Blog

Category:卓球

卓球部 国体兵庫県予選会

6月18日(土)姫路市立中央体育館(ヴィクトリーナ・ウインク体育館)にて、第76回兵庫県民体育大会卓球競技 兼 第77回国民体育大会卓球競技兵庫県代表選手選考会(少年男女の部)が開催され、地区予選を勝ち抜いた中学生を含む男子352名、女子190名の選手が熱戦を繰り広げました。

 有馬高校からは、2年男子1名、3年女子3名、1年女子1名、計5名の選手が出場しましたが、残念ながら全員1回戦敗退となりました。

大会結果についてはこちらから→ 男子結果   女子結果

3年生にとっては、これが最後の公式戦でした。

汗と涙の部活動だったと思いますが、何よりも自分の成長を実感できる場だったのではないでしょうか。

進路が決定したら、是非、後輩の指導に協力してほしいと思います。

これから新チームでの活動が始まります。

釜渕キャプテンの下、仲間を大切にするチームスタイルを引き継ぎ、頑張ってほしいと思います。

皆様、応援よろしくお願いします!

 

卓球部 県総体

6月3日(金)~5日(日)の3日間、姫路市立中央体育館にて「第66回兵庫県高等学校総合体育大会卓球競技」が開催され、有馬高校から男子2年7名、女子3年4名、2年2名、1年2名が男女学校対抗戦と女子ダブルスに出場しました。

近畿大会・インターハイに繋がる試合だけに、各校気合十分です。

1日目:男女学校対抗

男子は1回戦を突破したものの、2回戦で惜しくも敗退。次への手応えを掴んでくれたことと思います。

女子は、練習試合でもお世話になった対戦相手に粘りの試合。勝ち進むことは出来ませんでしたが、仲間と共にここまで来れたことを笑顔で振り返ってほしいと思います。

2日目:ダブルス シングルス

有馬高校からは、3年高見・髙崎ペアが出場。

惜しくも1回戦敗退となりましたが、二人で作戦を確認しながら試合を進める姿が印象的でした。

3日目:学校対抗戦 準決勝・決勝、シングルス 決勝

有馬高校から3日目の出場はありません。

大会結果は、兵庫県高体連卓球部HPよりご覧ください。

 

この緊張感漂う会場で試合ができた事を、ずっとずっと忘れないでほしいと思います。

県総体は終わりましたが、6月18日には国体県予選があります。

気を引き締めて頑張ります!応援よろしくお願いします!

 

卓球部 国体丹有地区予選会

5月29日(日)丹波篠山総合スポーツセンターにて「第77回国民体育大会卓球競技兼兵庫県民体育大会卓球競技 丹有地区予選会」が開催され、有馬高校から男子12名、女子11名が参加しました。

大会参加選手は、丹有地区10校から男子105名、女子51名、その内県大会に出場できるのは、男子27名、女子16名です。

有馬高校からも、男子1名女子4名が決勝トーナメントに進み、県大会への出場権を勝ち取りました!!

考査が終わって間もない試合ではありましたが、自分の力を出し切った試合だったことと思います。

ミスが多いのも、”今の実力”です。一球に集中できるように、気を引き締めていきましょう!

上を見れば、仲間が応援してくれているって、心強いですね!

これからも応援よろしくお願いします!

 

卓球部 丹有総体

5月3日・4日の2日間、丹波篠山市立総合スポーツセンターにて、「第66回兵庫県高等学校総合体育大会 卓球競技 丹有地区予選会」が開催されました。

有馬高校からは、男子:2年8名、1年3名、女子:3年4名、2年2名、1年5名、計22名が参加しました。

今回も感染予防のため無観客試合となり、選手同士の応援も拍手のみ!

家族や仲間の大きな声援の中で競技できる日が待ち遠しいです。

1日目はダブルスとシングルスの試合、2日目は学校対抗戦が行われました。

ダブルスでは、女子高見・髙崎ペアが県大会出場お祝い

学校対抗戦では、男女ともにキラキラ2位キラキラを勝ち取り、県大会出場お祝い

3年生の女子4人にとっては、これが最後の地区総体。

集中力を切らさず、粘り強い試合を見せてくれました。

逆転して勝ち取った県総体出場です。

一つでも多く試合ができるよう頑張りましょう!

 男女揃って賞状を手にできたのは、本当に嬉しいです。

これからもより良いチームになれるようみんな努力していきましょう!

