令和3年度行事記録

令和3年度行事記録

第76回入学式

令和3年4月8日(木)、快晴の中で第76回入学式が行われました。

  新入生を待つ立看板です    受付で検温・手指消毒です

   新入生の入場です        いよいよ開式です

 国歌を演奏するストリングオーケストラ部      学校長式辞

   新入生の宣誓です       76期生学年団の紹介です

 

76期生の皆さんの今後の活躍を、在校生・教職員とも期待しています。

以下に当日の「式辞」を掲載いたします。

 

                   式辞

 遠く見渡す六甲の山々にはうっすらと霞がかかり、吹く風にも暖かな春の息吹を感じる今日のこの佳き日に、PTA会長様をはじめ、保護者の皆様のご臨席を賜り、ここに兵庫県立鳴尾高等学校第76回入学式を挙行できますことを、心より感謝申し上げます。
 ただ今入学を許可された275名の新入生の皆さん、鳴尾高校へのご入学おめでとうございます。そして、入学のこの日を心待ちしておられた保護者の皆様、本日は誠におめでとうございます。鳴尾高校教職員並びに在校生一同、心からお祝いし、歓迎をいたします。
 鳴尾高校は昭和18年に全国でも珍しい鳴尾村村立の中学校として設立され、以来、今日まで78年間、変遷を経ながらも生徒、教職員、保護者、そして地域の方々が一体となって、伝統を引き継いできている学校です。生徒たちは「自律・創造」の校訓のもと、文武両道の精神で、学校での活動に取り組み、それぞれの目標に向けて、明るく伸び伸びと高校生活を送っています。
 高校生活の3年間は、皆さんが社会へ羽ばたき、自分の人生を歩んでいく上で大きな分岐点になると思います。皆さんがこれから3年間、鳴尾高校で勉学に、部活動に、そして本校の特色ある学校行事など様々な教育活動に精一杯取り組み、76期生の仲間たちや我々教職員と共に青春の1ページである高校生活を充実させ、成長していく姿が見られることを楽しみにしています。

 さて、皆さんを取り巻く社会は、AI技術の発達などの急速な技術革新により大きく変化してきています。機械が人に変わっていろいろな役割を果たす反面、「人でなければできないこと」の意義や重要性にも目が向けられていると思います。また、変化が大きいことにより、「先の見えない不確実な時代」とも言われ、正解のない問題や、これまでのやり方が通じないような問題への対応も求められています。皆さんには、これからその様な社会で活躍するために必要な資質を身につけ、社会に求められる人材となるよう努力していくことが必要になります。
 では、どのようなことを心がけて高校生活を送ればいいのでしょうか。アメリカ人のスティーブン・R・コヴィーという人は、「7つの習慣」という著書の中で、人間の成長に大切な7つの心がけを体系化しており、その第1番目に大切な習慣として「主体的である」ということをあげています。これは、自分が人生を歩む中で、「主役は自分自身であり、どんな人生にするかを決めるのは自分以外の誰でもない」ということを伝えています。私は皆さんには、高校生活では何事も人任せにせず、変化が大きく予測が困難な時代であるからこそ自分の考えをしっかりと持ち、周りに流されず、自分がどうしたいのか、自分はどうなりたいのかを考えて、主体的に行動するということを心がけてもらいたいと思います。
 今、私たちの目の前には新型コロナウイルス感染症という未知の大きな壁が立ちはだかっています。しかし、人類は必ずそれを乗り越えていくと思います。今はまだできないことや我慢しなければいけないことはありますが、オンラインでの講義や交流、そしてICT活用の推進などコロナがあったからこそ進展したこともあります。皆さんがその気になれば、できることはたくさんあると思いますので、本校の「自律・創造」の精神で何事にも主体的に、そして積極的に取り組んでいってください。 

 最後になりましたが、保護者の皆様、本日より皆様の大切なお子様をお預かりすることになります。卒業時には本校に入学させてよかったと喜んでいただけるよう、我々教職員一同、精一杯力を尽くしていく覚悟でおります。保護者の皆様におかれましても本校教育活動に対するご理解ご協力、そしてご支援をよろしくお願いいたします。
 新入生の皆さんが、今日のよろこびを忘れず、充実した学校生活を送られることを心から祈念して、式辞といたします。

