ブログ

研修のようす、おしらせ、サイト更新情報

令和3年9月24日(金)ⅢE1308 児童生徒の情報モラル育成講座

〔研修の概要〕

講 義

 児童生徒が利用するインターネットの世界

・ネットワーク上のトラブルの実態

 

 情報社会に主体的に参画する態度を育む指導

・楽しいコミュニケーションを考えよう(LINE×静岡大学)

 

演 習

 情報モラル育成のための授業づくり

 

〔受講者の感想〕

・具体的な指導について学ぶことができました。特に、人それぞれで価値観や感じ方が違うということを念頭に置き、議論し、リスクを共有することが大切であるというお話が印象的でした。また、リスクをグラデーションでとらえるという考え方も大変勉強になりました。子どもにルールを押し付けるのではなく、どうすれば楽しくコミュニケーションがとれるのか、リスクを回避できるのかについて、子どもたちとともに考えていきたいです。

 

・何のために情報モラルについて教えていく必要があるのかを再確認できました。学校生活の中のどのような場面で、どのような教育ができるのかも具体的に学ぶことができました。情報モラルに関する授業を設定することももちろん必要ですが、普段の生徒との関わりの中でできるアプローチもあるということがわかりました。できるところから実践していきたいと思います。

 

9月10日(金)ⅢC1216(高)国語科教育講座

〔研修の概要〕

講   義 新学習指導要領でめざす授業の在り方

―新科目「現代の国語」「言語文化」を中心に―

講   師 広島大学 副理事・教授 難波 博孝

 

演習・協議 新科目「言語文化」の授業構想

―生徒の具体的な学習活動を構想する―

・主体的•対話的で深い学びを実現する授業の工夫

〔受講者の感想〕

  • 午前の難波先生の講義では、「現代の国語」「言語文化」について、自分たちでカリキュラムマネジメントを作る、というとても意欲が湧くお話をしていただきました。午後からはZoomを使って他校の先生方と具体的な話をすることができ、すぐにでも活用できそうなアイデアをたくさんいただきました。

  • 本日の研修を通して、「現代の国語」と「言語文化」において何を中心に生徒に伝えていくのか、どのような気づきを与えるべきなのか、考えることができたように思います。特に古典分野については、古典と生徒との距離感を考え、それを縮めるためにどのような授業を展開すればよいか、考えることができました。新年度が始まるまでの残り半年、本日学んだことを意識して授業していきたいと思います。

9月13日(月)ⅢC1220(高)数学科教育講座

〔研修の概要〕

講   義 これから求められる統計教育
                       -統計教育の充実をめざして-
                     神戸大学 教授 齋藤 政彦

演習・協議 統計的探究プロセスを経験させる授業の工夫
               ・「データ分析」の授業構想を中心に

〔受講者の感想〕

  • PPDACサイクルについては、統計学習で意識したことがありませんでした。数Ⅰの最後の内容ということで、時間が押してしまい授業時間数を確保できていないことが多いですが、情報や総合的な探究の時間などとのつながりも意識して、少しでも内容を深められるようにしていきたいと思います。
  • PPDACサイクルという新しい概念を学ぶことができました。PPDACサイクルにおいて、課題設定の段階から生徒自身が考え、次へのPPDACサイクルを考える意欲が湧くような授業の工夫をしていきたいと感じました。
  • 統計教育については苦手意識がとても強かったのですが、データをもとに話し合って分析したりすることや、分析したことを数値に表したりすることは、生徒と一緒に授業を作っていく上でとても興味深いと感じました。PPDACサイクルを基準に授業計画を立てていこうと思います。

9月9日(木)ⅢC1222(高)理科教育講座

講   義 理科の見方・考え方を働かせる授業づくり

       -見通しをもって観察、実験を行える生徒を育てる-

         上越教育大学 名誉教授 小林 辰至 

演習・協議 「探究の過程」を通じた学習活動を行うための授業づくり

       -観察、実験の授業を通して身に付けさせる資質・能力-

 

〔受講者の感想〕

  • 育成すべき資質、能力の3つの柱を再確認することができ、、理科という教科のなかでどのような視点でそれらを育んでいけばよいかを改めて考えることができました。
  • 仮説の設定が重要であるということを学ぶことができました。また、小林先生が具体例を示しながら説明してくださったので、どのような点に着目して仮説を設定していくのか分かりました。
  • 見通しをもって観察、実験を行える生徒を育てるためのアイデアや発想、また、それらを評価するための評価規準についても深めることができました。これらを本校の生徒の実態に沿った授業づくりに活かしていきたいです。

