日誌

剣道部BLOG

【剣道部】 県新人剣道大会 男女とも5位入賞!

11月8日() から10() までの3日間、高砂市総合体育館にて兵庫県新人剣道大会が開催されました。

8日 男女個人戦。坪田莉好(2年生)、大躍進のベスト8!

 個人戦には、東播大会を勝ち抜いた男子2名、女子3名が出場しました。男子は2名とも初戦敗退と悔しい結果に終わりましたが、女子は坪田莉好選手が第5位入賞を果たしました。ベスト4をかけた試合では残念ながら敗れたものの、持ち前の粘り強さと気迫で活気あふれる試合を展開しました。坪田選手の快進撃が、翌日以降の男女団体戦に弾みをつけてくれました。



9日 男子団体戦。シード校の報徳学園を撃破!
ベスト8に。

 2回戦から始まった男子団体戦。2回戦、3回戦を順調に勝ち進み、迎えた4回戦はシード校報徳学園とのベスト8をかけた試合でした。

 先鋒が勢いのある戦いで、開始早々の抜き胴から2本勝ち。続く次鋒が1本勝ち。先行するも地力で勝るシード校に副将、大将が同点に追いつかれ、勝負は代表戦に突入。代表戦は大将同士の緊迫した戦いとなり、初太刀の面で勝負あり!前日の個人戦で準優勝した相手の大将が、面に対しての抜き胴を狙ったところを一瞬速く打ち抜いた!見事な面であった。
 ベスト4をかけた試合では負けてしまいましたが、戦い終えた選手の表情からは大きな自信が感じられました。



10日 女子団体戦。接戦を逃して惜しくもベスト8!

 シード権を持っていた女子団体は2回戦から順調に勝ち進み、ベスト8を死守することができました。しかし選手は、この大会でベスト4への進出を果たし、近畿大会への出場を目標としてきました。
 残念ながら、準々決勝では試合巧者の関西学院との対戦に力を発揮できませんでした。惜しい場面を作るものの、ポイントを重ねられ1-2での敗退です。試合後の選手の涙には悔しさと次への決意が見えました。これからの成長が楽しみです。


【剣道部】県新人大会東播予選 男子優勝 女子準優勝

9月28日(土)、29日(日) の2日間、東播地区予選大会が県立農業高校で行われました。会場まで足を運んで応援してくださった保護者、OB・OGの皆さまに、まずはお礼申し上げます。


28日午前は男子個人試合が行われ、2年生2名が県大会出場権を獲得しました。午後に行われた女子団体試合では、予選リーグを1位通過、準決勝では加古川西高校に勝って決勝に駒を進めました。

決勝戦の相手は、今春の東播大会と同じく明石高校。8月の県民大会でも準々決勝で敗れた相手です。1ヶ月前より善戦したものの、結局敗れて準優勝に終わりました。県新人大会では県民大会で手に入れた8シードを存分に活かし、さらに上を目指して頑張りたいと思っています。


29日午前は女子個人試合が行われ、2年生3名が県大会出場権を獲得しました。午後に行われた男子団体試合では、予選リーグを1位通過し、準々決勝の加古川南戦にも勝利しました。

準決勝の相手は明石高校。昨秋の同大会でも準決勝で敗北を喫しましたが、今年は違いました。勢いのあるすばらしい試合を見せてくれたのです。最終的には、決勝戦の東播工業高校にも勝利し、11年ぶりに優勝旗を持ち帰ることができました。

令和になって新調された優勝旗は、ぜひOB・OGの皆さまにもご覧いただきたいと思っています。お時間にある時に、道場まで足をお運びください。



【剣道部】兵庫県民大会 女子第5位

8月24日(土)、高砂市総合体育館で県民大会が開催されました。新チームになって初めての公式戦。しかも県新人戦のシード権をかけた大会です。

本校は、男女ともにそれぞれ5人しかおらず、全員が団体戦の選手として出場します。男子は残念ながら、1回戦で県立大附属に負けてしまいましたが、勢いに乗った女子は4回戦まで勝ち上がりました。

最後は明石高校に負けてしまったものの、11月に行われる県新人戦に向けて弾みをつけることができました。明日からまた、男女とも精進を重ねていきたいと思っています。

日頃から応援してくださるOBの方々、支えてくださる保護者の皆さま、秋のシーズンに向けてどうぞよろしくお願いします。


        試合前の整列

   先鋒は上段どうしの戦いになりました


   1本取った!赤旗が上がります


      表彰式を終えて