日誌

生徒会活動

引き継ぎ~新生徒会執行部 始動~

西陵祭文化の部を終え、現3年生の生徒会役員としての最後の仕事が終わりました。

これまでの3年生の背中を見てきた2年生と1年生は、これから新生徒会執行部としてますます学校を盛り上げてくれると期待しています!

今年度の生徒会執行部は西陵祭文化の部の後、1年生と2年生が1名ずつの2名が新たに加入し、2年生8名、1年生4名の12名で始まりました。先日は校長先生から、認証状を受け取り、より一層生徒会の一員としての自覚が芽生えたことでしょう。

教員もしっかりサポートし、生徒主体の学校を、生徒会中心に作り上げていきたいと思います!!

3年生の皆さん、お疲れ様でした!

 

生徒会執行部 認証会

西陵祭 文化の部!! ~生徒会企画~

6月9日、10日に西陵祭文化の部が実施されました!!

有志や舞台の企画・運営などに加え、今年度は生徒会企画として『未成年の主張』を提案し、全校生への案内や企画の運営なども生徒会が中心となり行いました。

当日の盛り上がりは凄く、生徒会のメンバーも達成感があったと思います!

実施に伴い、準備などで忙しい毎日でしたが、よく頑張りました。お疲れ様でした。

令和4年度生徒会役員選挙

4月20日に『令和4年度生徒会役員選挙』を行いました。

今年度は、

生徒会長に1名

生徒会副会長に2名

会計監査に1名

が立候補し、各々の作り上げたい学校像や取り組みたいことなどについて演説してくれました。

また、応援演説として、4名がそれぞれの候補者の魅力について演説してくれました。

選挙管理委員会を中心に投票の管理や司会進行も、生徒が行いました。

今年度の生徒会役員選挙は、コロナ禍により、リモートでの開催となりましたが、立候補者以外の生徒が立候補者の演説を真剣に聞いている姿は、生徒全員が学校をより良い場所にしたいという気持ちが伝わるものでした。

今年度は『生徒が中心となって取り組む』という考えを尊重し、生徒会には様々な事に取り組んでほしいと思います!

教員一同、生徒達の積極的な取り組みに期待し、全力でサポートします!!

生徒総会

3月7日(月)4限、生徒総会が開催されました。今年度もコロナウイルス感染拡大防止対策として放送での実施となりました。本日の出席数確認後に本会の成立が認められ、議長が選出後に生徒会長のあいさつがありました。その後、次第に沿って1号議案から4号議案まで、「令和3年度生徒会活動報告」、「令和4年度生徒会活動予定」、「令和3年度生徒会会計決算報告」、「会計監査報告」、「令和4年度生徒会会計予算」の議事が進められ、可決されました。

 

三田市高校生議会に参加

 1月30日(日)令和3年度三田市高校生議会が開催されました。例年、三田市役所本庁舎6階三田市会議場で開催されていますが、今年度も昨年度同様、新型コロナウイルス感染症対策として、各学校よりオンライン開催となりました。後日、動画投稿サイト「ユーチューブ」での配信があります。選挙権年齢の引き下げにより、選挙を身近に感じるようになった高校生が、市政に対する提案等を行うことを通じて、地域に関心や愛着を持ち、当事者としてまちづくりに参加する意欲を高めることを目的として開催されました。市内7校から14名が高校生議員となり、市政に対する提案・質問を行い、市長をはじめ、副市長、教育長、各部長など、さまざまな市職員の皆様からご答弁をいただきました。
 本校からは、生徒会執行部2名が高校生議員として参加し、『通勤・通学時のストレス解消について』『地域格差をなくすための取り組みについて』の2点について質問しました。市長のあいさつでは、「政治に関心を持ち、三田市のまちづくり、地域への関心、ふるさとへの愛着を持っていただきたい。また、コロナ禍でオンライン開催となったが、今後のデジタル活用の視点からも本日の議会に期待している」とのお話がありました。最後に、三田市議会議長より「高校生の視点から様々な質問内容があり、いずれの提案も魅力があり、参考になるものばかりであった。今後も三田市のまちづくりに積極的に参加していただきたい。」との講評がありました。三田市のまちづくりへの参加意識を高めるとても貴重な体験となりました。