  令和3年4月8日

                                   兵庫県立鳴尾高等学校長     
                                       島 田 育 生 

 

 

 

離任式「4月9日」

   情報教室から各教室へリモートでの「離任式」でした。  お別れする先生方に「記念品の贈呈&お礼の言葉」                       

「お世話になりました。

「先生から学んだことをこれからも大切に歩んでいきます」・・生徒のお別れの言葉から。

 

離任される先生方のご健康とご活躍を心よりお祈りいたします。

 

令和2年度行事記録

令和2年度行事記録

第73回 卒業証書授与式

 

          

                        卒業生入場              学校長式辞

 

 

 

                 在校生送辞              卒業生答辞

 

 昨年に引き続き新型コロナ感染症対策として、在校生の出席はありませんでした。晴天で4月を思わせる温かさの中、卒業式310名は、保護者と来賓の皆様に見送られて巣立っていきました。

11月3日 学校説明会

 11月3日、学校説明会が実施され、800名近くの中学生と保護者の皆様が来校されました。今年度はコロナ感染症対策のため、間隔を十分にとった体育館の座席配置や受付前の手指消毒・検温を実施しました。

    
  
 説明会では総合人間類型3年生によるプレゼンテーションや、生徒会役員への学校生活インタビューなどがあり、鳴高生の「生の声」をお聞きいただけたと思います。     

   

 学校説明会終了後には、部活動見学も行われました。前日の雨のため、活動中止になった部もありましたが、熱心に練習している鳴高生を中学生の皆さんが見学していました。

  

9月5日オープンハイスクール

   今年度最初のオープンハイスクールが9月5日に実施されました。
   台風が接近しつつありましたが、快晴・無風の暑い日差しの中、
   900名以上の中学生・保護者の皆様が来校されました。
 
   
   晴天のオープンハイです      コロナ対策を行った受付です

   校内では中学生の皆さんを待ち受けて、文化部・運動部とも一生懸命
   活動中です。

   
   ストリングオーケストラ部         野球部

   部活動見学以外には、個別相談会や国際文化情報学科と総合人間類型
   の座談会も実施されました。

   
    見学する中学生の皆さん        個別相談会の様子    
 
   11月3日(火)の午前には普通科(普通科/普通科総合人間類型)の
   説明会、午後には国際文化情報学科のイングリッシュ・フェア2020
  (第1回国際文化情報学科説明会)が実施されます。
   詳細については10月1日(木)にホームページに掲載する予定です。
   ぜひ11月の説明会にお越しください。

1学期スタート 「在校生・新入生説明会」


令和2年4月8日(水曜日)
「1学期 在校生説明会・新入生説明会」が行われました。
1学期のスタートになる在校生説明会では、2・3年生には新着任者の紹介などを行いました。また、新入生説明会では、学年団の紹介を行い、今後の生活の心得などが話されました。


「在校生説明会」

新着任の先生方の紹介です。

「新入生への説明会」
  
校長挨拶             新入生代表の挨拶]

   
1学年担任団の紹介        1学年主任の挨拶
2019年度 行事記録

2019年度 行事記録

第72回 卒業証書授与式

令和2年2月28日(金)、第72回卒業証書授与式が執り行われました。



新型コロナウイルス感染症対策のため、残念ながら、在校生の出席を見合わせることに
なりましたが、72期生は多くの保護者、来賓の皆さまに見送られ、巣立っていきました。



令和元年度校内マラソン大会

令和2年2月5日(水)、武庫川河川敷において、校内マラソン大会が
実施されました。



男子は9.6km、女子は5.0kmを走ります。


今年も、マラソン大会に参加した生徒全員、完走することができました。

令和元年度 学校説明会・国際文化情報学科説明会

11月2日(土)午前に本年度最後となる学校説明会、午後には国際文化情報学科の
説明会が実施されました。


生徒による司会進行、プレゼンテーション、学校行事がわかる動画や在校生へのイ
ンタビューなどを交え、本校での学校生活をお伝えする説明会となりました。




2つの説明会合わせて約700人の中学生・保護者の方に来校いただきました。
ありがとうございました。

第72回 体育大会

令和元年9月27日(金)に、第72回体育大会が実施されました。


午前はリレー予選、から始まりました。1年女子による5人6脚走、1年男子の棒引
き。2年の綱引きでは、なかなか旗が倒れず、白熱した競技が続きました。


昼休み後に行われる部活対抗リレー。


午後は長跳びや3年女子のタイフーン、3年男子の騎馬戦が行われました。


最後まで、良い天気の中で約600名の来賓・保護者・地域の皆様、そして学文殿
保育所の子供たちなどたくさんの方に来校いただき、無事に終えることができま
した。ありがとうございました。

