ニュース

事務室より連絡 兵庫県高等学校教育振興会奨学資金のご案内

太子高校 保護者 様

令和3年度 兵庫県高等学校教育振興会奨学資金のご案内

 

対象となる方

 次のすべての要件を満たす方が貸与の対象になります。

1.      勉学意欲がありながら経済的理由により修学が困難な状況にあり、生計を主として維持する方の収入が別に定める基準額以下であること。

2.      高等学校、中等教育学校の後期課程、高等専門学校、特別支援(盲・聾・養護)学校の高等部、又は指定した専修学校の高等課程に在学すること。

3.      申請者の生計を主として維持する方(保護者等)が県内に住所を有していること。

 

貸与月額

国公立高等学校 自宅通学 18,000円・自宅外通学 23,000円 (無利子)

※この奨学資金は、高校卒業後に返還する必要があります。

 

貸与期間

申請年度4月から修業年限の終了する月まで

 

申込方法

 4月22日(木)までに、事務室窓口へ申請書類を取りに来てください。

 

※  詳しくは添付ファイルをご覧ください。⇒ 奨学資金のご案内

 

太子高校 事務室

離任式・対面式

 4月9日(金)午後、離任式・対面式を行いました。
離 任 式

 離任された先生方

 

 

 

校長先生より、離任される先生方の紹介があり、離任される先生方は一人ひとり挨拶されました。

   

生徒代表謝辞(生徒会長)

勉強だけでなく、大切なことをたくさん教えていただきました。お別れするのは寂しいですが、進路を目指して頑張ります。今までありがとうございました。また、太子高校へ遊びに来てください。

と、謝辞を述べました。

 

 

花束贈呈

先生方へのご指導に対し、感謝の意を込めて、花束を贈りました。

花道をつくり、離任される先生方を拍手で見送りました。

対 面 式
開会宣言
生徒会長歓迎の挨拶
新入生代表挨拶
校訓・校章・校歌・50周年記念歌の紹介
生徒会の年間行事と『滔々』についての説明
フラワーアレンジメントと『滔々』の贈呈
閉会宣言
 生徒会長歓迎の挨拶  新入生代表挨拶

校訓・校章・校歌・50周年記念歌の紹介

生徒会役員より、校訓・校章について説明があり、その後、新入生は、校歌・50周年記念歌を聴きました。

校訓
自律進取 和衷敬愛 質実剛健
自ら学ぶ心で、主体的・創造的に生きる力を育むために、自ら学ぶ意欲や思考力、判断力を養う 思いやりの心で、共に生きる社会を目指し、よりよく生きるための基本的な心構えや他人の立場で考える思いやりの心を育てる 健やかな体で生涯にわたって、健康で安全な生活を送ることができる能力・態度等を培う
校章
1970年に家政科の生徒によって考案されました。太子高校の「太」を根本に据え、2本のペン先を左右に配しています。未来に向かって末広がりに発展する太子高校の姿を象徴しています。

生徒会の年間行事と『滔々』についての説明

生徒会役員より、「生徒会が主催する年間行事の説明がありました。また、『滔々』には様々な学校行事の活動の様子を記載しています。」と紹介しました。

フラワーアレンジメントと『滔々』の贈呈 

新入生の皆さんに歓迎の気持ちを込めて、フラワーアレンジメントと『滔々』を贈呈しました。生徒会役員から各クラスの代表生徒へ贈呈されました。

令和3年度 兵庫県立太子高等学校 第46回入学式

 
兵庫県太子高等学校 第46回 入学式

 4月8日(木)午後、令和3年度 兵庫県立太子高等学校 第46回入学式を行いました。

 晴れて暖かな日に、新入生を迎えることができました。

入学式式次第

1 開式のことば

2 国歌清聴

3 入学許可

4 新入生宣誓

5 学校長式辞

6 来賓祝辞

7 来賓紹介

8 祝電・祝詞披露

9 閉式のことば

新入生登校

1年次担任団 新入生を迎えました。

 

 受付の様子

 

 

 

 

 

1 開式のことば、2 国歌清聴の後、3 入学許可の様子

生徒呼名

 

