「進路実現にむけて ~「なりたい自分」になる~」

県立東播工業高等学校 

校 長 伊 藤  淳

 

 本校は、昭和39年に設立され、工業高校の中でも機械・電気・建築・土木といった基幹分野の学科を有する専門高校です。卒業生は、1万5千8百名を超え、東播地域はもとより県内外の様々な産業分野で活躍されています。生徒の皆さん方も、地域産業を支える人材へと成長してもらいたいと思います。

 高校3年生になれば、「進学」、「就職」といった人生の選択をしなければなりません。特に、就職先を決定するといった、自分の生き方を左右する大きな選択は、簡単には決められないものです。自分一人では、なかなか決められず、他人からアドバイスが必要になることもあります。しかし、多くの方からたくさんの良いアドバイスをもらったとしても、最後に何を選択するかを決めるのは皆さんです。他人の意見だけで自分の生き方を決めてしまうと、後でうまくいかなくなったときに、そのアドバイスをしてくれた人が悪いという誤った考え方に陥る可能性もあります。

 進路の選択は、あくまで自己責任においてなされるものです。そのためにも自分としっかりと向き合うことが大切です。進路決定をする際には、自分の性格、適性、学校での得意科目、得意とする実習など、様々な角度から自己分析をしてください。

就きたい仕事が見つからないという人は、この進路ガイドを参考に、先輩方がどのような企業に就職しているのかを自分自身でしっかりと調査してください。企業のホームページも調べてください。行き詰ったときには、進路指導部の先生方に相談してみてください。徹底して調べれば、自分に向いているかどうかが見えてくるでしょう。

希望の進路先が定まれば、その目標達成に向けて何をしなければいけないのか自ずと定まってきます。したがって、早く目標を定め、できるだけ早く準備を行えば、その目標達成に近づくことになります。周到な準備を行えば、自ずと結果がついてきます。できるだけ早く目標設定を行い、進路実現をするための具体的な準備をはじめてください。

 そして、「なりたい自分」になるため、失敗を恐れず勇気をもって、一歩前へ足を踏み出してください。努力はけっして裏切りません。時間をかけて準備をしたことは、必ず身につきます。時には、くじけそうになることがあるかもしれません、しかし、そのような時には、自分が将来、社会で活躍している姿を想像して乗り越えてください。生徒の皆さんが、「なりたい自分」になり、地域社会を支える人材へと成長することを期待しています。