幼稚部とは

 3歳から5歳までの幼児が毎日登校しています。保育は基本的に保護者の方と離れて保育者とお子さんたちで行っています。幼稚部段階では、学校生活すべての場面を通して、豊かな言語活動を繰り広げ、ことばの習得や概念の形成に取り組んでいます。
 通常の幼稚園教育に準じた健康、人間関係、環境、言葉、表現の5領域に加え、聴覚の障害に関する自立活動の指導を計画的に取り入れて保育を行います。
 学年、合同、グループ、個別など、柔軟な保育形態をとり、絵画制作、音楽リズム、運動遊び、おはなし、絵本、トピックス、発音などの活動を通してことばを育んでいます。
 午後に1時間程度の個別学習を実施する日もあります。下校時刻や個別学習の時間は、年齢などによって多少の違いがあります。

幼稚部 2022年度 指導の重点

(ア) 遊びや生活を通して、保有する聴力を最大限活用する経験を積み重ねる。
(イ) 日常生活や行事、遊びを通して、口話、手話など多様な方法を用いて、言葉の習得や概念の形成、及びコミュニケーションの能力を育てる。
(ウ) 近隣の幼稚園との定期的な交流を行い、同年代の子ども達との遊びを通して生活経験をより豊かに広げるとともに、人との関わりの機会を増やし、その楽しさを味わうことにより社会性の基礎を形づくる。

2022年度 幼児数
 

3歳

(ほしりす組)

3歳

(つきりす組)

4歳

(うさぎ組)

5歳

(ぞう組)

 合計 

1 1 3 2 7
3 3 3 1 10
合計 4 4 6 3 17
主な行事
   4月  歓迎あそび
   5月  子どもの日の行事
   6月  体育大会 遠足
   7月  七夕会
   8月  登校日
   9月  お月見会
 10月  遠足
 11月  文化祭
 12月  マラソン大会 クリスマス会
   1月  お正月遊び
   2月   豆まき
   3月  ひな祭り お別れ会 卒業式 
 毎月  月の集まり
 該当月  お誕生会 近隣の幼稚園との交流会(なかよしデー)  
2018年度 春の遠足
5月17日幼稚部のみんなで遠足に行ってきました。
大きなバスが学校まで来てくれて、みんなでウキウキ乗り込みました。
校長先生をはじめ、たくさんの先生や校務員さんに見送られて出発。
たくさんのアスレチックにみんな目を輝かせていました。
お天気がどうなるか不安でしたが、当日を迎えてみると真夏のような暑さ。みんな汗だくで遊びました。お昼はおいしいお弁当をみんなで一緒に食べました。みんなとても嬉しそうでした。
午後からもゆっくり遊び、大満足で学校へ戻りました。