生徒会立会演説会

 5月24日(月)、授業終了後に生徒会立会演説会が放送室からあり、その後に生徒会選挙が行われました。候補者のそれぞれの三田西陵に対する想い、学校をよりよいものにしたいという気持ちが演説で全校生徒に伝わったと思います。
 生徒会選挙は投票により、新役員が当選・信任されました。さらに良い三田西陵になるように生徒会新役員の活躍を期待します。

生徒総会

3月5日(金)4限、生徒総会が開催されました。今年度は感染症対策として放送での実施となりました。本日の出席数確認後に本会の成立が認められ、議長が選出後に生徒会長のあいさつがありました。

その後、次第に沿って1号議案から4号議案まで、「令和2年度生徒会活動報告」、「令和3年度生徒会活動予定」、「令和2年度生徒会会計決算報告」、「会計監査報告」、「令和3年度生徒会会計予算」の議事が進められ、可決されました。

  

  

  

  

  

三田市高校生議会に参加

 1月31日(日)令和2年度三田市高校生議会が開催されました。例年、三田市役所本庁舎6階三田市会議場で開催されていますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症対策として、各学校よりオンライン開催となりました。当日、動画投稿サイト「ユーチューブ」での中継もありました。
 選挙権年齢の引き下げにより、選挙を身近に感じるようになった高校生が、市政に対する提案等を行うことを通じて、地域に関心や愛着を持ち、当事者としてまちづくりに参加する意欲を高めることを目的として開催されました。市内6校から11名が高校生議員となり、市政に対する提案・質問を行い、市長をはじめ、副市長、教育長、各部長など、さまざまな市職員の皆様からご答弁をいただきました。
 本校からは、生徒会執行部2名が高校生議員として参加し、『三田の魅力発信について』『ゴミと環境について』の2点について質問しました。市長のあいさつでは、「若い人ならではの斬新な意見をもとに、検討を加え、コロナ禍に負けない、若い人が住みたくなる、住み続けたくなるまちづくりを目指していきたい。今後とも、三田市がよりよくなっていく発言や行動を期待している。」とのお話がありました。最後に、三田市議会議長より講評があり、「生まれ育った三田をよりよくしていくために市民として一緒に考え、提案してくれたことを嬉しく思う。これからも、三田に興味を持ち続けてほしい。」とおっしゃっていました。三田市のまちづくりへの参加意識を高めるとても貴重な体験となりました。

生徒会立会演説会


 6月29日(月)、授業終了後に生徒会立会演説会が放送室からあり、その後に生徒会選挙が行われました。候補者のそれぞれの三田西陵に対する想い、学校をよりよいものにしたいという気持ちが演説で全校生徒に伝わったと思います。
 生徒会選挙は投票により、新役員が当選・信任されました。さらに良い三田西陵になるように生徒会新役員の活躍を期待します。

令和元年度三田市高校生議会

2月2日(日)令和元年度三田市高校生議会が、三田市役所本庁舎6階三田市会議場で開催されました。
選挙権年齢の引き下げにより、選挙を身近に感じるようになった高校生が、市議会議場において市政に対する提案等を行うことを通じて、地域に関心や愛着を持ち、まちづくりの当事者としてまちづくりに参加する意欲を高めることを目的として開催されました。
市内7校から20名が高校生議員となり、市政に対する提案・質問を行い、市長をはじめ、副市長、教育長、各部長など、さまざまな市職員の皆様からご答弁をいただきました。
本校からは、生徒会執行部2名が参加しました。『自転車専用道路及びカーブミラー設置について』『待機児童の増加について』質問をしました。
最後に、三田市議会議長より講評があり、「若い人たちが、まちづくりに関心を持ち、わがふるさと三田の原動力になってほしい」とおっしゃっていました。とても貴重な経験をさせて頂きました。


募金活動

12月16日(月)、イオン三田ウッディタウン店とえるむプラザで、今学期3回目の募金活動を実施しました。
14時から15時の短時間でしたが、生徒会とソフトボール部で募金のご協力をお願いしました。地域の皆様から温かいご厚志と励ましのお言葉をたくさんいただきました。
合計金額40,966円は、ゆうちょ銀行を通じて『日本赤十字社令和元年台風19号災害義援金』に寄付させていただきました。
今年度の募金活動は今回で終了しますが、こういった活動はこれからも続けていきます。
ご協力いただいた地域の皆様、誠にありがとうございました。



