図書文芸部

大野健明様よりいただきました。


本校卒業生(東高22回生)の大野健明様より、「姫路空襲の記録(若い人に知ってほしいこと)」「姫路の旧町名(なくなってしまった町名)」の2資料を図書文芸部に寄贈していただきました。図書文芸部で制作した「姫路城学かるた」を見てくださり、関連する資料を送ってくださったそうです。今後の活動に、大切に使わせていただこうと思います。

図書文芸部 『手帖 姫路文学館』第110号に掲載されました

県政150周年記念事業の一環として制作した『東高姫路城学かるた』・『東高姫路城学かるた読本』を寄贈したことが、『手帖 姫路文学館』第110号で紹介されています。
皆様のおほめの言葉が生徒たちの励みになっています。ありがとうございます。
姫路文学館では、南館2階の図書室で寄贈作品をご覧いただけます。

図書文芸部 『東高姫路城学かるた』・同『読本』の寄贈先について

本校では、昨年度より、図書文芸部など総勢45名の生徒が、「高校生が考える県政150周年記念事業」の一環として作品づくりに取り組んできました。
作品の寄贈先をお知らせします。

・姫路市教育委員会(読本、かるた)
・姫路文学館(読本、かるた)
・姫路市立城内図書館(読本)
・県立歴史博物館(読本、かるた)
・県立図書館(読本)
・国立国会図書館(読本)
・日本玩具博物館(読本、かるた)

画像は、城内図書館・中高生のコーナーのようすです。
図書文芸部1年次生が作ったPOPも並んでいます。
姫路市立城内図書館では、各分館を含め、貸し出しされています。どうぞご覧ください。

図書文芸部 兵庫県立博物館に作品を寄贈しました

11月6日の放課後、図書文芸部の生徒は兵庫県立歴史博物館を訪問し、「高校生が考える県政150周年記念事業」の一環として制作した『東高姫路城学かるた』と『東高姫路城学かるた読本』を寄贈しました。
歴史博物館の堀田先生と記念撮影。堀田先生は本校の姫路城学講師のお一人です。