緊急時・警報発令時の対応

気象警報発表、交通機関途絶時等の登校について

令和2年7月 改定


気象警報、交通機関の途絶時等の登校については、下記のとおりとします。

 1 気象警報発表時
  1. 午前6時から午前8時の間に三田市に暴風、大雨、大雪、洪水ののいずれかの気象警報が発表された場合、自宅待機とします。午前8時以降、気象警報が発表されている場合は、臨時休校とします。なお、午前8時までに気象警報が解除された場合は、3校時目からの授業を実施します。
  2. 三田市に気象警報は発令されていないが、各自が居住する市・町または通学途中の市、町に気象警報が発表されている場合は、保護者の判断で登校を見合わせ自宅待機することができます。この間の授業は公欠とします。
  3. 定期考査中に各自の居住する市・町に午前6時または、それ以降に暴風、大雨、大雪、洪水のいずれかの気象警報が発表された場合は、臨時休校とします。

 

2 交通機関途絶時(交通ストライキを含む)
  1. 午前6時現在JR・神戸電鉄・神姫バスの2社以上が途絶または運休している場合、臨時休校とします。

 

3 その他
  1. 定期考査中に臨時休校となった日の試験は、試験最終日の翌日(授業を行う日)に実施します。

(「生徒手帳」 60頁・61頁より)