 

5クラス200名の呼名後、学校長より入学が許可されました。

4 新入生宣誓

学校長式辞

6 来賓祝辞(PTA会長)

 

 

7 来賓紹介、8 祝電披露後、

入学式は閉会されました。

Jコーラス部による『校歌披露』

 

祝電披露

 

着任式・始業式

 4月8日(木)、着任式、始業式を行いました。

 

着 任 式

 校長先生から、4月より新しく着任された先生方の紹介がありました。その後、新しく着任された先生方を代表して、教頭先生より挨拶がありました。

   教頭先生(着任者代表)挨拶
 生徒代表の生徒会長は、「太子高校には個性豊かな生徒がたくさんいます。先生方と共に充実した学校生活を送っていきたいと思います。よろしくお願いします。」と歓迎のことばを述べました。

 

始 業 式

 学校長式辞

『夢や目標はありますか。自分の気持ちに向き合い自分はどんな人になりたいのか真剣に考えてほしいと思います。時間を大切にして、「今」を頑張ってほしいと思います』と話がありました。


 「校歌・50周年記念歌清聴」の後、閉式しました。

事務室より連絡

太子高校 保護者 様

 

4月学校徴収金について

 

4月の口座振替の金額は以下のとおりです。

今月は諸会費のみの徴収となります。

振替日は4月13日(火)です。振替日の前日までに確認をお願いいたします。

 ※再振替日は4月26日(月)です。

 

・1年次(46回生)・・・口座振替はありません。

・2年次(45回生)・・・30,000円

・3年次(44回生)・・・10,200円

 

なお、本日生徒に「2021年度月別学校徴収金一覧表」を配布いたしました。今年度の授業料等口座振替のご参考にしてください。

また、学校HP(事務室タブ)にも学年ごとに掲載しています。あわせてご確認ください。

 

 

太子高校 事務室

【お知らせ】4月5日(月)新1年次 学費納入・物品購入の時間帯について

新1年次 保護者様へお知らせ

4月5日(月)新1年次 学費納入・物品購入の時間帯について

 

 新型コロナウイルス感染症予防対策により、下記の通り時間帯を設定しますので、ご確認ください。

時間帯 合格説明会時の座席番号
  9:30~10:00 700~750
10:00~10:30 751~800
10:30~11:00 101~166
11:00~11:30 167~231

学費納入・物品購入は

ホームルームクラス、クラス番号を確認し(当日掲示しています)

① 学費納入(事務室) 

*提出書類の⑦に氏名・クラス番号(当日発表)を記入してください。

② 年次受付、春課題解答の受け取り(講義棟入り口)

③ 制服の受け取り(男子:格技場・女子:講義棟)

④ 体操服の受け取り(4号館)

の順番で行ってくださいますよう、お願いします。

 

避難所運営ゲーム「チャレンジ!」

 3月17日(水)3・4限、1年次対象の防災教育を行いました。

 明石工業高等専門学校の同好会「D-PRO135°」の開発したオリジナルのゲーム『チャレンジ!』で、避難所運営を模擬体験しました。

今回は、コロナ禍を想定して、Web会議システムのZoomを使って、本校会議室、HR教室、学外の防災専門の講師(防災リテラシー研究所)の3か所をオンラインで結び、ゲームを実施しました。

 明石工業高等専門学校からは、同好会の学生8名と講師2名に来ていただき、各クラスでアドバイスをしていただきました。

避難所運営ゲーム『チャレンジ!』

 ゲームは第1ステージ、第2ステージあります。

 学校で部活動中、南海トラフ巨大地震が発生しました。皆さんは、避難所を運営することになりました。

第1ステージ

1グループ6~7名のグループになり、4つのミッションを考えました。

1.皆さんで避難所を運営します。全員役割を決め、フセンで名札をつくってください。リーダーは必ずつくってください。
2.学校の部屋の使い方を考えてください。避難者が寝る場所は必ずつくってください。
3.避難してきた人の名簿をつくります。どのような項目が必要か考えてください。
4.避難所のルールをつくって壁にはります。どのようなルールが必要か考えてください。
* 各ミッションを考える時間は5分間。グループで相談し、フセンを模造紙に貼りました。生徒たちは、役割を決め話し合いました。

