆ブログ「台湾の高校とオンラインで交流しました!」
●pdf「台湾 大園高校」

モーリー高校

本校10名対4名
令和2年12月14日(月)放課後約1時間 Zoomでトークセッション(英語、日本語)
20201214kokusai1.jpg 20201214kokusai2.jpg 20201214kokusai3.jpg
◆ブログ「オーストラリアのモーリー高校とオンラインで交流しました!」
●pdf「オーストラリア モーリー高校」

中国広東省 佛山市第二中学

本校7名対14名
令和3年1月21日(金)放課後約1時間 Tencent Meetingでトークセッション(英語)
20210121kokusai1.jpg 20210121kokusai2.jpg
◆ブログ「中国の高校とオンラインで交流しました!」


2019年度(令和元年度)

アメリカ(ワシントン州)高校生受け入れ

生徒1名(日本語スピーチ大会 優勝生徒)
令和元年7月8日(月)本校において、授業と部活動での交流

モーリー高校から受け入れ

生徒12名 教員2名
令和元年9月27日(金)~10月5日(土) 本校生徒はホームステイのホストとして

担当教員より

 姉妹校との交流の一環で、モーリー高生が明高生の家にホームステイ体験に来ました。滞在は、秋の約2週間です。明高生と一緒に授業や部活に参加し、書道や茶話会などで交流を深め、地域や日本のことにも興味を持ってもらいました。この交流は未来の世界を担う両校の生徒にとって、一生の思い出になりました。英語と日本語を駆使して話しているうちに、皆すっかり打ち解けていました。最後の送別会では感動の涙に包まれました。
kokusai2019a.jpg kokusai2019b.jpg kokusai2019j.jpg kokusai2019c.jpg kokusai2019d.jpg kokusai2019e.png kokusai2019f.png kokusai2019h.png kokusai2019i.jpg kokusai2019g.png
◆ブログ「オーストラリアからモーリー高校生が来校しました」
◆ブログ「モーリー高校生、来校2日目」
◆ブログ「オーストラリア モーリー高校生 明石市副市長・議会議長表敬訪問」
◆ブログ「オーストラリア モーリー高校生 明石高校出発帰豪」
◆ブログ「モーリー高校来校記録」


2018年度(平成30年度)

モーリー高校へ訪問

生徒25名(男13、女12)、教員3名
平成30年7月30日(月)~8月13日(月)ホームステイ

引率教員より

 オーストラリアは南半球にあります。太陽は南ではなく北に沈みます。夜空に北極星は見えません。カラスは「カーカー」でなく「ニャーニャー」と鳴いていました。8月上旬に行われた研修旅行であり、日本は真夏なのでオーストラリアは真冬です。1分あれば晴れが雨になり、小雨だと思って10秒油断すれば大雨でずぶ濡れになるような、天候が不安定な時期でしたが、屋外での研修やキャンプのアトラクションに影響することはありませんでした。真冬といっても我々にとってはそこまで寒くはなく、晴れた日には初夏の日差しさえ思い出すような、快適な2週間でした。
kokusai2018a.png kokusai2018b.jpg kokusai2018d.jpg
オーストラリアの家や道路は広く、何よりモーリー高校の広大な敷地に驚かされました。一方で日本と変わらない点も多々あります。スーパーやコンビニにはお米やカップ麺、日本製の洗剤やシャンプーなどが陳列されていますし、日本で見慣れた洋服屋さんやファストフード店も目にします。トイレも日本と同様ですし、コインランドリーや路線バスなども全く違和感がありません。そんな中で、スーパーではレジの人が「今日は良い日だった?」と話しかけてくれたり、公園を歩いていると知らない人から ” Good mornin’! ” と明るく挨拶してくれたりし、日本にはないオープンな国民性を感じることができました。
モーリー高校の授業は、日本ではなかなか体験できない貴重なものでした。中でも日本語の授業に参加させてもらったことを特にありがたく思いました。明石高校の生徒は英語が、モーリーの生徒は日本語がそれぞれ未熟であり、お互いに教え合い、作文を添削し合いました。そうすることで、「『正しい英語』だけが正解じゃないんだ、伝われば良いんだ」ということを実感でき、英語学習の第一歩としてこの上ない勇気をいただきました。
kokusai2018e.jpg kokusai2018f.jpg kokusai2018g.jpg
現在のオーストラリアは主に移民によって発展した国です。モーリー高校も多国籍であり、2か国語以上を話す生徒も多くいます。これは我々にとって喜ぶべき環境でした。英語を母国語としない生徒が少なくないモーリー高校の生徒は、我々に対しても英語以外のいろいろな面からコミュニケーションをとろうとしてくれました。初めは全く話せず単語の1つも声にすることができなかった生徒も、何日か過ごすうちにある程度の意志疎通ができるようになっていました。たった2週間では英語力が飛躍的に向上することはありません。しかし、相手の意図を聞き取ることや自分の意志を表現する術を、たった2週間でしっかりと学んできたようです。
kokusai2018g.jpg kokusai2018h.jpg kokusai2018i.jpg

ブログ


オーストラリア研修に向けて◆市役所訪問、壮行会、団結式
1日目◆出発
2日目◆到着
3日目◆ホームステイ先から登校
4日目◆Meat Pie と Lamington
5日目◆西オーストラリア大学 キングズパーク
6日目◆Ern Halliday Camp にてActivity
8日目◆Caversham Wildlife park and Whiteman Park 、モーリー高校内に植樹
9日目◆授業
10日目◆授業、全校集会Farewell
11日目◆Pinnaroo Valley Cemetary 、西オーストラリア水族館AQWA
12日目◆Fremantle、サヨナラパーティー
14日目◆出発
15日目◆帰国

韓国の晋陽高校から受け入れ

生徒18名 教員4名
平成31年1月15日(火)本校での交流
◆ブログ「韓国 晋陽高等学校 交流会」


2017年度(平成29年度)

明石高校と西オーストラリア州にあるモーリー高校とは姉妹校提携を結んで25年になります。隔年でお互いの学校を訪問するという関係を続けており、平成29年度はモーリー高校生徒7名と先生2名の9名が、9月17日(日)~10月1日(日)に来日しました。

kokusai2017a.jpgkokusai2017b.jpg

校外での行事

明石市内散策・魚の棚・明石浦漁協のセリ見学・明石市立博物館で十二単や鎧着付け体験
兵庫県伝統文化研修館にて日本文化の学習(着付け、お茶、踊り)、姫路城見学(姫路)
広島平和学習・尾道・倉敷
明石市長表敬訪問

校内での行事

クラスでの授業参加
出張日本語講座
書道授業参加
美術特別授業(藍染体験)
放課後 生徒交流茶話会
茶道部体験
部活動見学ツアー(剣道・空手・邦楽など)
送別夕食会


2016年度(平成28年度)

モーリー高校へ訪問

生徒15名(男4、女11)教員3名
平成28年7月30日(土)~8月13日(土) ホームステイ