9月8日(水)ⅢD1202(高)キャリア教育推進講座

〔研修の概要〕

講   義 体系的・系統的なキャリア教育の在り方 
                    ーキャリア教育の充実に向けてー

講   師 筑波大学 教授 藤田 晃之

演習・協議 キャリア教育の視点から教育活動を振り返る

 

〔受講者の感想〕

  • キャリア教育の視点をぜひ自分の教科でも活かしていきたいと思いました。また、学校としての目標を明確にする必要性を感じました。
  • 新たなことを行うのではなく、今行っている行事をキャリア教育の観点から見つめ直すという言葉が特に印象に残りました。
  • 今まで通り自己理解や人間関係形成に関する取組を大切にしつつ、生徒たちが「学ぶ意義の認識」ができるように意識し、生徒に伝え続ける必要があると思いました。

9月7日(火)ⅢC1225(高)英語科教育講座

〔研修の概要〕

講   義 音読で外国語が話せるようになる科学

      -科学的に正しい音読トレーニングの理論と実践-

        関西学院大学 教授 門田 修平

講   義 新学習指導要領でめざす授業の在り方

      -新科目「英語コミュニケーション」「論理・表現」を中心に-

演習・協議 英語科における生徒の発信力を向上させる方法について

      -授業プランの作成・模擬授業を通して-

 

〔受講者の感想〕

  • 音読活動において、シャドーイングの有効性を再確認できました。シャドーイングを通して、英語でのやりとりができる生徒を育てていきたいと思いました。
  • 新学習指導要領の改訂を受けて、生徒のインプット活動とアウトプット活動がより深まるような授業展開を考える必要があると感じました。
  • 今回初めてテレビ会議システムを活用したWeb研修を受講し、来年度から始まる一人一台端末環境での授業をイメージすることができました。

8月18日(水)ⅢC1232(中高)家庭科授業実践講座

      

〔研修の概要〕

講   義 ICTを活用した授業展開について

発   表 実践事例報告 ーICT活用先進校の授業の取組ー

演習・協議 タブレット端末を活用した家庭科授業の実践

 

〔受講者の感想〕

  • Jamboardやロイロノートなど使い方をはじめて知りました。便利な機能をどんどん取り入れて、生徒の知識や技能習得に繋げていきたいと思います。
  • 沢山のICT活用方法を教えていただき、教えることや授業に対してワクワクしてきました。
  • 実践事例にとても刺激を受けました。私も学びを続けなくてはと思いました。

8月11日 (小)算数科授業実践講座

 

〔研修の概要〕

講義  数学的に考える資質・能力の育成をめざして-数学的活動を通して-
                 神戸大学大学院教授    岡部 恭幸

発表    数学的活動の充実をめざした授業実践
演習    主体的・対話的で深い学びを実現する授業の在り方
               ・タブレット端末等を活用した「数と計算」領域の授業づくり

〔受講者の感想〕
○教材の本質や価値を見出した上で、児童のつまずきを想定した授業づくりが大切だと思いました。数学的に考える資質・能力を育むために、知識だけを意識した系統性に加えて、思考における系統性を十分に知っておく必要があると感じました。
○うまく教えるのではなく、目のつけどころや考えの進め方を伝えられる授業にという岡部先生のお話にハッとさせられました。教育的支援を必要とする子にフォーカスを当て、どの子にも分かることに着目して学力向上を目指す授業づくりの重要性に気付きました。
○45分全てではなく、子ども達がつまずくであろうと思う課題場面での数学的活動やICTの活用の仕方を学びました。教育的支援を必要とする子どもを巻き込む授業づくりを意識しながら、活用したいと思います。

8月10日(火)(高)看護科教育講座

 

 

 〔研修の概要〕

講   義:新学習指導要領がめざす看護科の教育について

       ・主体的・対話的で深い学びを実現する授業の工夫

講   師:京都大学大学院医学系研究科 研究員 内藤 知佐子

演習・協議 生徒の看護実践能力の向上に向けた授業づくり       

〔受講者の感想〕

・生徒を安心させる言葉がけや発問の方法について学ぶことができました。

・授業で何を教えるかという目的をしっかりと見極め、対話的な授業を構築していきたいと思いました。

・生徒が関心を持てるような授業の導入を考えていきたいと思いました。

8月10日(火)ⅢC1243(高)福祉科教育講座

     

