日誌

(SNR70)活動報告をアップしています。
12345
2017/11/30

3学年合同プレゼンテーション

| by 職員05
総合人な間類型開設3年目、今日初めて3学年120名が一堂に会し、合同プレゼンテーションを実施しました。


2年生は、2学期から3学期にかけて全5回の予定で、シルバーコースト甲子園、鳴尾育成センター、鳴尾北幼稚園、学文殿保育所に体験学習(実習)に行きます。
2学期の第1タームの振り返りを各グループで行い、その報告を行いました。なかには手話をまじえて発表をするグルーブもありました。
 

3年生は、2年生の3学期から各自がテーマ設定を行い、3年生の1学期、2学期とその学びを深めてきました。先々週と先週は、プレ・プレゼンテーションとして40人全員が、2年生、1年生に対して発表を行いました。今回は、代表2名がプレゼンテーションを行いました。
 
 ←プレ・プレゼンテーションの様子

2年生は、各グループがそれぞれの持ち味を発揮した内容の発表で、1年生は来年度の体験学習(実習)に対して、具体的なイメージを持つことができました。

3年生は、内容・発表方法に努力と工夫の跡が見られ、1・2年生を惹きつける発表でした。2年生の1年後、1年生の2年後への大きな道しるべとなりました。

この学びが、総合人間類型の伝統として受け継がれていくことを期待しています。
07:57
2017/10/07

阪急幼稚園運動会

| by 職員05
昨年度に引き続き、今年度も「阪急幼稚園」の運動会に、ボランティアとして参加させていただきました。
当初は10月7日(土)に予定されていた運動会でしたが、天候の関係で9日(月)に延期開催された運動会、秋晴れの好天のもと運動会が開催されました。
今回は、3年生(SNR70)4名、2年生(SNR71)1名、1年生(SNR72)2名の計7名が参加しました。
 

園児が集合するまで、いろいろな準備のお手伝いをさせてもらいました。
  

職員集合。いよいよ園児が集合します。開会式までは、駐輪のお手伝いをしました。
 

運動会が始まると、衣装着替えの手伝いや排泄補助を担当しました。一生懸命な園児たちと、素晴らしい時間を共有することができました。
       

演技の合い間に、観覧席の整理整頓や掃除、これも大切な仕事だと実感しました。
 

運動会終了後、会場撤収を行い、阪急幼稚園に戻って園長先生からお話をおうかがいしました。


園児たちが一生懸命頑張ってる運動会で、ほんの少しだけ先生目線の運動会を体験させていただくことができました。
将来に向けて、自分の足りないこと、頑張らないといけないことをあらためて自覚しました。
この貴重な経験をこれからの力にかえて頑張りたいと思います。
08:41
2017/08/31

SNR70 1学期のまとめ

| by 職員05

1学期は、探究型学習に取り組みました。

「教育(保育)」「看護」「福祉」「その他」についての“自身の問い”を設定し、情報の収集・整理・分析(シンキング(思考)ツールの活用)ののちに、今までに身につけてきたまとめの手法を活用した「A3版探究新聞」(事実・情報と意見・考えの明確な区別がなされるメディア)を作成し、他者(クラスメイトや下級生)に向けて、分かりやすく伝えることを最終目標としています。

 

また、兵庫大学、大阪成蹊大学から講師の先生をお招きし、教育・看護・福祉その他についての専門的な講義を受けました。

 

『世界一大きな授業』にも取り組み、世界のさまざまな問題について知り考えました。



11:17
2017/03/06

コミュニケーション講演会

| by 職員05
総合人間類型は、「リーダーシップ」、「コミュニケーション力」、そして「自ら学ぶ力、学び続ける力」を身につけることを一つの目標としています。

今回、2年間、1年間のそれぞれの学びの集大成として、1・2年生合同で、特別講演会に取り組みました。
(この講演会は、土曜授業の一環として実施しました。)

KissFM DJとして活躍中のターザン山下さんをお迎えし、
『ラジオから「伝える」(ツーウェイコミュニケーション)』 というテーマでお話をしていただきました。


最初に、ターザン山下さんの、高校時代からDJになるまでの多彩な経歴をお聴きしました。
ターザン山下さんの場合、阪神淡路大震災が人生の転機になったということで、
そのことに生徒たちは何かを感じていたようです。

