ブログ

分教室の日々 2022

令和4年度 ふれあいひろば武庫21(武庫まつり)に参加してきました

 

  10月22日、秋らしい風が心地よい中開催された令和4年度 ふれあいひろば武庫21(武庫まつり)に参加してきました。分教室は「生徒が授業で作成したクッキーや小物の販売」や「オリジナルボールペンのワークショップ」のほか、「TARO COFFEEによるテイクアウトのコーヒー販売」で出店しました。

 

  「生徒が授業で作成したクッキーや小物の販売」では、WORK食品加工で作ったハロウィンクッキーやWORKものづくりで作ったランチョンマットや巾着を販売しました。クッキーはオープン1時間くらいで完売するほど大盛況で、生徒たちも大忙しでしたが、楽しい一日となりました。

 

  「オリジナルボールペンのワークショップ」では、持ち手の部分が空洞になっているボールペンを利用し、ドライのお花とハーバリューム(オイル)を入れ、オリジナルボールペンを作りました。十分な練習時間をとることができませんでしたが、お客様に上手に説明をすることができ、用意していたボールペンが終了するくらい大盛況でした。

 

  「TARO COFFEEによるテイクアウトのコーヒー販売」ではハロウィンクッキーの販売とあわせて、ヒロコーヒーのハロウィンブレンドを提供させていただき、合計207杯販売することができました。コーヒーを入れる生徒、接客の生徒、会計の生徒それぞれ協力し合っていきいきと販売する姿に、とても頼もしさを感じました。

 

 

普段とは違う環境でたくさんの方とふれあうことができ、生徒にとってもよい学びになったばかりでなく、より地域とのつながりを感じることができたかと思います。

 

このような素晴らしいお祭りに参加させていただき、ありがとうございました。

0

出張喫茶TARO COFFEE 11月の予定

 

 

  TARO COFFEEはこの秋4周年を迎える運びとなりました。尼崎市をはじめ、集会所をお貸しいただいている尼崎市営時友団地様、技術提供いただいているヒロコーヒー様、そしていつもお越しいただいている皆様には深くお礼申し上げます。地域の方々と分教室をむすぶ一杯のコーヒーで、これからもあたたかいおもてなしができるよう分教室一同励んでまいります。

 

さて、「出張喫茶のない曜日は生徒さんは何をしているの?」とお声がけいただいたことがあります。気にかけていただきうれしい限りです!

 

出張喫茶は不定期の火・金に実施しており、だいたい両曜日隔週で出張喫茶を運営できるよう計画していますが、出張喫茶の運営がない授業では、接客サービスの練習を主に行っています。

 

また、今年の3年生にはより経営側の目線に立って店全体を見渡すことができるようになってほしいとの意味もこめて、「おみせづくり」を授業で考えています。

 

そこで11月は「4周年記念月間」として、3年生が考案・準備したミニイベントも店内で用意しております。常連の方々も、TARO COFFEEはじめての方も!ぜひご来店お待ちしております。

 

0

令和4年度 ふれあいひろば武庫21(武庫まつり)に分教室が出店します!

 

  10月初旬に参加した尼崎市民まつりに引き続き、10月22日(土)に西武庫公園で行われる令和4年度ふれあいひろば武庫21(武庫まつり)に参加します。

 

  今回の武庫まつりでは、分教室は「TARO COFFEEによるテイクアウトのコーヒー販売」や、「生徒が授業で作成したクッキーや小物の販売」のほか、「オリジナルボールペンのワークショップ」で出店します。

 

この楽しそうなポスターも、分教室の生徒の描いたイラストが採用されました!

 

 

楽しい催しがたくさん開催される予定ですので、お時間があればぜひお越しください。

   

 

 

0

武庫荘総合高校 体育大会

10月12日(水)に武庫荘総合高校体育大会が開催され、分教室も参加しました。

コロナ禍で縮小された体育大会が続いておりましたが、3年ぶりに1日開催することができました。宣誓にありました、「やるからには全力で」の言葉通り、生徒たちは自分の出場する種目に一生懸命取り組みました。思い出に残る良い体育大会になったのではないかと思います。みんなで一つのことを作り上げることの大切さを改めて実感することができました。

武庫荘総合高校の先生方や生徒の皆さんには準備から後片付けまで大変お世話になりました。この貴重な経験を今後の学習に活かしていきたいと思います。

 

一部ですが、写真にて様子をお伝えします。

 

 

 

 

0

第42回全国障害者技能競技大会(通称:アビリンピック)激励会

   10月3日(月)の15:30から兵庫県民会館において第42回アビリンピック全国大会の激励会が実施され、ビルクリーニング部門で県の金賞を獲得した分教室の中庭陸翔さんが参加しました。厳粛な雰囲気の中、関係者の方々から激励の言葉をいただいたのち、選手に向けて県旗の授与とユニフォームの贈呈が行われました。中庭さんはユニフォーム贈呈の代表を務めました。会終了後はほっとした様子を見せながらも「県の代表選手」という認識を新たにしたようで、誇りを感じている旨の言葉も聞かれました。全国大会まであと1ヶ月。自身の技量を上げるべくストイックに努力を続ける中庭さんへの応援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

0