学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

パラリンピック展開事業(講演会)


10月16日(金)5・6校時、体育館でパラリンピック 車いす陸上日本代表永尾嘉章選手による講演会が開催されました。

「みんなが主役 共生社会」と題して、

①   パラリンピックを目指すきっかけ 

②   パラリンピックで学んだこと 

③   共生社会の実現 

について話をしていただきました。

永尾選手は、本校の卒業生(当時は播磨養護学校)であり、約40年ぶりの来校で当時の高校時代の話も交え、当時を振り返りながら講演をしていただきました。

講演後には生徒数名から「鉄人やラストサムライと呼ばれていますが、いつごろからその異名で呼ばれるようになったのか」「車いすは試合会場にどうやって持って行っているのか」「今までで一番辛かった事、諦めそうになったこと」など、色々な質問が出て盛り上がりました。

事後の感想文には「自分な好きな事を見つけ中途半端にやらず、最後までやり抜く事が大切」「どんな事があっても最後まであきらめず継続する」などが多く書かれており、世界で活躍する卒業生の姿は生徒の心に残り、貴重な時間となったようです。

また、機会を見つけて今回のような交流を持つことができればと思います。

後期始業式


 10月5日
 後期始業式を挙行しました。
 校長式辞では、「『なりたい自分』に近づくようにチャレンジしてほしい」と
 「目的達成のために、優先順位をつけて取り組んでほしい」
 というお話がありました。
 続いて、生徒指導部長からは
 「身だしなみや挨拶の大切さ」と
 「ルールを守って学校生活を送ってほしい」
 というお話がありました。

前期終業式


 9月30日
 前期終業式を挙行しました。
 はじめに、卓球部と商業の検定合格者の表彰伝達を行いました。
 続いて校長式辞では、「教育活動と感染症対策の両立を
 はかりながらの前期の振り返り」と、「これから先、待ち受ける
 困難に立ち向かい、乗り越える気持ちを持てる人になってほしい」
 というお話がありました。