お知らせ

 

 

2021秋オープンハイ中学生向け案内文書(HP版).pdf

中学校配布フライヤー表.pdf

中学校配布フライヤー裏.pdf

 
 
 
★生徒及び保護者の皆さまへ
引き続き感染防止対策を徹底してください。
・校内での感染対策、授業中、昼食時、休み時間の感染対策を徹底してください。
・習い事のところでのとられている感染対策を遵守すること
・習い事であっても本人はもとより、家族に発熱等の風邪症状があったり、
    PCR検査を受けている者がいる場合は参加しないこと
・習い事への行き帰りにあってもマスクの着用を徹底すること
・コンビニでの飲食、会話などは避け、速やかに帰宅すること
・部活動などでも感染対策を徹底してください
 
新型コロナワクチン接種予約窓口のお知らせ
・県の大規模接種会場において、受験を控える高校生等にも配慮し、16歳から39歳までの若者優先枠が設けるとの情報がありましたのでお知らせします。詳しくは添付している一覧表をご覧ください。
・姫路競馬場、園田競馬場を会場とする新型コロナワクチン接種の予約(「若年層優先枠」(各会場1日あたり200人))が、9月18日(土)から実施されています。
・さらに、県内在住で、県内市町が発行したワクチン接種券を有する16歳以上の方なら、「一般枠」(各会場1日あたり800人)での予約も可能となりました。
    
  教育相談開催のお知らせ9月保護者宛文書 HP用.pdf
 
最近「新しい鈴高プレスがないぞ」というお声をいただきますが、現在新型コロナウイルス感染拡大のため「緊急事態宣言」発令中で、公式戦のない部活動は現在自粛中です。したがってこの鈴高プレスを発行している編集部も部活動を自粛しております。部活動が再開したらまた発行しますのでぜひお楽しみにお待ちください。
 

 ★13回生修学旅行の様子

各学年のページや新着情報が更新されたら、こちらに表示されます
新着情報

新着情報

【国際コース】韓国オンライン交流

兵庫県国際交流協会にお世話をいただいて、日本と韓国を結んだオンライン交流を行いました。本校1年生(国際コミュニケーションコース生徒)と、韓国の順天高校(日本語専攻の生徒)です。こちらは、英語で、相手校は日本語による会話でした。本日は、第1回目ということで、2つの教室に分かれて、お互いの自己紹介をしただけでしたが、生徒たちはテンション高く、言葉を交わす度に大歓声が起こっていました。とても楽しい時間になりました。

1組

2組

順天高

次回以降は学校紹介の動画の交換、少人数に分かれての交流を行っていく予定です。

画面に映る生徒たちと一緒に写真撮影

50万アクセス達成!!

この本校のホームページを見ていただいた皆さん!本当にありがとうございます。たった今50万アクセスを達成しました。7月25日から約二ヶ月弱でのべ10万人の方に見ていただきました。部活情報も最新のものをあげるように頑張っていきます。これからも本校を応援いただきますようよろしくお願いします

水泳部 男女近畿大会出場

先日の県新人水泳大会で見事近畿大会の出場権を得ることができました。

近畿大会では普段の力を発揮して頑張ってください!!

 

顧問の先生(迫平先生)と尾崎君、平松さん

毎週金曜日はEnglish Cafe

English Cafe、開催中。

毎週金曜日の昼休み、ラーニングコモンズ室にて、飲食なしで行っています。

気軽におしゃべりしにきてください。

9月第4回

9月第3回

9月第2回

2学期始業式を行いました!

2学期を前に若者の感染拡大が懸念される中、本校も始業式の在り方を検討し、

今回初めてオンラインでの始業式を行うことになりました。

講義棟を本部とし、各クラスへ配信します。

実は本部では、カメラの高さ調整のためにカゴを使ったりしているのですが、そのあたりはご愛嬌。

生徒たちのいる教室には校長の話に合わせたパワーポイント画面が格好良く映っています。

表彰伝達の様子です。この夏休み中にも各部活動で素晴らしい活躍がたくさんありました。

教室ではこのような形で、映っています。

生徒指導部長講話の様子です。生徒たちはいつも通りよく話を聞いています。

新しく来られたALTエリザベスの紹介も行いました。

教頭先生による開式・閉式の辞。

生徒の皆さんと教員の協力により、無事終えることができました。ありがとうございました。2学期も感染対策をしながら、皆で充実した毎日を作り上げてゆきましょう。

 

【国際コース】英語集中コミュニケーション講座

第1日目 ALTへのインタビューに始まり、学校全体を使ってのすごろく+鈴高トレジャーハント、異文化理解、ハンズ&クラフト、ディスカッション。

少人数班での実施

午後は、SDGs4番の「質の高い教育をみんなに」を取り上げ、アジアの教育の現状を学んだ後、

タブレットでの協働作業により「世界で1番の学校を建てるなら」のテーマでプレゼンを作成し、

各班が発表を行いました。

お揃いのスタッフポロシャツは、校長自らアイロンプリントで作成。本校の校章とGo Global キャラクター。

第2日目

プレゼン練習

ハンズ&クラフト(指編みで小物づくり)

