お知らせ

お知らせ

学校生活の様子

行事

坂東悠汰選手に千羽鶴を贈りました

本校卒業生(66回生) 坂東 悠汰 選手の東京オリンピック 陸上競技・男子5000mでのご活躍を祈念し、全校生・教職員で作成した千羽鶴を贈りました。

坂東選手は競技に向けて調整中のため、千羽鶴は7月23日に実施された激励会にて、記念品とともにご両親にお渡ししました。

校内外の千羽鶴を合わせると1万羽以上になり、これは坂東選手が予選・決勝の2回分で走る距離とほぼ同じになります。

陸上競技・男子5000mの予選は8月3日(金)20時より開始予定です。

坂東選手、頑張ってください!

生徒総会・全校集会の様子

7月16日(金)、生徒総会と全校集会が行われました。新型コロナウイルス感染防止の観点から、現状は『Google Meet』を利用し、写真のようにオンラインで各クラスに中継するような形で実施しています。

生徒総会では、新生徒会役員の認定、昨年度の生徒会活動・会計についての報告、今年度の生徒会活動計画・予算案の審議などが行われました。

全校集会では、防災ジュニアリーダーの紹介と運動部・文化部の伝達表彰が行われました。

最後に、全国総体に出場する陸上競技部の海道さん(三段跳び)、全国総文に出場するギター・マンドリン部の壮行会を実施し、大会に向けての意気込みを表明してもらいました。ご健闘をお祈りします。

募金活動を行いました

7月15日(木)、スーパーキンキ志筑本店、SUPER CENTER PLANT淡路店の敷地の一部を使わせていただき、募金活動を行いました。生徒ボランティア合計17名が参加し、店頭で募金を呼びかけました。

募金の対象は『ひょうご新型コロナウイルス対策支援基金』で、新型コロナウイルス治療に尽力されている医療従事者の方の勤務環境の改善などに使われます。

今回の活動で集まった募金と7月13日に各クラスで実施した募金をあわせ、合計64,543円を寄付いたします。

募金にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

球技大会が行われました

7月14日・15日の2日間の日程で、球技大会が行われました。種目はバレーボール、ソフトボール(男子)、キックベース(女子)の3つです。2日目は天候が心配されましたが、無事すべての競技を実施することができました。新型コロナウイルス感染拡大により、さまざまな活動が制限されている中でしたが、生徒は元気いっぱいに競技を楽しんでいました。

トルコとの交流行事(防災ジュニアリーダー)

6月17日(木)にトルコの「Çankırı TOBB Science High School」との交流行事が行われ、本校からは2年生の防災ジュニアリーダー3名、生徒会3名が出席しました。この行事は「zoom」を通してオンラインで実施され、トルコと日本の学生や先生が多数見守る中、進行しました。防災ジュニアリーダーの3名は、作成したプレゼンテーション資料をもとに、ほぼ英語で発表を行いました。

最初のセッション「Cultural Exchange(文化交流)」では、お互いに自国の文化や名所、食べ物や流行などを紹介しました。2つ目のセッションでは、「Disaster Risk Reduction(減災)」をテーマに、過去の災害から得た教訓や、被害を最小限に抑えるための取り組みについて発表し合いました。各セッション後の質疑応答では、防災ジュニアリーダーがトルコからの質問に答え、生徒会がトルコへ質問する役割を担いました。行事の最後には、司会を務めていただいたJICAのEmin博士より、「コロナ禍が収束したら、互いに実際に会って交流しましょう」とメッセージをいただきました。