お知らせ

 

「こころの相談室(カウンセリング)」についてご案内

津名高校教育相談委員会

 新たな思いで新学期をスタートさせ、お子様は有意義な高校生活をおくろうと胸をはずませていた事と思います。
 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための休校が今も続いています。そのため、不安や緊張、ストレスを感じる方も多いと思います。今まで経験したことのないこの非常事態に精神的にも肉体的にも疲弊しているのではないでしょうか。
 津名高校では、「こころの相談室」があり、生徒・保護者のこころの問題に対応しています。気になる事、心配な事、不安な事等がありましたら、一人で悩まずお気軽にご相談ください。こころの専門家(キャンパスカウンセラー)がいろいろな悩みや思いを受け止め、優しく手を差し伸べてくれます。


※新型コロナウイルスの感染拡大のため、校内でのカウンセリングにつきましては、安全に配慮し下記の対応とさせていただきます事をご了承ください。



  1 対  象:生徒、保護者

  2 キャンパスカウンセラー: 北山陽子先生(新淡路病院臨床心理士)

  3 キャンパスカウンセラー来校予定日 日時・時間帯については相談に応じます

  4 面談方法:電話で相談に応じます

  5 受付窓口:保健室  0799-62-0071

 
秘密は厳守します。

また、下記の窓口もあります。
「ひょうごっ子SNS悩み相談」  https://pref-hyogo.kids-sign.jp/      
   (期間:~5月6日  時間:12:00~21:00)

「ひょうごっ子悩み相談(電話相談・24時間受付)」 0120-0-78310

証明書
保健室から
出席停止時の提出書類の変更について

~学校感染症罹患報告書の導入~

 

学校感染症にかかった場合、学校保健安全法第19条により、感染力のある期間に配慮して病状が回復し、集団での生活が可能な状態となってから、登校するように定められています。

本校では従来、学校感染症にかかった場合は、本人の健康回復と学校内感染拡大防止のため、医療機関で「登校証明書」を記入してもらい、学校へ提出していただいていました。令和元年冬季より、「登校証明書」の提出を改め、保護者の申告による「学校感染症罹患報告書」のご提出へと手続きを変更させていただきますので、医師の指示内容どおりにご記入ください。なお、「学校感染症罹患報告書」の提出の際には、検査結果(医療機関によっては発行されないこともあります)、領収書、処方薬の説明書など、診断結果を判断できる書類の写しを併せて提出してくださいますようよろしくお願いいたします。

つきましては、主治医に感染症と診断された場合は、以下の手順に従い、手続きをお願いします。


1 感染が確認された時点で、必ず学校に連絡 

  

2 感染症にかかったことを証明できる書類の提出の準備

「学校感染症罹患報告書」用紙を利用し、必要事項をボールペンでご記入ください。  

・受診を証明できるもの(検査結果・領収書・処方薬説明書などの写し1枚)を必ず添付ください。

3 書類の提出時期
     登校が可能となった日から3日以内にご提出ください。
     ・保護者の判断で登校するのではなく、医師より登校許可がでるまでは登校をお控えください。