オンライン状況

オンラインユーザー1人
ログインユーザー0人

カウンタ

COUNTER28021

所在地

〒655-0013
兵庫県神戸市垂水区福田1丁目3番1号
TEL:(078)709-9301
FAX:(078)709-0371

寄宿舎
〒655-0014
兵庫県神戸市垂水区大町4丁目6番5号
TEL・FAX:(078)707-4597

アクセス情報はこちら
 

沿革

平成30年 4月 1日 兵庫県立姫路東高等学校教頭 森村 美佐が学校長に任命される(28代)
平成28年 4月 1日 兵庫県立伊丹高等学校教頭 天知 吾郎が学校長に任命される(27代)
平成26年10月16日
 全日本聾教育研究大会(兵庫大会)を主管する(~17日)
平成26年 4月 1日
 (公財)兵庫県人権啓発協会事務局次長 矢野 博が学校長に任命される(26代)
平成26年 3月20日
 新小学部棟の工事完了
平成25年 4月 1日
 高等部コミュニケーション・デザイン科(本科・専攻科)の設置
平成25年 3月31日
 高等部理容科の廃科、同印刷科の募集を停止
平成23年11月23日
 創立80周年記念式典を挙行
平成23年 4月 1日
 兵庫県立尼崎西高等学校教頭 岩田 馨が学校長に任命される(25代)
平成19年 4月 1日
 校名を兵庫県立神戸聴覚特別支援学校に変更する
平成18年 4月 1日
 兵庫県立姫路聾学校教頭 橋本 陽江が学校長に任命される。(24代)
平成16年10月18日
 初めて修学旅行で海外に行く。(韓国:聖心聾学校、~22日)
平成15年 8月18日
 兵庫県立佐用高等学校教頭 小谷 節日児が学校長に任命される(23代)
平成15年 6月25日
 聖心聾学校(大韓民国)との交流(~26日)
平成15年 4月 1日
 兵庫県立こやの里養護学校長 山本 禎彦が学校長に任命される(22代)
平成14年11月 2日
 第39回全国聾学校卓球大会を主管する(~3日)
平成13年11月24日
 創立70周年記念式典を挙行
  校訓(自立・共生・前進)を定める
平成13年11月20日
 学校ホームページ開設
平成13年 4月 1日
 兵庫県立阪神養護学校教頭 中野 清秀が学校長に任命される(21代)
平成10年 4月 1日
 兵庫県立姫路聾学校長 福田 憲一郎が学校長に任命される(20代)
平成 8年 3月31日
 阪神淡路大震災による校舎復旧工事完了する
平成 7年 4月 1日
 宝塚市立御殿山中学校長 炭本 哲也が学校長に任命される(19代)
平成 7年 1月17日
 阪神淡路大震災により校舎に多大の被害を受ける
平成 4年 4月 1日
 兵庫県立豊岡聾学校教頭 真田 義永が学校長に任命される(18代)
平成 元年10月25日
 第23回全日本聾教育研究大会(兵庫大会)を主管校として開催する
平成 元年 4月 1日
 兵庫県立播磨養護学校長 井上 渉が学校長に任命される(17代)
平成 元年 3月31日
 高等部被服科を廃科
昭和63年 4月 1日
 高等部(専攻科)被服科募集停止
  保育相談部を設置
昭和62年 4月 1日
 高等部(本科)被服科募集停止
昭和61年 4月 1日
 兵庫県立三木高等学校教頭 喜始 彦明が学校長に任命される(16代)
昭和59年 4月 1日
 兵庫県立西脇工業高等学校教頭 桜井 豊が学校長に任命される(15代)
昭和56年11月 1日
 創立50周年記念式典を挙行 校歌を定める
昭和54年12月16日
 兵庫県立佐用高等学校教頭 三木 貫三が学校長に任命される(14代)
昭和53年 4月 1日
 兵庫県立大屋高等学校長 嵯峨 廣務が学校長に任命される(13代)
昭和53年 3月31日
 新運動場完成
昭和52年 5月16日
 新校舎第2期工事完了(A棟)
昭和51年 5月29日
 新校舎第1期工事完了(B・C・D棟)
昭和51年 3月31日
 高等部美容科を廃科
昭和49年 4月 1日
 高等部に普通科を設置