第2ステージ

避難所では、様々なハプニングが起こります。そのハプニングに対処できる避難所運営をしているかどうかを確認しました。

1.室内にペットの犬を連れ込んでいると苦情がありました。①ペットの居場所はつくっていますか?②ルールはつくっていますか?
2.食料や毛布などの支援物資が届きました。①保管場所はつくっていますか? ②物資に関するルールはつくっていますか?
3.トイレに水が流れません。我慢できない人がでてしまいました。①担当者はつくっていますか?②対策はできていますか?
*①、②の運営対策ができていれば、各+10点。また、その他「チャレンジ!」として、(例:ペットの名簿をつくっていました→+6点)プラス点がもらえました。「チャレンジ!」で積極的に発表するグループもありました。

 

第2ステージでは、オンラインで、防災リテラシー研究所の太田先生に話をしていただきました。

ハプニング1について

東日本大震災の時、ペットを避難所につれていけない人がたくさんいました。そのことから、ペットは避難するときに同行する方向になっています。ペットについては、嫌いな人、毛アレルギーの人もいます。避難所でのルールは必要です。ペットをケージに入れる(日頃から訓練)、ペットと飼い主が一緒にいられる部屋などを考えることが大切です。

ハプニング2について

食料や毛布などの支援物資を無駄にしてしまうことのないように考えます。保管場所、生もの管理、どのように配るのかというルールはとても大切です。また、重い物資を運ぶことは、お年寄りにとって大変です。若い人たちの協力が必要です。

ハプニング3について

災害で亡くなる方は、災害による直接の被害ではなく、避難後になくなる災害関連死の方も多いです。避難所生活で大切なことは、トイレ、寝る場所、食事です。トイレに関しては、配管が壊れていたらどうするか、どのように流すのかルールは必要です。トイレが使えない場合の対処方法として、ごみ袋での簡易トイレ、穴を掘りトイレにする、マンホールトイレ、災害用トイレとして備蓄している所もあります。

 避難所運営を行う上で大事なことを、丁寧にわかりやすく説明していただきました。生徒は、真剣に話を聴いていました。

  

1年次プレゼンディ

 3月16日(火)2・3限、産業社会と人間の授業時間に、1年次プレゼンディを行いました。

 研究テーマは、将来に関すること、興味のあること、疑問に思うこと、現代社会の問題についてなど様々でした。

 プレゼンシートは、文章を簡潔にまとめ大きな文字で表示する、文献調査による統計データを円グラフで表示する、色を使ってポイントを表示する、興味をひくような図や絵を使って視覚的にわかりやすくするなど様々な工夫がされていました。

 代表生徒は、視聴者にわかりやすいように、はきはきと一言一言丁寧に発表しました。原稿を読まずに自分の言葉で発表することのできた生徒もいました。また質疑に対しても、調べた内容をきちんと説明し、自分の意見をしっかりと述べることができました。

 2年次では「基本探究」に発展させます。今回のプレゼンディを活かし、次に繋げてほしいと思います。

プレゼンディ向けて取り組み

①研究テーマの設定

②企画書の作成

③企画書を元にした構成

本などを用いた文献調査(冬休みを活用)

発表用プレゼンシート(A4)と発表原稿の作成

 

目的

自分が興味・関心を持っているものを詳しく調べ、それに対する知識、理解を深めていく機会とする。 

 代表生徒の研究テーマ
注射って痛いの? 吹奏楽の魅力
人工知能(AI)について こどもへのことばがけ
ゴリラについて 筋肉について
映画について 投てきについて
クレミア戦争とナイチンゲール ピーターパン症候群
いじめは防げないのか  
プレゼンディ評価票
①~③の観点を評価し、優秀賞を決定しました。
① 研究内容がよくわかった。
② 多くの資料に当たり、自分なりの分析、まとめができた。
③ 発表の態度が良く、話す姿勢や視線、明瞭な発音、適切な声量、速さであった。

 

 

 

