1. 3学期始業式

投稿日時: 01/19 明北HP管理者人

令和2年度 3学期始業式

 新型コロナウイルス感染症対策のため、生徒は密を避け、極寒の体育館ではなく、空調の効いた各ホームルーム教室で、リモート形式による3学期始業式に臨みました。

 安岡校長は、式辞の前半で2学期終業式でも紹介した下記2人の言葉を再度取り上げ、コロナ禍でのピンチを新しいことに挑戦するチャンスととらえよう、どんなことでも強い意志を持ってやれば必ず成就すると、画面越しに生徒への期待を込めて語りかけました。
 「しあわせは いつも自分のこころがきめる」(詩人・書家 相田みつを)
 「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 
     成らぬは人の なさぬなりけり」(出羽国米沢藩9代藩主 上杉鷹山)

 校長は式辞の後半で、新年にふさわしい言葉として、現パナソニックの創業者である松下幸之助の詩「日々是新(ひびこれあらた)」を朗読し、毎日を新鮮な気持ちで一所懸命に生きようと呼びかけました。
 校長が繰り返し紹介した詩の最後の3行のみ記しておきます。
 日々是新なれば、すなわち日々是好日(ひびこれこうじつ)。
 素直で謙虚で、しかも創意に富む人は、毎日が明るく、毎日が元気。
 さあ、みんな元気で、新しい日々を迎えよう。
 
 新型コロナウイルス感染症は一向に収束(終息)が見通せない状況ですが、生徒も教職員も、「毎日が良い日となるよう努力して、今この時を生きる」ことを確認して、令和3年(2021年)がスタートしました。