活動記録

総合人間類型活動報告

東京研修 初日 No.1

 やってきました、東京研修!!!
朝8時過ぎから、新大阪駅の集合誘導係が動きます。

集合時間に遅刻した人もちらほら。しかし、全員参加。

 ホームでしおりの確認。

 いざ乗車、9:37発のぞみで東京へ。行ってらっしゃい!!

3月 特別講演

 3月7日月曜日の午後から特別講演を行いました。
 講師は、西野亮廣さん(キングコング、
よしもとクリエイティブ・エージェンシー)です。
「夢を実現するために」という内容で、お話しいただきました。

 「梶原と一緒にデビューして、看板番組を
すぐに持てました。オレってすごいやんと思ってました。」


 「しかし自分の目標は、こんなもんか・・・と感じはじめ、
テレビに甘えたらあかんと思って、テレビの仕事を
減らしたんです」


 「何をしようか真剣に考え、アメリカで絵の個展を開くことに
しました。これが一筋縄ではいかず・・・」



「SNSでひとり一人に当たり、お金を集める勉強をして
行動を起こして協力してもらい、ニューヨークで開催。
その絵が絵本になって、発刊されました。」
 

 「いまは、独演会もやってます。そしてそこから広がる
街作りを計画して動いています。
目標は『ウォルト・ディズニーを倒すこと』です!」


 何かを始めるときは、真剣に想いを伝え、協力してもらう
こと、方法を探すことだということを学びました。
”アーバン西野”に期待をしています。
 西野さん、お忙しい中ありがとうございました。

東京研修のしおり完成!

 3月になりました。沈丁花の香りが漂っていますね。
来週実施する総合人間類型の「東京研修しおり」が、完成!
表紙・裏表紙です。


 編集、デザイン、構成を手分けして編集し、製本作業。



 カラーの表紙で、できあがりました!!
これから類型の40人と引率の先生と、旅行会社の担当の方と
このしおりで最終打ち合わせをします。

大学施設見学

 2月15日生徒休業日を利用して、
希望者が武庫川女子大学看護学部へ
施設と授業を見学しました。
各階に講義室や実習室が充実しており、
看護の学習に充実した時間が過ごせる感じでした。

生徒の詳しい感想は、「お知らせ」に載せました。
是非、ご覧ください!!

防災教育③

 今回の総合学習は、2回の防災教育講義をふまえて
グループ協議をしました。
 他学年の先生に、サポートで入っていただきました。
初めの演習は、地震シミュレーション、
「発生直後、学校で避難所運営するには」です。
次々起きる事態をどのように対処するか・・・


被災者の避難場所、外国人、ケガ、喫煙場所、ペット、
妊婦や赤ちゃんの授乳など、『学校授業再開』も考えて
使える場所を決め、皆さんに納得してもらえる判断を下します。

「使用できる、できない」を付せんに書いて可視化します。

班の意見を発表し、お互いの価値観の違いを
確認します。そして、よりよい避難所の自治運営を
見つけていきます。

 次の演習は「判断しにくい事態が発生したときに
どう対応するか」を協議しました。
『足りない避難食』は、配る?配らない?


子どもやお年寄り優先、家族の人数を考慮する、
足りないから配らない、などの意見が出ました。

 どの状況も、刻一刻変わる事態に対応することになります。
どれが正解かわかりません。被災者と避難所と
協議して望ましい方法を見つける、大きな意義のある
シミュレーション授業でした。