第2回 オープンハイスクール

8月24日(土)に第2回オープンハイスクールが実施されました。

本校で夏休みに実施されるオープンハイスクールは、部活動見学が主な内容になって
おり、近くで活動の様子を見学していただくことができます。





また、国際文化情報学科と総合人間類型については、在校生との座談会を実施しまし
た。


午前と午後の部合わせて、約700名の方が来校しました。ありがとうございました。
平成30年度 行事記録

平成30年度 行事記録

人権教育講演会「はんぶんこ ~しあわせのカタチ~ 」

3月1日に1・2年生、PTAの希望者の方を対象に人権講演会:ちめいどコンサート「はんぶんこ ~しあわせのカタチ~ 」が開催されました。

ちめいどの ゆうすけさん、たかひろさんは、兵庫県伊丹市生まれ丹波篠山育ちの兄弟メッセージデュオ。 生きることの素晴らしさ、生命の大切さ、人生の応援歌を歌うそのスタイル・メッセージ性から、学校や地域からの出演依頼も多く、 人権学習としての講演また多分野にわたるテーマソング作成や、教材CDへの楽曲提供を行うなど、今、教育分野からの期待も熱いお二人です。


コンサートは、「有機野菜のジュース」「ソラノカナタ」「平和を紡ぐ人」などの10曲が演奏され、テーマにもなっている「はんぶんこ」では、2年7組:総合人間類型の40人の生徒が前に出て、曲に合わせて、手話を披露してくれました。また、アンコールのときには、卒業したばかりの3年生3人が、バイオリン、ピアノ、ベースで演奏をサポートしました。



だれかと「はんぶんこ」することによって、小さくて足りないものが十分の大きさになったり、重たくてしんどいものが軽くなったりしませんか?人と一緒に過ごすということは、喜びを共有し、悲しみを分かち合うことではないかな、と思います。

歌を通していろんなことを考えさせてくださった「ちめいど」さん、テーマ設定や企画・運営に携わってくれた生徒会の皆さん、一緒に手話や歌を楽しんでくれた生徒の皆さん、応援してくださったPTAの方々に感謝したいと思います。ありがとうございました。

第71回 卒業証書授与式

残念ながら、今年は雨が降ってしまいましたが、平成31年2月28日に71期生316名の
卒業証書授与式が行われました。





校歌斉唱では、吹奏楽部、ストリング・オーケストラ部の伴奏の中、在校生と共に
大きな声で効果を歌い上げ、笑顔で学び舎を巣立っていきました。

平成30年度校内マラソン大会

昨年と違って、暖かい日差しの中、今年のマラソン大会が実施されました。



昨年度の学年1位だった2人の選手宣誓のあと、女子→男子の順にスタートです。



リタイアする生徒もなく、参加者全員、完走することができました。

第2回オープンハイスクール・国際文化情報学科説明会

11月3日(月)、午前に本年度2回目となるオープン・ハイスクールが、午後には国際文化情報学科の説明会が実施されました。


当日は、生徒会生徒の司会から始まり、学校生活の様子を動画で見ていただいたり、インタビュー形式で在校生の声を届けたり等、盛り沢山の内容にはなりましたが、鳴尾高校での高校生活が充実していることをお伝えできていれば、幸いです。


両方合わせて、650人を超える中学生・保護者の方に来校いただきました。
ありがとうございました。

第71回 体育大会

前日の予行は雨でしたが、体育大会当日は抜けるような青空が広がる中、第71回体育大会が実施されました。
来賓、地域・保護者など500人以上の方々に来校いただきました。





今年は、運動部対抗リレーのサッカー部、騎馬戦の有志によるマイクパフォーマスなど生徒たちが盛り上げ役として様々な場面で活躍してくれました。



総合優勝は、長縄跳びで100回を超えた2年5組でした。