ブログ

野球部マネージャー通信~10粒の種と光と水~

第104回全国高校野球選手権大会兵庫県予選 結果

 7月9日(土)に、3年生にとっては最後となる大会が行われました。初戦は氷上高校。相手に先制を許しましたがすぐに追いつき、何度も流れをもっていかれそうになりましたが踏みとどまり、8回に先に5点を取りました。その後1点ずつとられ、最終的に6対3で勝利しました。この勝利は、チーム全員で勝ち取ったと思います。

 7月13日(水)に、2回戦で洲本実業高校と対戦しました。序盤からミスもあり結果は0対10の5回コールド負け。9回まで戦うことができず悔しかったです。

 この大会を通じて、チーム目標であった「夏1勝」が達成できたことはとても嬉しかったです。この一勝は自分たちの力だけで成し遂げたのではありません。保護者や吹奏楽部、友だちや地域の方々などさまざまな人達の応援を頂くことができたからこそだと思っています。ありがとうございました。

 3年生は引退となりますが、1、2年生で力を合わせ新チーム頑張っていきます。まずは秋の大会。これからも応援よろしくお願いします。

マネージャー一同

大会初戦

 7月3日(日)に予定されていた大会が天候不良で、7月9日(土)に延期となりました。延期となった期間を上手く使って、今それぞれが持っている「心・技・体」の力を少しでも高め、本番に挑めるよう最高の準備をしていきます。みんなが試合後、笑顔で終わるためにチーム一丸となって頑張ります。応援よろしくお願いします!

マネージャー一同

1年生部員紹介

『竹田大翔』・・・ 初心者で入部し、チームに貢献しようと努力している。

『後藤零生』・・・ 初めての硬式野球で不安なことも多いが、チームに少しでもはやくなじめるよう練習に取り組んでいる。

『松岡幸太郎』・・・ 1年生ながらも力強い打撃で打線を支えている。

 

まずは夏の大会1勝を勝ち取ります!!

マネージャー一同

2年生部員紹介

『朝田烈』 ・・・ 守備ではファインプレーをよく見せ、バッターとしては最前線にたって力強いバッティングをみせる。

『京極陸人』・・・ 3年生を一番支えていて、守備では要としてチームの士気を高め、攻撃では、チーム1の俊足で塁上をかき回す。

『小波津佑斗』・・・ 一番後輩思いで、守備も上達し怪我を乗り越えて人一倍努力している。

 

次回は1年生部員を紹介します。

マネージャー一同

3年生部員紹介

『瀧口煌貴』・・・キャプテンとしてチームをまとめている。打撃では上位打線でチームを鼓舞し、守備ではセンターやピッチャーを守りチームを支えている。

『福永透真』・・・怪我や辛い経験をたくさんしているが、粘り強くチームのエースとして努力している。

『金川拓真』・・・良い意味で一番先輩感がなく、現在練習後に特守を行い守備力の向上を図っている。

『谷口脩斗』・・・初心者で入部し、3年間で著しい成長を遂げている。マネージャーに対しても優しい。

 

次回は2年生部員を紹介します。

マネージャー一同

抽選会まであとわずか

 6月の4日(土)と5日(日)の練習試合では、初回から得点したり、流れをつくったりと自分たちの目指す野球ができるようになってきました。大会までもっともっと成長していきたいです。そして自分たちで流れをつくり良い雰囲気で大会に挑みます。

 最近、日中はとても暑いですが、朝と夜は気温が低く、体調を崩しやすいので体調管理に気をつけましょう。

 次回のマネージャー通信は選手紹介をしたいと思います。ご期待下さい!!

マネージャー一同

夏の大会に向けて

 中間考査が終わり、練習が再開しました。大会まで約一ヶ月となったので、一人一人がそれぞれの課題に全力で取り組んでいきます。6月になると梅雨の時期になり、グラウンドが使えない時もでてくると思いますが、基礎練習やトレーニングなどで闘う体力をつけ野球の技術を高めていきます。3年生にとって最後の大会となるので、ワンチームとなり頑張ります!!

マネージャー一同

新入部員入部!

1年生が3人入部し、部員が全員で13人(マネージャー3人)となり新チームがスタートしました。

秋・春と合同チームでしたが、単独で大会に参加できます。3年生にとっては、最後の夏になります。悔いのない夏にするためチーム一丸となり、まずは1勝するために練習から全力で取り組んでいきます。これからも応援よろしくお願いします。

マネージャー一同

春季大会1回戦

3月27日(日)に春季大会の1回戦(vs佐用高校)がありました。3回まで、お互いに0点で一歩も譲らない試合展開。4回裏に神崎・上郡チームのエラーから始まり、デッドボール・kエラー・ヒットと続き、3点を取られてしまう苦しい展開になりました。5・6回は粘りを見せ、0点で抑えたものの7回裏にフォアボールが2つ続き、1番2番に連続タイムリーを打たれ、さらに2点を加えられてしまいました。神崎・上郡チームはヒットなどでチャンスを何度も作りましたが、ここぞというところでチャンスを掴めず、0-5で敗戦するという残念な結果となりました。親善大会から今まで、上郡高校と合同チームとして戦ってきました。合同チームだからこそ出来た経験がたくさんあり、上郡高校には感謝の気持ちで一杯です。上郡高校と合同チームが組めて良かったです!これからは別々となり、またライバルに戻ります。しかし、これからも切磋琢磨しながら頑張っていきます!4月からは単独のチームに戻り、夏の大会で一勝することを目標に頑張っていきますので、春の大会に引き続き応援よろしくお願いします!!