お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

天文気象部

天文気象部は、2年生2人、1年生2人で元気に活動しています。
学校で「夜間観望会」を行ったり、西はりま天文台へ行ったりしています。



 
天文気象部
2021/01/06

明石市立天文科学館

| by 天文気象部
1月5日(火)に天文気象部で明石市立天文科学館へ行ってきました。
五国SSH連携プログラム「プラネタリウム解説動画コンテンツをつくろう~星空の感動を伝えよう~」に参加するためです。

明石市はご存じの通り、日本標準時子午線が通っている都市で、こちらにあるプラネタリウム投影機は日本で一番古いアナログ式のものです。今回はプラネタリウムを視聴した後、投影機のしくみを教えて頂いたり、実際にポインタを使わせて頂いたりしました。暗い演台の上でたくさんのボタンやツマミを操作しながら、ポインタがぶれないように目的の星を指しつつ、星についてのお話をする難しさを目の当たりにし、少し怖気づいてしまった部員たちでしたが、見学後は「みんなに感動が伝わる動画を作りたい」「やるからには面白いと思って貰えるものを作りたい」と意気込んでいました。

今後2か月弱でプラネタリウム解説動画を作成し、2月23日(火・祝)に明石市立天文科学館の公式youtubeチャンネルでライブ配信される予定です。
 
09:45
2020/12/23

木星土星超大接近

| by 天文気象部

17:26
2019/11/11

兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門

| by 天文気象部
11月の9(土),10(日)に天文気象部の生徒達が,バンドー神戸青少年科学館で開かれた第43回兵庫県高等学校総合文化祭自然科学部門の発表会に出場しました。「科学を通した保育の可能性」というタイトルでポスターセッションを行い,日々の活動についてたくさんの方々に聞いて頂くことができました。

現在、部員の中には保育の進路を希望する生徒が複数います。そこで科学の祭典や親子で天体観測など,子供達に科学の面白さを伝えるイベントに参加した時に自分たちが感じたことや発見したことをポスターにまとめることにしました。

大勢の見ず知らずの方に発表を聞いて頂くのは初めてで,かなり緊張しながら臨んだ部員達でしたが,話し始めるととても堂々としていて,質疑応答にもしっかりと答えることができました。また今年度から新設された特別審査(研究活動ではなく、普及や環境保護などの活動を評価する部門)にエントリーし,入賞には届きませんでしたが,審査員4名全員から温かい励ましと着眼点の面白さについての高評価を頂きました。日常の活動では得がたい経験をするとともに,来年に向けての新たな課題や目標を見つけることができ,充実した2日間になりました。今後の活動にもぜひご期待下さい!



13:51
2019/09/18

青少年のための科学の祭典

| by 天文気象部

9/7(土),8(日)の2日間,ポートアイランドにあるバンドー神戸青少年科学館で「青少年のための科学の祭典2019」が開催されました。昨年に引き続き,今年度も本校天文気象部の生徒たちは体験ブース「カラフルな人工イクラをつくってみよう」を出展し,2日間で400名以上の方に人工イクラ作りを体験して貰うことができました。未就学児~小中学生とその保護者が主な来場者でしたが,科学を通して様々な年齢の方と楽しい時間を共有する甲北生の姿は,「さすが総合学科!」と思わせるコミュニケーション能力で,科学だけでなく保育や福祉,産業社会と人間など多くの授業を経験している成果が発揮された機会となりました。
 

09:59


 

甲北マスコット
 キャラクター
 「楓ちゃん」
 (ふう)


QRコード登録で
簡単アクセス!
 

カウンタ

240839