兵庫県立三田西陵高等学校
 

メニュー

学校概要学校経営学校行事進路状況各学年部活動生徒会活動お知らせ・通信警報時・交通途絶時の対応中学生のみなさんへ各種書式・奨学金・証明書教育実習について子どもみらい類型総合学習トピックス三田西陵高等学校PTA県立学校環境充実応援プロジェクト

教科指導及び生徒指導(特別教育活動を含む)の重点

■教科指導の重点
(1)教科指導の重点
ア 基本方針
① 「主体的・対話的で深い学び」につながるよう、授業改善に取り組む。
② 基礎的・基本的な学力の定着を図る。
③ 生徒の個性を生かし、能力・適性・進路に応じた指導を行うとともに、授業のユニバーサル化に取り組む。
④ 社会の変化に対応し、自ら学ぶ力を育成する。
⑤ 学校図書館を学校生活に密着し、自己教育をはぐくむ場にする。
⑥ ICTを用いた授業を充実させる。

イ 重点目標
① 特色ある教育課程を編成する。
・生徒の興味・関心や進路希望に対応した特色ある教育課程を編成する。
② 授業を充実する。
・「主体的・対話的で深い学び」につながるよう、授業内容を精選するとともに指導方法の改善と工夫に努める。
・授業のユニバーサル化を推進する。
・ICTを用いた授業を充実する。
③ 学習習慣を定着させる。
・予習復習を徹底させ、生徒自らが学習内容を深化できるように指導する。
④ 個に応じた指導を展開する。
・習熟度別編成や少人数編成の授業により、個に応じた指導を推進する。
⑤ シラバスを作成する。
・生徒の実態に応じて目標、内容、評価、進度を設定し、計画的系統的に学力を育成する。
⑥ 指導と評価の一体化を進める。
・評価方法の工夫改善に取り組み、指導に生かす。
・教務規定を見直す。
⑦ 成績処理システムを効率的に活用する。
⑧ 図書館の施設・設備、蔵書を充実する。
⑨ 読書意欲を育成する。・・・「朝の読書」の活用
⑩ 芸術鑑賞会を実施する。

■生徒指導(特別活動を含む)の重点
ア 基本方針
① 基本的生活習慣の育成および指導を行う。
② 西陵生としての服装・身だしなみを徹底する。
③ 交通安全に対する意識やマナ-の向上を図る。
④ 生徒会活動・部活動を活性化する。
⑤ 全職員の共通理解、共通実践を図る。
⑥ 教育相談活動と連携を図る。
⑦ 家庭・地域社会と連携を図る。
⑧ 互いを尊重し合う「Respect」精神の観点から、いじめの予防と早期発見・解消へ積極的に取り組む。

イ 重点目標
① 基本的生活習慣を身につけさせるため、学校・家庭・地域の連携に基づいた指導を通し、生徒自らが行動できる能力・態度を養う。特に、朝の遅刻、授業の遅刻の防止に努める。
② 集団生活における規則、マナーを遵守する態度を養い、集団の一員として望ましい生活態度の育成を図る。挨拶を徹底するとともに、制服の正しい着用、高校生としての自覚ある行動を育成する。
③ 交通ル-ルやマナ-の重要性を自覚し、安全な登下校ができるようにする。
④ 生徒会活動を中心に、各種委員会の活性化を図る。さらに、文化部、運動部の活動を活性化させる。
⑤ 生徒指導に関する研修会、指導部会を実施し教職員の共通理解と共通実践を図る。
⑥ 教育相談の活用を図る。
⑦ 生徒指導全般について、家庭・地域との情報交換を密にする。
⑧ 「いじめに関するアンケート」を実施する。さらに「いじめ対応チーム」と連携し、いじめ撲滅のための組織的取組を継続する。
⑨ 開発的生徒指導の観点を中心に、学年・学級経営、部活動の充実を図り、心豊かな人づくりを推進する。
 

活動風景

携帯サイト


携帯サイトはこちら
 

ファイルダウンロード

PDF

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader ® が必要です。
上のバナーをクリックしてアドビ社のサイトより無料でダウンロードいただけます。
 

学校連絡先

〒669-1324 
兵庫県三田市ゆりのき台3丁目4番
TEL:079-565-5287
 

カウンタ

COUNTER1884634

オンライン状況

オンラインユーザー18人

ログイン

Copyright

Copyright(C) SANDA SEIRYO SENIOR HIGH SCHOOL. All rights reserved.
このホームページは兵庫県立三田西陵高等学校にて運営・管理されています。
画像・PDF及びこのサイトで使用の全ての流用を禁じます。