気象情報、交通機関の運休に伴う臨時休業措置等について


 1 午前7時の時点で、次のいずれかが起きている場合は、臨時休業の可能性があるので自宅待機をすること。
   (1)「神戸市」に暴風、大雨、洪水、大雪(波浪、高潮警報は除く)のいずれかの気象警報・気象特別警報が
      発表されている場合
   (2)名谷駅を発着する神戸市営地下鉄が運休している場合

 2 午前10時までに1のすべての事象が解除された場合は、11時35分にSHRを行い、第4限(11:45)より授業を行う。

 3 午前10時の時点で、1-(1)、1-(2)のいずれかの事象が継続している場合は、臨時休業とする。

 4 「神戸市」以外の区域に居住している生徒について、居住地に1—(1)の警報等が発表されている場合は、
   上記2、3に準じる。なお、その場合の欠席は公欠扱いとする。

 5 上記1-(2)以外で、通常通学で利用する交通機関が運休しており、代替交通手段の確保が困難な場合は、
   該当交通機関の運行が復旧次第登校する。なお、その場合の欠席は公欠扱いとする。

 6 定期考査中に1の事象が起きた場合は、その日を全日臨時休業とし、その日の考査は考査最終日の翌日に実施する。
   2日以上に渡った場合も原則として、最終日の翌日以降に続けて実施する。








昨年度の研究授業週間の報告はこちら(PDFファイル)をクリックしてください。