学校経営

教育目標

(1)聴覚に障害のある幼児・児童・生徒一人ひとりの障害や発達段階、特性に応じた教育を推進し、自立と社会参加を実現するための基礎となる「確かな学力」、「コミュニケーション能力」、「豊かな心」を育てる。

 

(2)聴覚障害教育の一層のセンター的機能の充実を図り、地域社会や保護者から信頼される学校づくりを推進する。

 

令和元年度 本年度の重点課題

 1 将来への夢や希望を有し、その実現に向けて自発的・主体的に学ぶ幼児・児童・生徒の育成

 (1)保育相談部から幼・小・中・高と一貫したキャリア教育を展開し、自立して生涯にわたって自らの夢や志の実現に努力できるよう支援する。

 (2)個別の指導計画、個別の教育支援計画の一層の充実を図り、全職員で情報共有し、保護者や関係機関との連携を図りながら、協働して指導を展開する。

 (3)幼児・児童・生徒一人ひとりの障害の状態、教育的ニーズに応じた教育を展開し、基礎基本の定着及び個性・創造性の伸長を図る。

 (4)学部、教科等を越えた校内研修の充実を図り、主体的・対話的で  深い学びの実現する授業づくりを目指す。

 (5)学習面だけでなく、部活動や文化的・体育的行事の充実を図ることで、心身の健全な育成に努める。

 (6)NIEを推進することで新聞に親しみ、読む力や発信する力等を育成する。

 

2 生命を尊び自他を尊重する態度や感性、豊かな心の育成

 (1)防災教育や安全教育、食育、そして生命と性についての教育をさらに推進する。

 (2)学校における全ての場面において、自他を尊重する態度や感性を培う指導を行い、いじめを許さない学校づくりを推進する。

  また、課題への迅速かつ組織的対応の可能な体制づくりに努める。

 

3 聴覚障害にかかる特別支援教育のセンター的機能の充実

 (1)聴覚障害教育の中心校として、教職員の資質や指導力・専門性の向上に努めるとともに、学校としての組織的専門性の充実を図る

 (2)関係諸機関との連携を密にし、聴覚障害教育のセンター的機能を果たし、小学校、中学校、高等学校、地域等への支援の充実を図る。