教科指導及び生徒指導(特別教育活動を含む)の重点
■教科指導の重点
(1)教科指導の重点
ア 基本方針
(ア)主体的・対話的で深い学び」につながるよう、授業改善に取り組む。
(イ)基礎的・基本的な学力の定着を図る。
(ウ)生徒の個性を生かし、能力・適性・進路に応じた指導を行うとともに、授業のユニバーサル化に取り組む。
(エ)社会の変化に対応し、自ら学ぶ力を育成する。
(オ)学校図書館を学校生活に密着し、自己教育をはぐくむ場にする。
(カ)ICTを用いた授業を充実させる。

イ 重点目標
(ア)特色ある教育課程を編成する。
・生徒の興味・関心や進路希望に対応した特色ある教育課程を編成する。
(イ)授業を充実する。
・「主体的・対話的で深い学び」につながるよう、授業内容を精選するとともに指導方法の改善と工夫に努める。
・授業のユニバーサル化を推進する。
・ICTを用いた授業を充実する。
(ウ)学習習慣を定着させる。
・予習復習を徹底させ、生徒自らが学習内容を深化できるように指導する。
(エ)個に応じた指導を展開する。
・習熟度別編成や少人数編成の授業により、個に応じた指導を推進する。
(オ)シラバスを作成する。
・生徒の実態に応じて目標、内容、評価、進度を設定し、計画的系統的に学力を育成する。
(カ)指導と評価の一体化を進める。
・評価方法の工夫改善に取り組み、指導に生かす。
・教務規定を見直す。
(キ)成績処理システムを効率的に活用する。
(ク)図書館の施設・設備、蔵書を充実する。
(ケ)読書意欲を育成する。・・・「朝の読書」の活用。

■生徒指導(特別活動を含む)の重点
ア 基本方針
(ア)基本的生活習慣の育成および指導を行う。
(イ)西陵生としての服装・身だしなみを徹底する。
(ウ)交通安全に対する意識やマナ-の向上を図る。
(エ)生徒会活動・部活動を活性化する。
(オ)全職員の共通理解、共通実践を図る。
(カ)教育相談活動と連携を図る。
(キ)家庭・地域社会と連携を図る。
(ク)互いを尊重し合う「Respect」精神の観点から、いじめの予防と早期発見・解消へ積極的に取り組む。

イ 重点目標
(ア)基本的生活習慣を身につけさせるため、学校・家庭・地域の連携に基づいた指導を通し、生徒自らが行動できる能力・態度を養う。特に、朝の遅刻、授業の遅刻の防止に努める。
(イ)集団生活における規則、マナーを遵守する態度を養い、集団の一員として望ましい生活態度の育成を図る。挨拶を徹底するとともに、制服の正しい着用、高校生としての自覚ある行動を育成する。
(ウ)交通ル-ルやマナ-の重要性を自覚し、安全な登下校ができるようにする。
(エ)生徒会活動を中心に、各種委員会の活性化を図る。さらに、文化部、運動部の活動を活性化させる。
(オ)生徒指導に関する研修会、指導部会を実施し教職員の共通理解と共通実践を図る。
(カ)教育相談の活用を図る。
(キ)生徒指導全般について、家庭・地域との情報交換を密にする。
(ク)「いじめに関するアンケート」を実施する。さらに「いじめ対応チーム」と連携し、いじめ撲滅のための組織的取り組みを継続する。
(ケ)生徒指導の観点を中心に、学年・学級経営、部活動の充実を図り、心豊かな人づくりを推進する。