これからも応援よろしくお願いします!

 

 

卓球部 練習試合(明石商業)

4月3日(日)に県新人戦でベスト4の強豪校である明石商業高校へ女子6名で練習試合に行ってきました。

シングルスとダブルスの試合を行いましたが、日頃の練習の課題をしっかりと意識し試すことが出来ました。

残り1ヶ月、丹有総体に向けて頑張ります!

卓球部 兵庫県卓球選手権大会(ジュニア男女)

3月30日・31日の2日間、グリーンアリーナ神戸にて令和3年度最後の公式戦が開催され、有馬高校から男子8名、女子6名が参加しました。

1日目は、男子シングルス(ベスト32決定まで)、2日目は、女子シングルスと男子ベスト32の対戦です。

男子1298名、女子594名の選手が、アナウンスに従って待機コーナーに座り、粛々と行われる対戦に臨む姿は、緊張感に圧し潰されそうな雰囲気です。

強豪選手のプレイを見ながら、たくさんの刺激を受けたことでしょう。

女子の写真を撮り忘れてしまったという痛恨のミス!

代わりに神戸北との交流試合の1枚!

4月には、新一年生が入部してきます。

新たな気持ちで、練習に取り組んでくれることを期待しています。

 

卓球部 第2回 神戸北・有馬高校定期戦

3月20日(日)有馬高校卓球場において、「第2回神戸北・有馬高校定期戦 男女卓球団体戦」が開催されました。

神戸北高校より男子10名、女子4名、有馬高校から男子9名、女子5名、計28名が参加しましたが、感染予防のため全体の開閉会式・表彰式・観客の応援はありません。

結果は、女子団体:4-1、男子団体A:2-3、男子団体B:4-1 

有馬高校の勝利となりました。

団体戦後は、申込制の交流戦です。相手のプレーに良い刺激を受けたことと思います。

今後もお互いに頑張っていきたいものですね。

本日は、どうもありがとうございました!

両校選手で記念に一枚!構図が悪くて、申し訳ありません。

有馬高校もお約束の集合写真。新年度はすぐそこです!

 

卓球部 中高オープン大会

1月9日(日)丹波篠山市総合スポーツセンターにて「第12回丹有地区高体連卓球部・中体連卓球部指導者講習会および中高オープン卓球大会」が開催されました。

参加選手は、近隣の中高卓球選手250名余り。有馬高校からは、男子11名、女子6名が参加しました。

講師の先生は、福井県立敦賀高等学校 坂田 耕 先生です。

福井県の強豪校の顧問として、数々の実績を上げておられます。

「負けるが価値」「尊して得取れ」など汗と涙のエピソードから生まれた名言や、日頃の練習に取り入れたい工夫など、貴重なお話を沢山伺いました。

スポット講習での実技も大変わかりやすく、有馬高校の生徒も質問をして熱心に指導を受けていました。

この講習で学んだことを次の練習や試合に活かしてほしいと思います。

坂田先生、ありがとうございました!

卓球部 年末大掃除&豚汁

卓球部では、今年最後の練習の後、卓球場の大掃除を行いました。

フロアの雑巾がけや窓拭きの後、上石先生お手製の温かい豚汁をいただきました。

最後に全員で「今年の自分を振り返って一言」。

これからも、ワイワイ楽しいだけの部活動ではなく、苦しさを乗り越えた時に感じる自分の成長や、チームの一体感を楽しいと感じる部活動を目指して練習に励んでほしいと思います。

卓球部 県新人選

11月2日(火)3日(水)の2日間、第63回兵庫県高等学校新人卓球大会が グリーンアリーナ神戸 にて開催されました。

有馬高校からは、丹有新人戦で勝ち上がった女子が、女子学校対抗戦、女子ダブルス、女子シングルスに出場しました。

試合に出た選手も、審判に徹してくれた1年生も、この会場の雰囲気を十分に楽しめたのではないでしょうか。

強い選手の試合を見て、学んだことも多いはずです。

その気持ちを持ち帰って、今後の練習に活かしてほしいと思います。

 

今回も無観客試合でした。

保護者の皆様に、選手の表情をお伝えできるような写真を掲載したいところですが、他校の選手がどうしても映り込んでしまうため、小さな写真で申し訳ありません。

早く観戦していただける日が来るよう願っています。