手編みで小物づくり

アイルランドの聖パトリックについての学び

 

 英語でコミュニケーションすることの楽しさを味わい、英語学習に対するモチベーションが上がったようです。

参加者の満足度が大変高いものとなりました。

●生徒の振り返りより

「初めてこんなにたくさんのALTの先生と話したので楽しかった。英語力も上げないとだめだと思った」

「英語があまりうまく使えなくても、頑張って話すことで伝えることができた時の喜びがとても大きかった」

「自分の意見を言うことや、グループの人の意見を聞いて考えを深めることの大切さをあらためて感じた」

「間違ってもいいから積極的に自分の意見を相手に伝えようとすることが大切だと思った」

「プレゼンが特に印象に残っている。自分で1から内容を作り、英語で資料を作り発表するのは大変だったが、今後も表現力をつけるために頑張りたいと思った。」

「簡単な英語をつなげていくだけでも説得力のある発言になるということを学んだ」

イングリッシュキャンプ最終日

3日間の国内英語研修Empowerment Program が無事終了しました。

最後のクライマックスは、プログラムを通しての学びや自分の将来の夢についてのプレゼン。

堂々と発表する姿をうれしく思いました。


プレゼンの内容より…

「自分の言いたいことを恐れずに表すこと」
「チャレンジすること」
「プラス思考」
「ディスカッションに積極的に参加する姿勢」
「効果的なプレゼンスキルを学んだ」
「協力することの大切さ」
「人の意見を聞くこと」
「自分のアイデンティティとは」
「よいリーダーシップとは」
などなど沢山の学びがありました。

英語漬けの3日間、グローバル人材としてのスキルを向上させることができました。

今回のプログラム実施にあたりましてスタッフの方々にご尽力いただいたこと心より感謝申し上げます。

イングリッシュキャンプ第1日目

Go globalプログラム第3弾、3日間のイングリッシュキャンプ、ISAのEmpowerment Programが始まりました。東住吉高校さんとの合同開催です。

このプログラムではトライする姿勢を作ることが大きな目標。しゃべってみる、発表してみる、まずはやってみることが向上の第一歩。間違いを恐れずに英語をしゃべるような仕掛けがたくさん。

まずはこのキャンプで達成する目標設定から始まり、

 

多彩な国籍を持ったグループリーダーの夢とその実現に向けて努力していることを聞くことで視野が広がります。

プレゼンテーションチャレンジ

質問力アップの練習

校長先生の応援

夕食後はポジティブ思考についてのディスカッション。偉人のプラス思考を学び、自分を見つめて自信を持つ意識を高める機会となりました。

第2日目は、自分のアイデンティティについて、そしてリーダーシップについてディスカッション、さらに世界の諸問題の解決や将来の目標について考え、最終日には一人一人によるプレゼンです。プログラム後の成長が楽しみです。

夜までびっしりのプログラムお疲れ様でした。

ドンドコドン♪カカカンカン♪ 南五葉小学校に響く和太鼓

「南五葉小学校のびのびひろば 和太鼓講座」が今年も開催されています。

歴代和太鼓部の高校生が南五葉小学校の児童のみなさんに太鼓指導をして、もう13年ほどになる歴史ある取組です。

夏休み中に4回ある和太鼓講座、今回はその2回目

なんと、南五葉小学校の児童として和太鼓講座に参加していた人がいて、終わりのミーティングで「今年、指導者として初めて教える立場になって、当時の高校生のお姉さん、お兄さんの気持ちがわかる。」と話していました。

いるか組(低学年)、花火組(高学年)に分かれ、やさしい眼差しと声掛け、笑顔で和太鼓を指導する高校生のおねえさん、おにいさん達。

その思いに応える児童のみなさんは真剣そのもの。メキメキ上達していきます!

最後の発表会では素晴らしいばちさばきを披露してくれました。

和太鼓講座もあと2回。きっとグングン太鼓の腕を磨いてくれることでしょう。

高校生のおねえさん、おにいさん、子どもたちのパワーに負けずに頑張って!!

 

どうせやるなら自分たちも楽しまなきゃ!

夏休みの午後、静かなはずの生徒棟教室から明るい笑い声が聞こえてきます。

8月19・20日実施予定のオープンハイスクールでパネルディスカッションに参加する生徒たちです。

何の変装?何の企み??かは、乞うご期待!! 

学年もクラスも部活動もばらばらの、これまでほとんど接点のなかった6名が、オープンハイに来てくれる中学生を楽しませようと、この夏休みに力を発揮してくれています。

「どうせやるなら自分たちも仲良くなって、楽しんで、今年の夏休みの思い出にしよう!」

というのは、3年生からの言葉。

勉強・部活動はもちろんそれ以外のところでも、全力で面白がって物事に取り組もうとするみんなの姿勢は、本校の宝です。

 

中学生の皆さん、オープンハイスクールでは先輩たちの生き生きとした様子もぜひ感じ取ってくださいね!