日誌

生徒会活動

あいさつ運動


5月7日(火)~15日(水)、生徒会と各委員会による、あいさつ運動が行われます。
今日8日(水)は2日目で、生徒会執行部と保健委員会・花緑委員会が校門と通用門で全校生に向けて、あいさつを行いました。今後、5回実施し、計7日間にわったてあいさつ運動を行います。

対面式

4月9日(火)、対面式がありました。上級生が待つ体育館に、吹奏楽部の演奏で新入生が入場しました。生徒会長の新入生歓迎の言葉のあと、記念品の贈呈と、新入生代表の上級生への挨拶がありました。

生徒総会

 3/12(火)3限に本校体育館にて生徒総会が開催されました。各クラスの定数確認の後、議長が委託され、生徒会長の挨拶がありました。平成24年度の生徒会活動報告、会計監査報告、会計決算報告、平成25年度の生徒会活動予定、会計予算についての議事が進められ、議案が可決されました。
 
 
 
 

三田市内 県立4校スポーツ交流会

3月8日(金)、駒ヶ谷体育館にて県立4校スポーツ交流会が盛大に開催されました。
この県立4校スポーツ交流会は三田市内の県立高校同士の親睦を深めることを目的としています。
各学校代表チームが集結しドッジボールを行いました。
三田西陵高校では有志を募り、男子16名、女子14名が参加し、熱戦を繰り広げました。
結果は男子が1勝2敗で第3位、女子は3連勝でみごとに優勝しました。
 
 
 

門松作り・餅つき大会

 12/28(水)10時から教頭先生の指導の下、門松作りに挑戦しました。孟宗竹を斜めにカットして鉢に入れ、わらから縄を作り、校務員さんにつくっていただいた松・南天をセットして完成まで2時間の力作です。正門前にセットして、迎春準備完了です。
 13時からは、餅つき大会です。今年で3回目となり、生徒も慣れてきた様で手際よく出来ました。砂糖しょう油などで美味しくいただきました。
 


義援金を被災した大曲小学校・保育所に送りました

西陵祭で募ったメッセージカードと義援金、こどもみらい類型の生徒が作った三田の民話の絵本を交流のある宮城県東松島市立大曲小学校と大曲保育所に送りました。
なお、生徒会、模擬店の売上、PTAバザーの売上は総額12万円となりました。大曲小学校、保育所の復興に役立てていただきます。
生徒会は、これからも支援を継続していきたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。被災されたみなさまの一日も早い復興を願っております。


部活動集会

7月23日(月)、部活動集会がありました。これは運動部・文化部に所属している生徒の集会です。
第一部では、各部代表者が今後の決意を表明した後、体育科の岸先生から部活動の意義について指導を受けました。
第二部では、大塚製薬の永橋氏による熱中症対策についての講演を聞きました。
猛暑に打ち勝ち西陵が実りのある秋を迎えることを期待しています。
 

ハイスクール特派員登場 生徒会


5月15日(火)、第2回「ハイスクール特派員登場」に生徒会執行部の4人が出演しました。今回は2度目の人もおり、番組開始早々から日々の生徒会活動について話が盛り上がり、終始楽しい放送となりました。特に四校交流会や、今年度の新たな取り組みであるベルマーク集めの活動については熱の入る語りとなりました。終わりに20周年の節目となる西陵祭(6月13日、14日、16日実施)のテーマ「SHIN-YOU ~20年目の決意~」の紹介をし、地域の皆さんへ多数の来場を呼びかけました。
  次回の放送は6月19日(火)17:15から、水泳部、野球部の予定です。