警報時の対応について

カテゴリ:学校情報

気象警報発令時等の対応について

 

1 生徒の行動について

 以下のいずれかの場合、生徒は原則自宅待機とする。

 ①居住地に「暴風」「暴風雪」「大雨」「洪水」「大雪」警報のいずれかが発令されている場合
 ②公共交通機関が途絶の場合
 ③通学の際に、警報発令中の地域を通る場合

2 授業等の実施について
(1)姫路市または福崎町に「暴風」「暴風雪」「大雨」「洪水」「大雪」警報のいずれかが発令されている場合 
 ①午前6時現在で警報が発令されている場合 → 全生徒自宅待機
 ②午前6時~午前10時に解除の場合    → 5限目から授業を行う
 ③午前10時の時点で警報が継続中の場合  → 休校とする     
※なお、姫路市および福崎町に気象警報が発令されていない状態で、生徒の居住する地域に気象警報が発令されている場合は授業を実施し、当該生徒は上記(1)①~③にしたがって公認欠席扱いとする。

(2)JR播但線(姫路~寺前間)で不通区間がある場合(警報発令の有無は不問)
 ①午前6時時点で不通の場合        → 全生徒自宅待機
 ②午前6時~午前10時に運転再開の場合  → 5限目から授業を行う
 ③午前10時時点で不通の場合       → 休校とする 
※なお、JR播但線(姫路~寺前間)以外の交通機関だけが運行されていない場合は、授業を実施し、当該生徒は、上記

(3)①~③にしたがって公認欠席扱いとする。

3 考査の実施について
 定期考査時については以下のとおりとする。
(1)姫路市または福崎町に「暴風」「暴風雪」「大雨」「洪水」「大雪」警報のいずれかが発令されている場合
 ①午前6時現在で警報が発令されている場合
  →休校とし、その日の考査は考査最終日の次の登校日に振り替える
(2)JR播但線(姫路~寺前間)で不通区間がある場合(警報発令の有無は不問)
 ①午前6時時点で不通の場合
  →休校とし、その日の考査は考査最終日の次の登校日に振り替える
※なお、JR播但線(姫路~寺前間)以外の交通機関だけが運行されていない場合は、考査を実施し、考査を受けられない生徒がいる場合は、状況に応じて別途対応する。

4 出欠の扱いについて

 授業の実施については上記2によるが、警報解除後等で登校する際、交通機関の状態等により授業に欠席・遅刻する場合、その事情が確認できたものについては、公認欠席扱いとする。