  

R3年度 前期生徒会執行部役員 立候補者立会演説および選挙

 3月17日(水)1限、R3年度前期生徒会執行部役員 立候補者立会演説および選挙を行いました。

コロナウイルス感染症予防対策により、放送での演説、HR教室での投票用紙記入としました。

 生徒会長1名、生徒副会長2名、生徒会書記5名、生徒会会計5名の計13名が立候補し、演説を行いました。その後、立候補者の信任投票を行いました。

放課後、各クラスの選挙管理委員で開票を行いました。

 

司会進行は選挙管理委員長と副委員長、放送部が行いました。

  生徒会執行部役員 立候補者13名

生徒会長立候補者 演説

私が生徒会長になれたら、今はまだ完全には機能していない目安箱を活用し、皆さんが思っている疑問や学校全体の課題を解決し、生徒全員がルールをしっかりと理解した上で、太子高校での学校生活をたくさん楽しめるようにしていきたいと思っています。また、行事1つ1つに生徒会役員全員で、全力を出して取り組み、思い出に残るものにしていこうと考えています。

皆さんの協力あって私たち生徒会は成り立ちます。よろしくお願いします。

  HR教室の様子

進路説明会

 3月15日(月)の午後、看護医療系の進路を希望する2年次生対象の進路説明会を行いました。

 大学、短期大学、専門学校より、講師の方々に来校していただき、様々な分野の話をしていただきました。生徒は、2分野選択し、話を聴きました。

 いよいよ3年次生です。

自分の将来をもう一度しっかり考え、行動する時期です。

興味・関心のある医療分野の学校では、何を学びどんな職業に就くことができるのか。その学校を目指すには、何に、どのように取り組んでいけば良いのか。講師の方々から、たくさんの事を教わりました。教わったことをきちんと活かしてほしいと思います。

来校していただいた大学・短期大学・専門学校
講師 分野
兵庫大学 看護
姫路医療センター附属看護学校 看護
関西福祉科学大学 理学療法
姫路獨協大学 作業療法
関西健康科学専門学校 柔道整復
神戸常盤大学短期大学部 歯科衛生

大原保育スポーツ医療専門学校姫路校

大原簿記専門学校 神戸校

医療秘書・医療事務
川崎医療福祉大学 診療放射線
姫路医療専門学校 言語聴覚
神戸常盤大学 臨床検査
川崎医療福祉大学

視能訓練

 関西福祉大学 体育・スポーツ 
  

春季球技大会

 3月15日(月)、春季球技大会を行いました。

 快晴となり、スポーツをするのに絶好の天気となりました。

コロナウイルス感染症予防対策により、マスクの着用、大きな声で応援しないとし、スポーツを楽しみました。

野球部、サッカー部、バドミントン部、女子ソフトテニス部、女子卓球部の生徒は、審判としても活躍しました。

プログラム
1 開会宣言
2 学校長挨拶
3 生徒会長挨拶
4 準備運動(指揮:体育委員長)

5 試合説明、諸注意(生徒副会長)

6 競技開始

 

 

競技種目
キックベース
バドミントン

ドッジビー

*ボールでなく、軟らかいディスクを使います。

試合結果

競技 優勝 準優勝 3位
キックベースボール 2-5 2-1 2-4

バドミントン

2-2 1-2 1-4
ドッジビー 2-1 1-5 2-3

ラジオ体操

ドッジビー

バドミントン

キックベースボール

追悼行事

 3月10日(水)の朝、東日本大震災10年に際し、放送による追悼行事を行いました。

教頭先生より

「今日は3月10日です。東日本大震災が起きてから明日でちょうど10年になります。東日本大震災では巨大津波が発生し1万8400人を超える多くの犠牲者が出ました。10年という節目を迎え、震災関連のニュースが多く流れています。

みなさんには、そうしたニュースなどを通して被災地の現状を知るとともにいまだ復興途中の被災地に私たちがいまできる支援はなにか。また、日本で暮らしている私たちはいつどこで地震に遭遇するかわかりません。そのとき、まず第一に自分の命を守るためにどう行動すればよいか。次に周りに人のためにできることにはどんなことがあるのか。考えてほしいと思います。

