学年・専門部

カテゴリ:学年

福祉講演会(言語聴覚士の職業理解)

 6月2日(水)3,4限「介護福祉基礎」選択生徒に向けて、神戸医療福祉専門学校の先生より言語聴覚士の職業について教えていただきました。

 

 言語聴覚士は、コミュニケーション障害や、摂食・嚥下障害のある方を対象に、リハビリテーションを実施します。その国家資格を有する人が全国に約3万人、対象とする患者さんは全国に800万人いらっしゃると知り、到底足りていないことがわかりました。入院する病院によって、言語聴覚士が居ないと言葉や嚥下のリハビリを受けることができない、生きがいにつなげるための支援が受けられないという事実に衝撃を受けました。

   

 どのような方々に、どのようにリハビリテーションを進めていくのか、わかりやすく伝えてもらいました。その中で対象の方を理解するために、さまざまなエクササイズを体験しました。伝えたいことが言葉にならないもどかしさや、記憶にとどめておいてコミュニケーションにつなげることの難しさを知ることができました。

生徒感想より

「コミュニケーション障害などが発症した本人だけでなく、家族もしんどい思いをすることから、言語聴覚士は患者さんだけでなく、家族も支え、両方の生きる力を支えること、相手の心の声を聴くことが大切だということがとても心に残りました。」

「もっとこの仕事を広めて知ってもらわないといけないと思いました。実際に失語症の方の話を聞いて、私たちが今普通に過ごして話しているのは、当たり前ではないと感じました。”生きる力を支える仕事”という言葉が心に残りました。」

今岡先生、お忙しい中お越しいただきましてありがとうございます。

 

 

福祉講演会(作業療法士の職業とリハビリテーションについて)

 6月1日(火)3,4限「社会福祉基礎」選択生徒に向けて、神戸医療福祉専門学校より講師をお招きし、講演会を実施しました。対象生徒は、福祉の勉強を始めたばかりの2年生。福祉に携わる職業理解の一貫として、神戸医療福祉専門学校にご協力いただいています。

 リハビリテーションを実施する職業は数多くありますが、今回は「作業療法士」について教えていただきました。身体面でのリハビリのみならず、作業を通してこころにも働きかける、そしてその対象は子どもから高齢者まで大変幅広く、需要が高い職業であることが分かりました。

 また、実際に訓練に使用されている道具を持ってきていただき、体験する機会をいただきました。道具の使い方を聞くと、簡単そうでも、脳機能や身体機能に障害がある方にとっては難しく、楽しみながら訓練することの大切さを学びました。

   

大塚先生、お忙しい中ありがとうございました。 

福祉講演会(薬剤師の仕事について)

5月12日(火)「こころとからだの理解」の授業では講師の方をお招きし、薬剤師の仕事について教えていただきました。

 

薬学部は6年間通わなければならないこと、薬学部のある大学は増加傾向にあるが、薬剤師の国家試験合格者数は横ばいであること、そもそも国家試験を受けるまで到達できる学生数も入学者数より減少することなど、その難しさを知ることができました。また、実際働くとなると、薬剤に関する知識のみならず、生活に情報を提供する力やコミュニケーション技術が欠かせないことが分かりました。

次に、薬の種類や用法・用量について、ジェネリック医薬品とは何か、薬ができるまでの過程、飲み合わせ、薬物乱用など多岐にわたるお話を頂きました。普段あまり気にしていなかったこと、初めて知ったことも多く、深い学びに繋がりました。先生、お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

 

75回生 学年の日(校外学習)

 4月14日(水)、学年の日の行事として六甲山アスレチックパークGREENIAへ行きました。新クラスとなって初めての学校行事です。新しい仲間と親睦を深めることや秋に予定されている修学旅行の予行練習というねらいがあります。事前に班編成をして見学順路や服装・持ち物の打ち合わせをしました。服装はフィールドアスレチックがメインとなるので「動きやすい私服」という指示でしたが、当日は体操服姿で集合し、やる気満々という男子の班が多く目につきました。心配された天気は曇り空で、時々太陽が顔を出すこともあり、まずまずの日和となりました。

 入園してすぐにクラス集合写真を撮り、その後は班別自由行動に移りました。人気は水上アスレチック”wonder amembo”です。100種類を超える種目が設置されておりクリアできなければ”池ポチャ”というシビアなエリアです。男子も女子も果敢に挑戦しますが意外に難しく、すぐにバランスを崩して池に落ちたり途中で力尽きて落下したりと苦戦が続きました。誰かが池に落ちるたびに大きな歓声と高い水しぶきが上がります。腰まで水に浸かりながら這い上がりさらに挑戦していく姿に、本校生徒の“生きる力”を感じました。(帰り際にはシャワーを浴びて予め用意していた着替えの服に着替えて帰りました。)

 1年生の時は新型コロナ感染症のためにオリエンテーション学習や上級学校訪問などの校外学習が実施できず、今回がこの学年として初めての校外活動となりました。

校内ではできない新しい経験に生徒のみなさんは満足げな表情でした。

 

 この行事は感染症対策を十分に施した上で実施しました。

のんびりスワンボート楽勝!楽勝!おっと あぶないやっちゃったはい ポーズそそり立つ壁

 

76回生1年生オリエンテーション週間③

 4月12日(月)から始まりましたオリエンテーション週間も16日(金)で、無事終了しました!4日目はグランドでクラスレクレーション!じゃんけん列車に長縄跳びに挑戦しました。長縄跳びの1位のクラスはなんと71回!

 

 

 

 

 

 

最終日はタブレットを使用したwebテストにも取り組みました。閉会式の表彰式は大盛り上がり!来週からの授業頑張ります!