〔研修の概要〕

講   義  新学習指導要領がめざす福祉科の教育について

        ・主体的・対話的で深い学びを実現する授業の工夫

演習・発表  生徒の福祉実践能力の向上に向けた授業づくり

 

〔受講者の感想〕

・評価の観点が新学習指導要領によってどのように変わるのかを具体的に学ぶことができました。実際に評価の観点も記入した指導案を作成し、講師の先生からアドバイスをいただいたので、今後に活かしていきたいと思います。

・新学習指導要領に関して、学びを深めることができました。様々な知識のみならず、演習を通して授業展開に活かす手法についても学ぶことができ、非常に学びの多い1日になりました。

8月5日(木)ⅢC1223 (高)理科授業実践講座(第1回)

  

〔研修の概要〕

講義・発表:1人1台端末環境における、ICTの効果的な活用について

演   習:ICTを授業にどう生かすか

       ・理科の学習場面に応じた効果的なICTの活用

 

〔受講者の感想〕

  〇1人1台端末での授業のイメージがなかなか持てなかったが、実際にタブレットを使用しつつ、

   実践例も講義頂いたので、自分でもできるイメージが持てました。

  〇私自身、これまでに ICTを用いた授業方法を試行錯誤する中で、理想とのギャップや不安を感じ

   た事もありましたが、自分なりの方法を確立するまで挑戦していきたいと思います。

  〇実践すること自体が目的ではなく,必要に応じて活用することが大切であることが分かりまし

           た。 

8月11日(水)ⅢC1226 (高)英語科授業実践講座(第1回)

8月11日(水)ⅢC1226(高)英語科授業実践講座を実施しました。

(研修の概要)

講   義:1人1台端末環境における、ICTの効果的な活用について

演習・協議:ICTを授業にどう生かすか 

      ・英語科の学習場面に応じた効果的なICTの活用

 

(受講者の感想)

  • これまで実践したことのない活動も含め、様々なアイデアをいただいたので是非実践したいと思いました。
  • 今日学んだGoogle JamboardやGoogle Classroomなどを活用することにより、生徒の活動の幅が広がると思いました。オンラインでの学びにも活用できる様々な方法が学べました。
  • 便利なアプリや機能は、必要な場面を見極めて使用してこそ効果的になると実感しました。

8月10日(火)ⅢF1502 自他の命を大切にする心を育む教育講座

8月10日(火) ⅢF1502 自他の命を大切にする心を育む教育講座を実施しました。

午前の様子 午後の様子

〔研修の概要〕
講   義:児童生徒の命を守るために
講義・演習:自他の命を大切にする心を育むために

〔受講者の感想〕
・午前の新井先生の講義では、非常に重い内容ではあったけれど実際の調査や聞き取りから得た話をしてくださったので、大変勉強になりました。大人にとっては小さな悩みに見えても、その子どもにとっては大きな悩みだということ。しっかりと子どもの話を聞いて一緒に解決するつもりで向き合いたいと思いました。
・自殺予防という大きな課題に対して、日々の積み重ねが大切だと改めて感じた。ロールプレイをすることで、やはり共感的理解を示されることが安心感があると感じた。対応一つで防げることがあるかもしれないと考えると、二学期以降考えて子どもたちと接したい。
・「消えてしまいたい」…教師としてはドキッとする言葉に対して落ち着いて考える機会がもてました。日頃から孤立感を感じないように話をするなど安心感をもてるようにしたいです。勉強になりました。

8月2日(月)ⅢC1238(高)工業科教育講座

     

〔研修の概要〕
講   義:新学習指導要領で求められる工業科の教育について

演習・協議:効果的な授業研究の手法

〔受講者の感想〕
・AppleTVや、使いやすいアプリの説明などをしていただき、思っていた以上に簡単で使えそうだと思った。夏休みの残り時間を使って9月からの授業に役立てていきたい。

・現在、タブレット端末で教材写真を黒板に映して授業展開をしています。学んだ内容を現在の取組にプラスし、タブレット端末の使用頻度を上げていきたい。

8月5日(木)ⅢC1231 (高)家庭科教育講座

                