  高等部専攻科に印刷科を設置
昭和48年 4月 1日
 兵庫県立神戸聾学校教頭 山本 巌が学校長に任命される(12代)
昭和47年 4月 1日
 兵庫県立尼崎高等学校教頭 熊谷俊 作が学校長に任命される(11代)
昭和43年 4月 1日
 兵庫県立神戸聾学校教頭 長塚 猪之介が学校長に任命される(10代)
昭和42年 6月 1日
 地名表示が神戸市垂水区福田1丁目3番1号となる
  寄宿舎・小学部棟は垂水区大町となる
昭和38年 4月26日
 寄宿舎増築工事完了
昭和38年 4月 1日
 県教育委員会教職員科課長補佐 上田 小三郎が学校長に任命される(9代)
昭和38年 2月23日
 美容所の開設が認可される
昭和35年12月 1日
 兵庫県立川西高等学校長 星野 昭夫が学校長に任命される(8代)
昭和35年10月19日
 小学部低学年及び寄宿舎が湊川校舎より移転
昭和35年 4月 1日
 兵庫県教育研修所研究主任 成定 五郎が学校長に任命される(7代)
  高等部に印刷科を設置
昭和34年 4月 1日
 幼稚部を設置
  高等部に美容科を設置
昭和34年 3月 1日
 本校美容科を美容師養成施設として指定される
昭和33年 4月 1日
 神戸市立神戸中学校長 中村 馨が学校長に任命される(6代)
昭和31年10月23日
 創立25周年記念式典を挙行
昭和31年 8月18日
 垂水校舎復興工事完了
昭和29年 4月 1日
 兵庫県教育委員会阪神出張所所長 前田正 雄が学校長に任命される(5代)
昭和27年 4月 1日
 兵庫県立星陵高等学校教諭 石村 茂が学校長に任命される(4代)
昭和26年 1月26日
 本校理容科が理容師養成施設として指定される
昭和26年 1月18日
 垂水校舎で一部生徒の授業を開始
昭和25年 7月 9日
 元の垂水校舎跡に復興工事が始まる
昭和25年 5月31日
 三重県立聾学校教諭 下田 保一が学校長に任命される(3代)
昭和23年10月 8日
 ヘレンケラー女史来神、本校卒業生 下田孝子さんが代表として歓迎の辞を読む
昭和23年 9月 1日
 県告示第676号により「兵庫県立神戸聾学校」と校名を改称
昭和23年 4月 1日
 聾学校義務制実施、本校に小学部・中学部・高等部・専攻科を設置
昭和22年 8月30日
 神戸市兵庫区湊川町10丁目21番地(元扇港女子商業廃校跡)に移転
昭和20年 6月 5日
 戦災のため校舎設備の一切を焼失、兵庫県立盲学校の一部を仮校舎とする
昭和20年 3月16日
 理髪学校に指定される
昭和18年 9月 1日
 中学部に理髪科を設置
昭和15年 9月18日
 兵庫県師範教諭 田中 修蔵が学校長に任命される(2代)
昭和12年 5月13日
 ヘレンケラー女史来神、諏訪山下武徳殿にて本校生と盲学校生を前に講演を行う
昭和12年 4月 1日
 中学部を設置(工芸科・裁縫科3ヶ年)
昭和 7年 5月 8日
 寄宿舎開設
昭和 6年 8月31日
 仮校舎から本校舎へ移転完了
昭和 6年 8月30日
 現神戸市垂水区福田1丁目3-1に校舎第1期工事完了
昭和 6年 4月 9日
 神戸市立鵯越小学校内に仮校舎設置
昭和 6年 3月31日
 兵庫県立第二神戸中学校教諭 原井 雅美が学校長に任命される(初代)
昭和 6年 3月30日
 兵庫県令第22号を以って本校学則公布
昭和 6年 3月19日
 兵庫県立聾唖学校設立許可
 
 
 
 
 

年間行事計画

【PDF】R1_nenkan.pdf
 

いじめ防止のための基本方針

【PDF】いじめ防止.pdf
 

児童生徒への接し方ルール

「教職員の児童生徒への接し方に
 係る校内ルール」について
PDF:詳細.pdf
 

教科書採択理由

平成31年度_検定・著作本.pdf
「平成31年度使用修正版
『学校教育法附則第9条の規定による
教科用図書調査研究資料』」への
リンクはこちら
 

登校許可証について

Word版:登校許可書.docx
P D F 版:登校許可書.pdf