ブログ

(SNR76)活動報告をアップしています。

能登半島地震災害義援金募金活動

 先週1月10日から12日にかけて、生徒会・国際文化情報学科・総合人間類型を中心に、能登半島地震で被災された方への支援として、募金を呼びかける活動を行いました。代表生徒が募金箱を持って回り、寄付の依頼をしたところ、多くの生徒・職員の皆様から快くご協力をいただき、生徒会主体で取り組んだクラス単位での募金と合わせて、88,684円が集まりました。本日(1月15日)、日本赤十字社に「令和6年能登半島地震災害義援金」として送金も完了しました。皆様のご協力に感謝いたします。ありがとうございました。

 

令和5年度 総合人間類型 「甲南大学リサーチフェスタ」における発表

令和5年度 総合人間類型 「甲南大学リサーチフェスタ」における発表

 

2023年12月17日(日)に行われた甲南大学リサーチフェスタ(主催甲南大学・後援兵庫県教育委員会・神戸市教育委員会・西宮市教育委員会)において本校総合人間類型の3年生3人が以下のテーマで発表を行いました。

1 「子どもの睡眠と子守唄-ネエヤ歌から考える寝かしつけの基準と条件-」

2 「日本の臓器提供の現状-和田移植事件のもたらしたもの-」

3 「世界の教育を支える経済から見る日本の教育の課題-待機児童問題が解決しないのは何故か-」

このうち「日本の臓器提供の現状-和田移植事件のもたらしたもの-」という発表テーマについては、学長賞に次ぐ「審査員特別賞」を受賞し、表彰状と盾を授与されました。

 

令和5年度 総合人間類型 課題研究発表会

総合人間類型 76期生 課題研究発表会

 12月7日(木)4限、体育館にて、3年生の課題研究発表会が行われました。総合人間類型に所属する3年生の代表6名が発表し、司会・進行も3年生が務めました。3年生の他クラスの生徒、総合人間類型に所属する1年生、2年生に加えて、保護者の方も参観してくださいました。また、最後に校長先生から講評をいただきました。皆様、ありがとうございました。

発表テーマ

1 身近にあるストレス-生活との結びつき-

2 子どもの睡眠と子守唄-姉や歌から考える寝かしつけの基準と条件-

3 日本の臓器提供の現状-和田移植事件のもたらしたもの-

4 食生活と集中力-集中力を上げる食べ物とは-

5 腸の大切さ-第二の脳は身体に何をもたらすのか?-

6 運動部離れから考える現代の高校生に最適な指導方法-パフォーマンスを向上させるためには-

令和5年度学校説明会・類型座談会(SNR76)

 8月18日(金)の学校説明会、19日(土)類型座談会に多くの類型生徒が携わってくれました。

 1日目の学校説明会は、オンラインで各教室に画像・音声を流す形で実施され、代表生徒3名が中学生・保護者の方に向けて、類型についての説明を行いました。2日目の類型座談会は、4教室に分かれ、最初に類型についての説明を行い、その後はグループ毎に中学生・保護者の方から質問を受け、返答する形で進めました。中学生からの熱心な質問に、時間を延長して対応する光景も見られました。

 誘導・案内・受付・司会進行等々、全てがボランティア生徒による運営で、皆さんの持つ力に改めて感心しました。皆さんに憧れて、類型への入学を希望してくれる中学生が増えると期待しています。

新入生オリエンテーション

4月6日

新入生オリエンテーションのため、3年生が「仲間づくりゲーム」を企画・運営しました。

グループごとにゲームの内容を1から考え準備し、新入生への説明もしました。

新入生はそれぞれのゲームを通して同級生・先輩と親睦を深めることができました。

3年生はこれからの学びについて激励を、新入生は抱負を発表し、とても良い雰囲気でオリエンテーションを終えることができました。