〔研修の概要〕 

講   義:新学習指導要領における授業の在り方と学習評価

       ―家庭科における指導と評価の一体化―

講   師:福井大学 名誉教授  荒井 紀子

 

演習・協議:生徒の学びの質を高めるための授業の工夫

       ―探究を引き出す学びのデザイン―

 

〔受講者の感想〕

  • 領域横断的な授業について、他の先生方との議論を行うことができ、とても有意義な時間になりました。
  • たくさんの先生方と意見を出し合い、考えた授業計画はすぐにでも実践できるものばかりだったので、実際取り組んでみたいと思います。
  • 領域横断的な授業設計の方法を知ることができ、良かったです。 

 

 

 

 

 

8月3日(火)ⅢC1230(高)芸術科(書道)教育講座

       

 〔研修の概要〕
講   義:生徒の主体的な学びを実現する芸術科(書道)の授業づくり

講   師:奈良教育大学教授 谷川 雅夫

演習・協議:書に関する見方・考え方を働かせる授業の在り方

 

〔受講者の感想〕
・新学習指導要領で取り上げられている「風趣」についての知識や、その指導方法等を習得できました。
・古典作品の鑑賞に終始せず、そこから更に自分の意見を発表する場を設けること、実感を伴う授業展開を実際に模擬授業や意見交換を行うことによって、知識や技能を更に深めることができました。自分自身が実感を伴う経験をしたと思います。

8月5日(木)ⅢC1221(高)数学科授業実践講座

   

〔研修の概要〕

講義・発表  1人1台端末環境における、ICTの効果的な活用について

演   習  ICTを授業にどう生かすか

       ・数学科の学習場面に応じた効果的なICTの活用

〔受講者の感想〕

・新しい取組のヒントとなるものが多くありました。また、これまでに試してみた内容についても、上手くいかなかった部分の改善点もありました。多くの先生方の実践例を参考にしながら、工夫していきたいと思います。

・ICTを活用した授業を実施する際に使えそうなアプリやサイトがわかりました。実際に活用しないとわからないことも多いので、いろいろな場面で試行錯誤しながら活用していこうと思います。

・他の学校の先生方も色々悩みながら、頑張っておられるのがわかりました。自分も、動画配信やグラフ描画ソフトなど少しずつ使っていきたいと思います。

8月4日(水) ⅢE1305 (中高)プログラミング教育入門講座

   

 

【講座の概要】
・演習「アルゴリズム入門」
・演習「プログラミングの基礎」

【受講者の感想】
・ビジュアルプログラミングやVBAなど、今後入学してくる生徒が知っていることになると思うので、本研修で学ぶことが出来て良かったです。
・VBAでは校務を効率的する方法を学べたので、明日からの校務に生かしていきたいと考えました。
・Pythonの言語がとても興味深かったです。中学生でも扱えそうな気がするので、自校に戻ってから研修を続けたいと思います。
・プログラミングの導入段階における指導方法の参考になりました。

8月3日(火) ⅢC1240 (高)商業科教育講座A

【講座の概要】
・演習「コンピュータ会計と簿記教育」
・演習「経営戦略思考と会計思考を深めるシミュレーションの基礎」
・協議「高等学校における簿記会計分野の指導のあり方」

【受講者の感想】
・会計ソフトの実践や、戦略マネジメントゲームを活用した意志決定の学習など、多くの学びになりました。
・他校での取組や、先生方の思いを知ることができ、気持ちを引き締めることができました。
・過去から現在にわたる商業科目の変遷も初めて知り、今後の商業教育を考えるいい機会になった。
・学習内容をどのようにアウトプットすべきなのか、学ぶことができました。
・検定取得に加え、より社会に貢献できるような内容を教えることが、商業教育のミッションであると改めて感じることができる1日でした。

7月29日(木) ⅢC1333 (高)情報科教育講座A

 

 

【研修の概要】

演 習 情報通信ネットワークの仕組み

演 習 データの収集・整理

演 習 データを活用した問題の発見・予測

 

【受講者の感想】

・情報通信ネットワークの指導については、これまで実施してきた内容を用いることができるがデータの活用については不安なことがありましたが、この研修を受けて参考になりました。

・統計データの活用について、回帰分析のことを学ぶことができました。他校の実践を例に説明を聞くことができ、大変参考になりました。

・WebAPIを使用したデータの収集や、GISを用いたデータの可視化が特に参考になりました。今後の授業に取り入れていきたいと思います。