校訓


 創造  友愛  清浄


校訓碑

    校章の由来
    本校の校章は、兵庫県の教育に由縁の深い「ゆずりは」の葉
   と「高」の文字を配したものである。「ゆずりは」の特長は古
   い葉の落葉にさきがけて、4月に真新しい緑の葉を開き、上へ
   上へと限りなく伸びていくことにある。また、この新しい葉が
   古いものからすべてをゆずり受け、引き継いで永遠に繁栄して
   いくところから「ゆずりは」と名づけられている。「ゆずり 
   は」のように格調高く、絶えることなく発展しつづけ、県下の
   理想的な学園として雄飛したい願いをこめて制定したものであ
   る。



校章

 




  校 歌
                  池田 昌夫 作詞
                  萩原 英彦 作曲
     1.波濤を越えて吹く風に
       若きわれらは競い立つ
       こころも腕も 鍛えつつ
       創造の道を励みゆく
           海ありとどろけ
           網干高等学校

     2.くちなしの花白く咲き
       みどりの木々に風渡る
       友愛の情 清らかに
       若き生命(いのち)を称えよう
           島ありうるわし
           網干高等学校

     3.海につらなる工場(プラント)は
       科学の華の咲くところ
       世紀の理想 掲げつつ
       学びの道を究めゆく
           夢あり羽ばたけ
           網干高等学校



校歌碑


開校記念碑