次に、ラジオの素晴らしさについて聴きました。
ふだん、あまり「ラジオ」を聞かない生徒たちも、「ラジオ」にたいへん関心を持ったようでした。


そして、本題、「伝える」ということについてお話ししていただきました。
・深く理解していないと、わかりやすく説明できない。
・聞き上手になるには。
・伝える力をさらにつけるには。
・伝えるためにたいせつなこと。
などを、学びました。
「コミュニケーション力」の向上を目指す生徒にとって、どの話も、心に深く響いたようです。



最後に、特別にラジオ局の裏側について教えていただきました。

そして、講演終了後、担当教師からリクエストがあり…
「今日、すごくイヤなことがあって、落ち込んで落ち込んで夜遅く一人で部屋にいて、ふとラジオのスイッチを入れると、ターザン山下さんの声が聴こえてきて・・・ターザンさんの声を聴いていると元気が出てくる・・・」という設定で、ターザンさんに話してもらいました。とんでもない無茶ブリにも、応えてくださり、みんな本物の「ラジオ気分」を味わうことができました。ありがとうございました。





生徒の感想より
・今日、学んだことを、今後のコミュニケーションに役立てていきたいと思います。
・いろいろなことを深く知り理解すること、「聞く」(聞き上手)ということが、
「伝える」時に大切だということを知りました。
・人と話す時、「うそ!」ではなく「ほんま!」、「頑張れ!」ではなく「一生懸命やりや!」という言い方、なるほどと思いました。これから実践しようと思いました。
・今回の講演は、本当に楽しみでした。毎日、ラジオを聞いているので、本物のDJさんに会えて嬉しかったです。



14:59 | SNR70・71(2・1年生)
2017/03/04

リーダーシップ研修会

| by 職員05
総合人間類型は、「リーダーシップ」、「コミュニケーション力」、そして「自ら学ぶ力、学び続ける力」を身につけることを一つの目標としています。

今回、2年間、1年間のそれぞれの学びの集大成として、1・2年生合同で、「リーダーシップ」研修に取り組みました。
(このリーダーシップ研修会は、「学習成果発表会」の後、土曜授業の一環として実施しました。)

講師は、株式会社イノベストの上村啓輔さん。上村さんは、関東で、高校・大学や企業の「リーダーシップ研修」を手掛けられています。その上村さんの関西では初となる「リーダーシップ研修会」でした。


スケジュールは、
①アイスブレイク
②ビジネスアイディア作成ワーク
③フィードバックワーク
④リフレクションワーク

アイスブレークでは、「あるテーマに沿って短時間で並び替わる」という「並び替えゲーム 」に取り組みました。
このアイスブレークでは、全員の緊張感が取れるとともに、リーダーシップを発揮できるような仕掛けがありました。
つまり、「全員が動くと、 ゲームが前に進む。 全員がリーダーシップを
 発揮する方が、
 物事が前に進みやすい。」ということを学びました。

ビジネスアイディア作成ワークでは、
「理想の
鳴尾高校総合人間類型になるためのアイディアの提案」というテーマについて、各グループで話し合い、そのアイディアを模造紙にまとめました。(約30分)
全員で投票を行い、もっとも票を集めたグループが、そのアイディアについてプレゼンテーションを行いました。


フィードバックワークでは、
チームのメンバー全員に
1つ以上、フィードバックを書きました。
「目標共有」、「率先垂範」、「同僚支援」を明らかにして、メンバーが発揮したリーダーシップについて付箋に記入し、感謝の言葉を添えて伝えました。

最後にリフレクションワーク。
今日の研修の感想をシートに記入し、自らのリーダーシップ力について評価しました。
また、この研修を今後どのように生かしたいかについても考えました。

今日学んだ、リーダーシップ最小三行動とは、
目標共有・・・目標を設定し 他者に共有する
率先垂範・・・目標の達成に 必要な行動を取る
同僚支援・・・目標達成のために 他者を助ける  
今日から全員が発揮できる「リーダーシップ最小三行動」を学びました。
今日のこの学びを、今後に生かしてほしいと思います。


有意義なリーダーシップ研修会でした。
上村啓輔さん、ありがとうございました。

研修会の感想はこちらから リーダーシップ研修会 感想.pdf
15:00 | SNR70・71(2・1年生)
12345

Copyright(C) Naruo Senior High School All rights reserved.
〒663-8182 西宮市学文殿町2-1-60 TEL 0798-47-1324 FAX 0798-47-1326