募金活動

11月20日(水)、今学期2回目となる台風19号災害義援金の募金活動を実施しました。放課後、生徒会が中心となり有志で来てくれたソフトボール部とともに本校近くのえるむプラザとイオンウッディタウン店に分かれて募金の協力を呼びかけました。
16時から17時までの一時間、お年寄りの方から小さな子どもまで次々と募金箱に寄付金を入れてくださいました。
また、「寒い中ご苦労さま」「募金活動頑張ってね」など多くの方から励ましの言葉をいただきました。
この日集まった義援金は総額40,822円でした。義援金は日本赤十字社を通じて被災地に寄付させていただきました。ご協力ありがとうございました。
次回は12月16日(月)に実施する予定です。
 
 

 

ボランティア・スピリット賞 受賞!

2019年11月、文部科学省が後援する第23回ボランティア・スピリット・アワードが発表され、本校の生徒会が「ボランティア・スピリット賞」を受賞しました。

  

本校の生徒会では、学校周辺の清掃活動や、西陵祭や校外での募金活動、挨拶運動を行っており、その活動が称えられました。

活動の様子は、生徒会活動からご覧いただけます。

今後も地域に貢献する活動を続けてまいります。
次回は、11月20日(水)16:00~17:00にイオン・えるむプラザにて
募金活動を行います。
見かけられたときは、ご協力よろしくお願いします。

募金活動報告

先日、イオン三田ウッディタウン店、えるむプラザで実施した募金活動の義援金と、西陵祭文化の部での調理部、茶華道部売り上げ残高、併せて、¥115,157を日本赤十字社に令和元年台風19号災害義援金としてお送りしました。ご協力いただきありがとうございました。

募金活動

10月30日(水)、生徒会が中心となって、台風19号災害義援金の募金活動を実施しました。
放課後、有志で来てくれたソフトボール部、放送部の部員とともに、本校近くのイオンとえるむプラザに分かれて募金の協力を呼びかけました。多くの方々の温かい思いが集まり、総額80063円となりました。募金にご協力いただいた地域の皆様、本当にありがとうございました。この日集まった義援金は日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。
なお、募金活動は11月と12月にも実施する予定です。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 


ボランティア清掃

9月13日(金)、18日(水)にボランティア清掃を実施しました。
生徒会は放課後、体操服などに着替えて校内や学校周辺のゴミ拾い、掃き掃除を行いました。
地域の方々への感謝の気持ちをもって清掃活動に取り組むことにより、ボランティア活動への理解を深めることができました。この活動を通して、学校や学校近隣のためにという意識を持ち、進んで人の役に立つことができる生徒が増えることを期待しています。
  

あいさつ運動

9月9日(月)から9月13日(金)まで、校門前であいさつ運動を実施しました。
朝から元気よくあいさつを交わすと、お互いに気持ち良く清々しい気持ちになれるものです。一人ひとりが積極的にあいさつを交わし合う、明るい学校を目指して、今後もこの運動を続けていきます。
 

ゆりのき台中学校指定避難所見学会

ゆりのき台中学校指定避難所見学会に、生徒会2名が参加しました。避難所の説明や、防災倉庫見学があり、その後、シェイクアウト訓練、119番通報の実習、AEDを使った救急訓練を行いました。日頃の備えとして、ハザードマップを確認する、地震に備えて家具転倒防止器具や感電ブレーカーを設置するなど、防災の意識が高まりました。
災害時に迅速に行動できるよう、こういった訓練に参加することの重要性を学びました。

交通安全街頭啓発キャンペーン


7月16日と24日に、三田市交通安全対策委員会主催の「夏の交通事故防止運動」、「交通安全街頭啓発キャンペーン」に参加させていただきました。この運動は、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けることにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。
16日は三田駅前、24日はウッディタウンえるむプラザ付近にて交通事故防止の呼びかけと、キャンペーングッズの配布を行いました。今後、自分たちも交通マナーを見直して安全に登下校できるように心がけようと思います。

エコキャップ運動

生徒会では、環境委員の協力のもと、エコキャップ運動を実施しています。
本日、集めたペットボトルキャップを、三田市クリーンセンターへ届けました。
約16800個42Kg、これは、ポリオワクチン10本分に相当します。
今後もエコキャップ運動を続けますので、職員室前のBOXに入れて下さいますようご協力お願いします。