今日は、犠牲となられた多くの方々に、哀悼の誠を捧げるとともに、災害の経験と教訓を忘れず、安全で安心な社会づくりに向けて歩み続けるという決意の気持ちを込めて、黙祷を行います。」

と話しがあり、全員で黙祷を行いました。

放送による教頭先生の話 全員で黙祷

令和3年度太子高校地域オープン講座のご連絡

令和3年度太子高校地域オープン講座のご連絡

 

 令和3年度の地域オープン講座は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、実施の見通しが立たないため、中止とさせていただきます。

受講をご希望の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

令和2年度 第43回卒業証書授与式

 2月27日(土)、令和2年度 第43回卒業証書授与式を行いました。風は少し寒かったですが、晴れて明るい空の中、卒業生を送りだすことができました。

 コロナウイルス感染症予防対策のため、ご来賓、保護者の皆様にたくさん来ていただくことはできませんでしたが、卒業生は、様々な場面でたくさんのあたたかい想いを受け取ってくれたと思います。

卒業生入場
 
  
卒業生入場完了
開式のことば
国歌清聴  音楽ピアノ伴奏
卒業証書授与
 
生徒代表 卒業証書授与

 

校長式辞
来賓祝辞(PTA会長)

来賓紹介

祝電祝詞披露

送辞   先輩への感謝の気持ちを伝えました。

答辞    多くの人への感謝の気持ちを伝えてくれました。
 式歌清聴  光をつないで  校歌清聴
   

 

歌うことができない代わりに

各クラスの様子、行事の様子を映しました。

閉式のことば  

卒業生退場  

 

卒業生は、あたたかな拍手の中、

太子高校を巣立っていきました。

3年生HR教室の黒板 お祝い     ぜひ、ご覧ください。

賞状授与並びに記念品贈呈式・同窓会入会式

 2月26日(金)、賞状授与並びに記念品贈呈式、同窓会入会式を行いました。

賞状授与式
全国総合学科 高等学校長協会 優秀者賞

1名

兵庫県 高等学校長協会 総合学科 成績優秀者賞 1名
全国商業高等学校長協会 成績優秀者賞 1名
兵庫県高等学校 商業教育協会 成績優秀者賞 1名
兵庫県高等学校 商業教育協会 三種目以上 1級合格者表彰 1名
皆勤賞 16名
功労賞  生徒会役員を4期以上勤めた者 5名  

部活動において顕著な成績を収めた者 

(弓道部・女子ソフトテニス部・子どもの館ボランティア)       

12名

 

 

 

記念品贈呈式
卒業生から、卒業記念品として「ベンチ」が贈呈されました。
在校生から、卒業生に記念品が贈呈されました。
同窓会入会式
同窓会より、卒業生へ『卒業証書ホルダー』が贈呈されました。その後、同窓会長よりお祝いの言葉が述べられました。

1年次 プレゼン・デイ

 

 2月24日(水)5・6限、1年次 プレゼン・ディを行いました。

 1年次生は、産業社会と人間の授業時間、夏休み・冬休みの期間に、自分の興味・関心のあるテーマに関して調べその内容をまとめてきました。3学期には、その調べた内容からA4版のプレゼンシートを一人一人作成し、発表に向けて練習してきました。

プレゼン・ディは、1年間の総まとめです。

適切な言語、資料を用いて、自分の調べた内容を伝える。

発表に対して質疑応答を行うなどして互いの考えを発展させる。

考えを深めながら発表を聴く。

を目標とし、取り組むことができました。

 テーマの設定は、医療・福祉、歴史・社会、教育・文化・文学、国際・経済、工学・宇宙・生物、心理、芸術、健康、生活の19分野の中から行っています。将来に繋がるテーマや、現在社会で注目されていることなど、詳しく調べ、発表することができました。

プレゼン・ディの方法

・15グループ(各14名)に分かれて発表

・発表4分、質疑応答2分

・一言カードを記入し発表者に渡す

・プレゼン・ディ評価表の記入

 

プレゼン・ディの様子