お知らせ

第4回姫路城学の実施

第4回姫路城学「姫路城の歴史と千姫」 講師:黒田 美江子氏(歴史研究家)

 12月20日(月)の午後、第4回姫路城学を実施しました。2年次生14名が参加し、本校百周年記念館2階大ホールにて講師の黒田先生にご講演をしていただきました。姫路城が四神相応の地に築かれていることや、「姫山」の名の由来、千姫の波乱に満ちた生涯などについて、興味深いお話をたくさんしていただきました。黒田先生は本校の卒業生でもあり、歴史を学ぶ意義に加え、姫路城の中堀内にある本校で学べることの素晴らしさも生徒たちに伝えてくださりました。

【生徒の感想】

・姫路城は四神相応で山の形もよい場にあることを知り、この地に適していることがよく分った。

・「歴史は命」、黒田さんのこの言葉を大切にしながら、姫路東高校というすばらしい場所で勉学に励みたいと思う。

・「播磨御前」と呼ばれ愛された千姫との別れを惜しんで、姫路の人々が旧街道まで見送りに行ったという話は、今もつながる姫路の人々の千姫への愛を感じた。